VRIO分析を解剖!フレームワークの概要から活用事例までを網羅

宮平凌和

VRIO分析

VRIO分析とは?

VRIOとは、企業の経営資源を「Value(経済的な価値)」「Rareness(希少性)」「Imitability(模倣可能性)」「Organization(組織)」の4つに分類し、それぞれの要素を分析するというフレームワークです。VRIO分析をする事によって、企業の競争優位性を確保できる他、内部環境の調整や改善にもつながります。

Value

Value(経済的な価値)は、企業が抱えるヒトやモノは、ピンチに対応できる能力や、チャンスを最大限に活かせる可能性があるかどうか、という点を評価します。会社の建物や設備、人材など、企業が保有している資産を評価し、もしもNGと評価した場合には他社と比べて競争力が欠けると判断できます。

Rareness

Rareness(希少性)は、競合他社が似たような商品やサービスを作っていないかという希少性を評価します。商品の価値は高くても希少性が低ければ、競合他社が拮抗している状態を簡単に予測できるでしょう。

Imitability

Imitability(模倣可能性)は、他社の商品が模倣されやすいかどうかを評価します。模倣可能性が高い場合には、どのぐらいのコストやリソースを要するかという点も評価することにより、現在の状態が一時的な優位なのか、しばらく優位な状態が継続できるのかを把握できます。

Organization

Organization(組織)は、経営資源を最大限に生かすための組織が構築されていて、フローが適切かどうかを評価します。この要因が確立されていれば、他の要因で調整作業を行っても、内部環境を強化することで長期的な安定が期待できます。

フレームワーク

フレームワーク(framework)は物事を倫理的に思考するための枠組みという意味で使われています。状況や情報を的確に分析し、会社ごとに浮き彫りになった課題や方針へアプローチしていく手助けとなるものがフレームワークです。

VRIO分析はなぜ必要なのか

VRIO分析は所謂内部環境分析です。外部環境分析で世間の求める会社像を分析した結果、自社は他社と比較してどういった価値が見出されているのか、またどういった対策を取れうるのかを見つめ直すのが内部環境分析です。自社の製品・サービスが競合優位性を有しているのかを確認し、またニーズが見出された分野への進出が未開であればそこも考え直さなければなりません。内部環境分析とは自分を振り返る行為なのです。

VRIO分析のやり方

ここではValue,Rareness,Imitability, Organizationそれぞれのフェーズで説明していきたいと思います。

Value

Valueでは会社の経営資源のどれくらいの価値が見出されるかを問うフェーズです。自社の商品・サービスが社会全体に如何程の利益を生み出しているのか、を念頭において確認してみましょう。例えばオンラインチャットツールをサービスとしている会社のValueを考えてみましょう。新型コロナウイルスの流行下において、オンライン業界はこれを契機に非常に勢力を伸ばしています。大学の授業、面接等今までオフラインで行われてきたことがオンラインで行われるようになっています。社会情勢を踏まえるとオンラインチャットツールの社会的価値・影響力は相当なものであることが窺えます。

Rareness

Rarenessのフェーズでは製品・サービスにどれだけの希少性があるかを見出します。他の競合が参入している分野なのか、自社のサービスは他社と比べてどういった差異があるのかを考えてみます。希少性が高いということはそれだけ顧客は自社を利用する可能性が高くなります、例えばコンビニ大手のセブンイレブン・ローソン・ファミリーマートの希少性は国内トップクラスの流通業者であることです。

Imitability

このフェーズでは自社のサービスや製品がどれだけ競合状態に陥りにくいのかを確認します。模倣が困難であるということはその製品・サービスが唯一無二であるということであり、その市場のシェアを独占できます。例えばコカコーラのレシピを知っているのはほんのわずかの人間です。炭酸飲料やエナジードリンクは似たようなもので溢れがちですが、コカコーラはその模倣困難性により同じような味で被ることがないのです。

Organization

価値・希少性・模倣困難性を明らかにすることで経営資材を完璧に活かすことができる組織作りが見えてきます。経営資材を生かした競合優位を維持できる組織がなければいくら製品・サービスが優れていても宝の持ち腐れです。あくまでも活かすのは人・会社であって製品・サービスの力のみに頼るのは愚かです。例えばユニクロは大学1年生・2年生もグローバル職での採用を行っています。年齢・学年に拘らず積極的にいい人材を取り入れていこうとする姿勢がアパレル業界トップの組織体制の礎になっているのではないでしょうか。

VRIO分析の活用事例

アパレル業界で大人気のUNIQLOを、VRIO分析してみましょう。UNIQLOのモットーは低価格で高品質な商品で、これは経済価値に該当します。希少価値としては、企画から製造販売までを自社で行うSPAモデルを構築している点が挙げられます。高品質なのにリーズナブルなカジュアルウェアという点とSPAモデルという点で、競合他社がまねできない希少性も持っています。さらに、UNIQLOでは社員教育にも力を入れていて、組織構造の安定化という点でも高評価できます。

まとめ

VRIOは、企業が所有するリソースを4つのカテゴリーごとに評価する分析方法です。この分析をする事によって、企業の強みや弱みを把握でき、今後どこに力を入れたら良いのかが分かります。安定した成功を継続している大企業の多くでも、VRIO分析を行っている企業はたくさんあります。

慶應義塾大学経済学部在籍。Webマーケティングのインターンを経て、デジマールに入社。

宮平凌和

慶應義塾大学経済学部在籍。Webマーケティングのインターンを経て、デジマールに入社。

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら