Instagramのエンゲージメント率を解説!インサイトの活用の仕方までご紹介

中野将志

Instagramのエンゲージメント率

Instagramのエンゲージメント率とは?

エンゲージメントとは、投稿に対してのユーザーの反応です。

従って、エンゲージメント率とは投稿に対してどのぐらいのユーザーが反応したかという割合を数値化したものです。

反応というのは企業によって考え方は異なりますが、いいね!やコメントをもらったり、お気に入りに保存してもらうなどのアクションが該当します。

そのため、Instagramにおけるエンゲージメント率の計算は、

エンゲージメント(いいね!やコメント、投稿の保存)÷インプレッション数やフォロワー数

で算出します。いいね!やコメントは同一ユーザーが複数回実施できるため、それらを含む合計数です。

分母のフォロワー数やインプレッション数、リーチ数に関してですが、どの要素で割るかについてはインスタグラムの運用目的に合わせて決めるといいでしょう。目的によってどの数値で割るのかが異なっています。

一般的には、インプレッション数に対するエンゲージメント数の割合を算出します。投稿が見られた回数のうち、どれだけ反応があったかを調べるシンプルな指標です。

インフルエンサーのように、投稿を見ている人の中にフォロワーが多く含まれている場合、母数にフォロワーを利用することで、すでにエンゲージメントの高いユーザーからの反応を数値化することができます。ただし、エンゲージメント数にはフォロワー以外からのエンゲージメントも含まれる点に注意が必要です。

 

エンゲージメント率に必要なデータの確認方法

このようにエンゲージメント率とは投稿に対してのユーザーの反応の割合であることが分かりました。

それでは、Instagramからどのようにユーザーの反応を確認するのかについて確認しましょう。

プロアカウントの設定

まず、エンゲージメントを見るために、プロアカウントに切り替えなければなりません。普通のアカウントではエンゲージメントが表示されない仕組みになっています。そこで、以下の手順で切り替えます。

①「設定」を開きます

②「アカウント」をクリックし、一番下の「プロアカウントに切り替える」を押します。

これで、プロアカウントに切り替わりました。

プロアカウントでは、新たに「インサイト」という機能が使えるようになります。

インサイトではリーチや、インプレッション、プロフィールへのアクセス数、プロフィールに設定しているリンクのクリック数など多くの反応を確認できます。

 

プロフィール画面のオプションにインサイトという機能が下のように加わっています。

エンゲージメントの確認

投稿をクリックすると「投稿インサイト」が開き、それぞれのいいねの数、コメント数、シェア数、保存数を確認できます。ここから、エンゲージメント率の計算に必要な数値を確認できます。

さらに、プロフィール画面からインサイトを開くと、インタラクション数、インプレッション数、リーチ、プロフィールへのアクセス、ウェブサイトのクリック、フォロワーの分析をすることが出来ます。

下の例では、リーチしたアカウント、プロフィールへのアクセス、インプレッション数を確認しています。

このように、プロアカウント設定のインサイトを使って、エンゲージメント率に必要な数値を確認することが出来ます。

Instagramのエンゲージメント率は、ユーザーとの結びつきを知るための指標となる他、Instagramのアルゴリズムによって露出のアップが期待できます。

この数字が高い企業は、ユーザーに対して大きな影響力を持つと考えられいて、販売する商品やサービスの売り上げにもプラスの影響が期待できるでしょう。

Instagramのエンゲージメント率の活用事例

Instagramのエンゲージメント率の目安は、業界ごとに異なります。

ファッション業界は比較的低く3.28%ですが、エンターテイメント業界では7.71%が平均です。

ただし、フォロワーが増えることによってエンゲージメント率が下がる傾向があり、露出を高めるために過剰な投稿をすると、ユーザーから敬遠されるリスクもあるため、注意が必要です。

エンゲージメント率を高めるためには、投稿にハッシュタグをつけてユーザー検索の際にヒットしやすくしたり、コメントに返信するなどユーザーとのコミュニケーションをとるなどの方法が挙げられます。

また、すでに知名度が高いインフルエンサーとコラボして、より多くのユーザーに知ってもらうなどの方法もあります。

例えばYouTuberとして人気のヒカキンさんは以前からUNIQLOの大ファンであることを公言していました。

そこでUNIQLOがヒカキンさんに同ブランドの新商品を大量に贈ったところ、ヒカキンさんが自身の動画内で商品を紹介しました。

そして、この紹介が同ブランドの売り上げにも大きく貢献し、UNIQLOのInstagramのエンゲージメント率も大幅にアップしたのです。

このように、インフルエンサーとのコラボがエンゲージメント率をアップした事例もあります。

まとめ

このように、Instagramのエンゲージメント率はユーザーからの反応を数値化したものです。

企業にとっては、Instagramを使ってのマーケティングでユーザーからどのぐらい反応があるのかという割合や変化を把握できるという点で、エンゲージメント率には大きな役割があります。

Instagramでのマーケティングにとっては、Instagramのインサイトからエンゲージメント率を正しく導くことが大切になっていきます。

2021年より、デジマールに入社。
趣味はキャンプ。

中野将志

2021年より、デジマールに入社。 趣味はキャンプ。

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら