PDCAとは?マーケティングの基礎知識

宮平凌和

PDCAとは?

PDCAとは、四つの行動サイクルを行い業務を改善していくことを指しています。その4つのプランとは、「Plan(計画)」、「Do(実行)」、「Check(評価)」、「Action(改善)」というもので、それぞれの頭文字を取ってPDCAとしています。これは、現在行っている業務において、効率を高めるためにどのように改善を図っていったら良いのかを検討し実行するのに役立ちます。また、新しいプロジェクトをスタートさせるためにも、このPDCAの流れを作ることができます。つまり、ビジネスの一つの基本的な流れとも言うことができます。

ここで大事なのは、いきなり実際の作業をはじめるのではなく、事前に作業内容や手順、人員、コスト、時間などの項目で計画を立てることです。そして、作業が終わったらそれで終わりではなく、きちんと分析を評価をすることも重要です。これにより、繰り返される業務において、次第に効率が高まり洗練された手法を採ることができるようになるのです。

PDCAの活用事例

PDCAは多くの企業で大なり小なり活用されています。たとえば、会議やコミュニケーションの改善のために活用される事例を見ることができます。一つのプロジェクトを始め、完了させるまでの時間を短縮し効率を高める必要性に気付いた企業が、このPDCAを行いました。計画の段階で、紙ベースの連絡事項が多過ぎるため減らすことを決めました。会議資料を作る際には、印刷物を減らすと共に配布する資料も減らしました。そして、部署内の通知も書類印刷を本当に必要なものだけに留め、後はメールなどの電子的な連絡に変えました。それにより、会議などの準備時間がかなり減り、その分本来業務に充てられる時間と労力が増加していることが確認されました。この結果を踏まえて、クラウドシステムなどを活用して、できるだけ電子的な連絡や共有手段を増やすことにしたのです。

このように、業務改善においては一つの仮説を立て、それに基づいて計画と実行をします。そして、それが効果につながっているかを検証して、成果が出たなら継続できるような具体的なシステム作りをします。

まとめ

PDCAは企業が業務体制を構築したり、既存の体制を改善したりするために基本的に用いられる考え方です。これを繰り返すことによって、効率の良い業務手法を継続できるだけでなく、さらに向上させられるというメリットがあります。

慶應義塾大学経済学部在籍。Webマーケティングのインターンを経て、デジマールに入社。I am grateful for all peole to whom I am related. I wouldn't be here were it not for them.

宮平凌和

慶應義塾大学経済学部在籍。Webマーケティングのインターンを経て、デジマールに入社。I am grateful for all peole to whom I am related. I wouldn't be here were it not for them.

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら