PEST分析とは?

宮平凌和

PEST分析とは?

PEST分析とは、企業を取り巻く外部要因を調査する手段として提唱された分析方法で、Politics(政治)とEconomics(経済)、Society(社会)やTechnology(技術)の頭文字をとって名付けられました。

外部要因を把握することによって、今後の経営戦略や事業展開の方向性を見つけやすくなります。

PEST分析のPESTは、それぞれ複数の要因があります。

たとえば,

P(政治)なら、法律が改正されたり規制がかけられたり、また政権が交代したり外交政策が変わることも要因となります。

E(経済)では、インフレやデフレ、景気動向や金融指標、さらにはGNO成長率なども要因と考えられます。

S(社会)的な要因としては、人口や文化の変遷や同行、また教育やトレンド、犯罪なども事業展開に大きな影響を与えるでしょう。

T(技術)では、新技術の開発やそれに対する投資、グローバル化やM&Aなどが該当します。

PEST分析の活用事例

PEST分析は、さまざまな企業で活用されていて、事業戦略に役立てられています。

例えばライフネット生命では、2015年から同性のパートナーでも生命保険の受取人として指定できるようにしました。この背景には、2015年に東京都内いくつかの区で施行された同性パートナーシップ制度をPolitics要因とするほか、社会的文化として同性カップルが増加している点をSociety要因とし、PEST分析によって保険契約改定を行ったわけです。

マイクロソフト社やインテル社などのパソコンメーカーでは、パソコンの普及が浸透したことをSociety要因、そしてIT技術の進化をTechnology要因とし、大きな飛躍を遂げることができました。同様に、アマゾンやGoogleなどのIT各社もまた、ネットの普及(S要因)とネットサービスの価格破壊や技術革新(T要因)によって大成功をおさめた事例と言えます。

事業計画を検討する上では、どのような大企業でもPEST分析を取り入れることは必要不可欠です。それにより、環境トレンドに乗って事業の安定化が図れるからです。

しかし、トレンドに乗れない場合には、大企業でも失敗する可能性はあります。例えば、過去にはフィルム業界でシェア1位を占めていたコダックは、写真のデジタル化(Technology)の波に乗り切れず、最終的には経営破綻した事例です。

まとめ

PEST分析は、企業を取り巻く外部要因を調査して把握することにより、今後の事業展開を検討する上で方向性を見つけやすくしてくれる分析方法です。

大切なことは、外部要因を把握したら、環境トレンドの波に乗れるような事業対策を見つけるということではないでしょうか。

慶應義塾大学経済学部在籍。Webマーケティングのインターンを経て、デジマールに入社。I am grateful for all peole to whom I am related. I wouldn't be here were it not for them.

宮平凌和

慶應義塾大学経済学部在籍。Webマーケティングのインターンを経て、デジマールに入社。I am grateful for all peole to whom I am related. I wouldn't be here were it not for them.

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら