TOFUとMOFUとBOFUとは?マーケティングの基礎知識

宮平凌和

TOFUとMOFUとBOFUとは?

TOFUとMOFUとBOFUとは何かを理解するに当たっては、まずマーケティングファネルについて知る必要があります。この手法では、まずより広い層からアプローチをして補足を行ってから、見込み顧客の状況や商品の内容などに応じて絞り込みをしていき、最終的に購買へと導くという流れを作ります。次第に狭い層に絞り込まれていきますので、あたかも漏斗で範囲を狭めていくように見えることから、この名前が付けられています。

この層の絞り込みの階層のことを、それぞれTOFUとMOFUとBOFUと呼んでいるのです。もっと上の階層つまり一番広いターゲットである「Top of Funnel」、次の中間層である「Middle of Funnel」、そして一番下の絞り込みがなされた層となる「Bottom of Funnel」の三つに分けます。そして、それぞれの頭文字を取って、TOFUとMOFUとBOFUと表現します。このように、ステージごとに顧客へのブランドの浸透度やアプローチの関わり度合いを分けることによって、それぞれの顧客に見合った適切なマーケティングができるようになります。

TOFUとMOFUとBOFUの活用事例

TOFUとMOFUとBOFUは、Webマーケティングをしている企業が活用することが多い手法です。その事例として、まずTOFUとMOFUとBOFUのうち、TOFUにはSNSやSEO施策による幅広い層に訴えるメディアを選択したケースを挙げられます。その後、一度アクセスがあったユーザーに対してSNSを使ってコミュニケーションをとることや、MAによって個別にレスポンスを得ていきます。そして、さらに絞られたBOFU層に対しては、特別なキャンペーンへの招待やクーボンの配布などを行って、具体的な購買へと促していくというやり方を採っています。このように、関心度に応じてアプローチの仕方を変えることによって、購買そしてリピーター獲得に向けてスムーズに誘導ができるようになっています。

まとめ

TOFUとMOFUとBOFUは、様々なマーケティング活動を階層に分けて実施していくために有効な手段です。特に顧客をフィルターにかけることで、それぞれに対して適切な行動を取れるようになります。この絞り込みと対応がぴったりはまれば、スムーズに購買へと促されることになります。信頼度を高めるためにも利用できる手法ですので、応用範囲が広いのもメリットです。

慶應義塾大学経済学部在籍。Webマーケティングのインターンを経て、デジマールに入社。I am grateful for all peole to whom I am related. I wouldn't be here were it not for them.

宮平凌和

慶應義塾大学経済学部在籍。Webマーケティングのインターンを経て、デジマールに入社。I am grateful for all peole to whom I am related. I wouldn't be here were it not for them.

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら