LINE広告のターゲティング

松葉駿平

新しい顧客を獲得できるチャンスが広がる

line広告には様々なターゲティング手法があります。これらの配信機能を効果的に活用することで、伝えたいユーザーに広告を見てもらうことができます。伝えるべき相手にピンポイントで配信できるからこそ、高い反応率でアクションしてもらうことができます。現在、他のSNSと比べて出稿している企業の数が少ないというメリットがあるので、ライバルが少ない今だからこそ、しっかりターゲットを絞り込んで出稿すれば、高い確率で多くのアクションを得られます。多くの広告がある中で、LINEであれば先行者利益を得る可能性が高いと言えるのです。

lineに出稿する際に重要なターゲティングは、ターゲットにするべきユーザーがどのように行動するかをしっかり見極めて、あらかじめユーザーの動きを予測してターゲットを絞り込んで確実に配信する手法です。従来の配信方法は、予算の範囲内でひたすら露出をすることが当たり前でした。しかし、その手法だと余計な出費を重ねるだけですし、本来見てほしいターゲットにアプローチできないこともありました。そうならないために、どのユーザーに広告を見てほしいか、しっかり絞り込んで、ピンポイントで自社の商品やサービスを見てもらう狙いがあります。

lineオリジナルのターゲティングの絞り込みをすることで、見てほしいユーザーに効果的に広告を見てもらうことができます。自分に興味がある商品やサービスがあれば、購入や申し込みなどのアクションを起こしてもらえます。これがLINEの強みであり、他のSNSにはないポイントです。SNSは中高年の人も利用しているコミュニティツールです。幅広い年齢層が利用しているからこそ、どのSNSのどの市場を選ぶかによって層が違いますし、考える戦略も変わってきます。マーケティング戦略の考え方にSTP分析というものがあります。この分析で重要なのがセグメンテーションです。セグメンテーションとは、LINEのユーザーに見てもらうために市場を細分化することです。LINEのサービスも様々なユーザーが利用しています。だからこそ、顧客の年齢や趣味や嗜好が細かく分けられます。それだけでなく、どこに住んでいるか、ネット上でどのような行動をするかなどの分析結果を知ることができます。

セグメンテーションをしっかり分析することで考える戦略が変わってくるので、慎重にSTP分析を行う必要があります。闇雲に出稿しても、効果を感じるまで時間がかかってしまいます。最短で結果を出すためには、効率的で無駄のない戦略を立てる必要があるのです。顧客のニーズがどこにあるのかを探すことも重要で、どこに価値を提供するかを決めるポジショニングも分析しなければいけません。少しでもニーズがズレていると誰も見てくれません。競合他社との差別化を図ることができる商品やサービスを考えて、適切な市場で訴えていくことが求められます。市場規模が適切かどうかだけでなく、その市場が見込めるかどうかも事前に確認しなければいけません。長期間売り上げを維持するためには、すぐに衰退する市場では意味がありません。これから急激に伸びる市場であれば、今まで以上にたくさんの売り上げを伸ばすことができるでしょう。line広告を使ってターゲティングをするときに、どのようにしてターゲットにアプローチをするか、その方法をしっかり決めておく必要があります。

効果的にターゲットにアプローチするために深堀りしてみよう

若者を中心に多くの人が利用しているLINEは、日本国内だけでも8,600万人が利用しているコミュニケーションツールとして、人気のアプリです。日本の人口の半数以上が利用している計算になります。これだけ魅力的なアプローチができるからこそ、今まで訴求できなかったユーザーや顧客に宣伝することができます。利用者だけ注目するのではなく、アクティブ率も高いことに注目です。登録しているユーザーの70%以上が毎日利用していると言われています。さらに、女性ユーザーが多いというのも他のSNSには無い特徴なので、購入や登録のハードルが低い商品やサービスであれば、しっかりターゲットを絞りこむことで効果を実感しやすいです。

LINEにも自社の商品などを配信できるサービスがあります。これがどれくらいすごいことかというと、単純に8,600万人にアプローチできるという強みがあります。他のSNSだと年齢層などのばらつきの幅が多く見られる中で、LINEは他のSNSのユーザーにはリーチできないところまでアプローチをすることができます。それはアピールしやすいメリットにもなるので、どのような内容の広告でも効果を実感できるはずです。

LINE広告の種類はいくつかあり、トークリストやタイムラインだけではありません。LINEで展開される様々なサービスで配信されるので、多くのユーザーに見てもらえる可能性が高いです。LINEで表示されるサービスは、幅広い年齢層が閲覧しているLINE NEWSや若年層に人気があるLINEマンガ、芸能人やスポーツ選手などが日々の日常を記録しているLINEブログなどにも表示されます。費用を払えば、様々な可能性を利用して自社の商品やサービスをアピールすることができます。

LINEの新しいサービスとして注目したいのが広告ネットワークです。4,600万人という月間アクティブユーザーにリーチできるので、グーグルなどと比べても、対象者を絞り込んでモバイルアドネットワークを駆使し、広告の配信をすることが可能です。このように、人気があるコミュニケーションツールだからこそ、一般的な使われ方だけでなく、ユーザーは様々なサービスを利用するためにアクティブに動いています。アクセスの流動性があるからこそ、アピールしやすくて反応をすぐに実感することができます。

配信機能を理解しよう

lineには様々な配信機能が用意されています。より効果的にクリックをしてもらい、最終的には購入や申し込みに繋がるように、性別や年齢を絞り込むのもターゲティングの一環です。さらには、住んでいる地域やユーザーの興味や関心があることを判断して、ターゲットを指定するのがデモグラフィックデータ配信です。細かい設定が可能で、指定された条件に当てはまるユーザーに絞り込んで配信することができます。

これは属性や興味があることを推測してターゲティングしていきます。アクションに繋がりやすいユーザーに対して表示させることができるので、一番効果がある配信方法と言っても過言ではありません。それは費用対効果が高いことを意味します。ここまで徹底して配信できるからこそ、他のSNSと比べて高い効果を実感できます。これがデモグラフィックデータ配信を利用するメリットになります。

lineは幅広い年齢層の人が利用しています。利用している人は様々なアクションを起こしますが、サイト訪問者がどのようにアプリ内のサービスを利用するかのアクションデータを活用したり、LINEの公式アカウントの友だち情報から適した内容を把握したり、ユーザーのオリジナルのカスタマーデータを配信に活かす方法をオーディエンス配信と言います。利用者の基本的なデータを活かすのがデモグラフィックデータ配信、LINEの利用状況を鑑みて活かす方法をオーディエンス配信というので、それぞれの配信方法には明確な違いがあります。

自社が囲い込みたいターゲット層と類似したユーザーに対してアプローチしていきます。類似性が高ければ配信の媒体へのアクションの確率が高まります。反対に、類似性が低ければアクションの確率が下がりますが、より多くのユーザーに対して配信母数が増えるメリットがあります。

広告出稿の支払いは、クレジットカードで簡単に済ませることができます。LINEで提供している課金方式は、クリック課金とインプレッション課金があります。クリック課金は、ユーザーが広告をクリックして、意識的にページを見てもらうことで課金が発生します。これはユーザーがクリックしたりリンク先にアクションをする必要があり、ユーザーが何かしらの行動をしなければ課金される料金が発生しません。インプレッション課金は、スマホの画面上で動画枠が100%表示されて初めて課金されます。表示されるたびにインプレッションの課金が発生するので、クリック課金よりも予算を多めに取っていないと、あっという間に課金されてしまいます。しっかりターゲティングをして予算を決め、その中で最大限の効果を実感するために、クリック課金にするか、インプレッション課金にするかを決めてください。

line広告のターゲティングするメリット

なぜ事前にLINEの中でしっかりターゲットを絞り込むのかというと、余計な時間と出費を減らして、ピンポイントで反応がありそうなユーザーに訴えることができるからです。圧倒的なアプローチ力があるメリットが大きいです。

世界中で利用されているツイッターやFacebookを利用している人もいますが、日本ではLINEだけを利用している人が多いので、より多くのユーザーにアプローチができます。しっかりターゲットを絞り込むことで、ツイッターやFacebookよりも効果を実感しやすいメリットがあります。

多種多様なメニューがあるので、興味や関心を寄せるであろうユーザーにダイレクトにアピールをかけることができます。これがLINEを利用するメリットです。反応率が高い優れたターゲットを絞り込む様々な方法があるからこそ、アクティブに利用しているユーザーに見てもらうことができ、とても費用対効果の高い効果を期待できます。手続きも簡単で、申し込みから出向までオンライン上で手続きが完結するところもメリットです。

また、LINEは画面上に溶け込むように表示されるのも反応率が高い強みです。出稿する際の提出バナーが様々なサービスのコンテンツにしっかり溶け込みやすいからこそ、違和感がない広告として表示させることができます。ワンクッション入れてクリックする必要がなく、スクロールをしながらスムーズにバナーを見て、そこから興味があればクリックしてくれる可能性が高いです。これがLINEに出稿するメリットと言えます。

ツイッターやFacebookよりも違和感なくコンテンツの一部として表示されるからこそ、効果が高くなります。今では広告を嫌がる人が多いので、画面に馴染ませることで最適な配信システムをうまく活用することができます。自社の商品を購入したりサービスの申し込みをしてくれたり、アクションの確率が高まるのです。

ユーザーがどのような使い方をしているのか、LINEではその動きのデータを取得しています。このデータを活用すれば、誰がどのような商品やサービスに興味があって、それを購入したかどうかも知ることができるので、より確実にターゲティングできます。当然、費用対効果が高くなるだけでなく、精度の高い配信が可能になります。

精度を高める方法

いかに多くのユーザーに自社の商品とサービスを利用してもらうかが重要です。そこで、ターゲットを定めるための精度を高める方法があります。これをクロスターゲティングと言います。これは法人のサービス同士に提携することで、ユーザーのアクションに基づくアプローチを仕掛けることができます。LINEの各サービスから得られる様々なユーザーの内容を活用する取り組みです。それぞれのサービス間をうまく連携することで、効果的に配信することができます。例えば、購買意欲の高い利用者をターゲットにして配信したり、類似しているユーザーに絞って配信したりすることもできます。

自社で紹介したい商品やサービスがどのターゲット層に向けて配信するのか、LINEの広告担当のスタッフと綿密に打ち合わせをすることで、反応率を高めることができます。LINEの広告を熟知している担当スタッフと出稿する側の考えに、隔たりがあることがあります。その溝を埋められれば埋められるほど高い効果を得ることができます。精度を高めることは決して難しいことではありません。常に最高のパフォーマンスを発揮するためにもターゲティングをしてください。

事業会社でSaaSのWebマーケティングに1年間携わったのち、デジマールに入社。TableauとIllustrator勉強中。趣味は料理。

松葉駿平

事業会社でSaaSのWebマーケティングに1年間携わったのち、デジマールに入社。TableauとIllustrator勉強中。趣味は料理。

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら