製品ライフサイクルとは?

宮平凌和

製品ライフサイクルとは?

製品ライフサイクルとは、市場に出回った商品が撤退するまでの間にたどる段階を4つに分けたマーケティング理論のことです。プロダクトライフサイクル理論とも呼ばれます。

人間が赤ちゃんから子ども時代を経て大人になり、やがて年老いるように、市場に出回るプロダクトも同じ段階をたどります。

製品ライフサイクルの4つの段階とは、具体的には、導入期、成長期、成熟期、衰退期です。

導入期とは、プロダクトが投入されたばかりの段階です。人間で言えば赤ちゃんの時期に当たります。新しい市場ができたばかりで、売上はまだ少ない段階です。

成長期は、導入期を過ぎて、製品がある程度売上を伸ばし始めた段階です。

次の成熟期は、人間でいうと大人になった段階で、市場の拡大が限界にまで達し、製品の売上は比較的安定する時期です。シェアの取り合いが激化する段階でもあります。

最後が衰退期、人間でいうと高齢者の段階と言えるでしょう。全盛期が過ぎ、製品の売上も衰退を見せます。市場は小さくなり、販売や生産の終了も間近です。

どのような製品も、上記のような4つの段階をたどります。まさに、人間の生涯と同じようなライフサイクルを経験するわけです。

製品ライフサイクルの活用事例

製品ライフサイクルに合わせて適切な戦略を練ることが、利益を最大化するためのコツです。また、その戦略は、製品ライフサイクルの各段階に応じて変わります。

導入期にはまだ製品について広く知られていないため、デモ活動によって周知を図る必要があります。

たとえば、製品の展示会やサンプルの配布などで認知を高めます。途中で仕様変更の必要なども生じることはありますが、地道にデモ活動することが大切です。

成長期と成熟期には、製品のバリエーションを広げたり、特定の顧客層にターゲットを絞ったりするなどして、プロモーションに注力します。アーリーアダプター層にプロモートし、製品のブランド化を図るといったようなやり方です。

衰退期には、何をやってもこれ以上売上が伸びなくなります。そのため、市場からの撤退のタイミングをそろそろ検討するべきです。撤退しないのであれば、製品のコンセプトをガラリと変えたり、大きくモデルチェンジするなど、市場自体を変えるべきでしょう。

まとめ

販売促進活動をやみくもに行っても、かかるコストの割に望むような利益は得にくいものです。プロダクトの売上を最大化するためには、製品ライフサイクルを理解し、個々の段階に応じて適切な戦略を立てましょう。

慶應義塾大学経済学部在籍。Webマーケティングのインターンを経て、デジマールに入社。I am grateful for all peole to whom I am related. I wouldn't be here were it not for them.

宮平凌和

慶應義塾大学経済学部在籍。Webマーケティングのインターンを経て、デジマールに入社。I am grateful for all peole to whom I am related. I wouldn't be here were it not for them.

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら