One to Oneマーケティングとは?Web広告の基礎知識

1.One to Oneマーケティングとは?

One to Oneマーケティングとは、顧客一人に向けて最適化したマーケティングを行うという手法です。つまり、顧客それぞれに合わせて内容を変えてアプローチをするというものです。

マーケティングでは、年齢や性別、収入などによってカテゴリー化した上で、それぞれの層に向けたアプローチをすることが多いです。その方が効率的で、コストと時間をかけず大勢に訴求できるからです。

しかし、顧客はそれぞれ好みも予算も異なります。そのため、より細分化してオーダーメイドのマーケティングをした方が、効果が高くなるのは当然と言えるでしょう。

今ではIT技術の向上によって、それほど手間やコストをかけなくても、顧客に合わせたアプローチがしやすくなっているため、One to Oneマーケティングに取り組むべき環境が整ってきていると言えます。

2.One to Oneマーケティングの目的

One to Oneマーケティングをすることで、一人一人のニーズや購買意欲にピンポイントに訴求するという目的を果たせるようになります。大まかなターゲット層では、どうしても取りこぼしが出てしまいますが、それをさらに深めて細かなフォローをすることができるのが特徴です。

また、優良顧客を育てていくというのも、この手法の目的です。より顧客のニーズに合った商品やサービスを紹介できるようになりますので、一人一人から上がる購買額と利益が上昇していくことを見込めるのです。

3.One to Oneマーケティングのメリット

やはり、顧客の心理と願望、そしてニーズにマッチしたアプローチができるというのが、最大のメリットとなります。コンバージョン率の上昇を見ることができますし、利益率もアップできます。全体として効率の良いマーケティングができますので、時間やコストを無駄なく使えるようになります。

また、顧客データがより正確になり、今後に生かせるというのもメリットです。細かなアプローチをすることで、どの商品やアプローチ方法に食いつきが良いかというデータが見えやすくなるからです。

4.One to Oneマーケティングの注意点

One to Oneマーケティングを利用するためには、IT技術が必要となります。Cookieを活用したアプローチ、データベースへの情報収集、適切な分析など、ある程度高いスキルが求められる手法なのです。

そのため、この手法が優れていると聞いたから、とりあえずやってみようと思っても、効果の出るシステムを作り上げるのは簡単ではありません。まずは、しっかりと技術的なハードルをクリアしてか始められるようにしましょう。

5.One to OneマーケティングとCRM

このマーケティングと、CRMつまり顧客管理はかなり近いものがあります。CRMでは顧客の購買状況などを基に分析と最適化というプロセスを取りますが、One to OneマーケティングではそれをIT技術を用いて行うということになります。

そのため、CRMを具体化したものが、この手法と言えるでしょう。顧客を細分化することや、優良顧客を育ているという面で、両者には共通点が多く効率の良いアプローチをするのに役立ちます。

6.One to Oneマーケティングの成功事例

スマホ関連グッズを小規模に販売していた小企業が、自社サイトとCookieを結びつけ、それをリターゲティング広告に活用するというOne to Oneマーケティングを始めます。

この広告は、Cookieの情報を基に、Webサイトのサイド枠などに広告を表示させるというタイプのものです。興味のある商品や、一度訪問したことがあるサイトのサービスなどが広告になって表示されるので、クリック率が高いという特徴があります。

こうした個々に合わせたマーケティングプロセスを採ることによって、自社サイトへのアクセス数、購入数が飛躍的にアップしました。同時に、自社サイト経由で購入者向けのメルマガ配信を始め、顧客情報をデータベースに収集することも始めました。

これにより、まずリピーターが増え優良顧客の層を厚くできました。さらに、売れやすい商品や、売れる時期の見極めが簡単になり、生産調整や新たな商品開発が楽になるというメリットも得られています。

7.One to Oneマーケティングの今後

One to Oneマーケティングは、CookieやECサイト、ネット広告の進歩と共に成長してきました。今後さらにこうした技術は伸びていきますので、マーケティング効果も向上していくことが考えられます。

また、以前は大企業がそのマンパワーと資金力を使って利用した高度なマーケティングが、中小企業から個人事業者まで、気軽に利用できるようになっていきます。それだけ、小規模販売者が入り込める隙間が増えていくということになり、個性的な商品やサービスの開発にもつながっていくことも期待されています。


デジマール株式会社では、リスティング広告やSNS広告をはじめとする運用型広告の運用代行を承っております。
また、HubSpotやGoogleアナリティクスを利用した、広告からLTVまでを統合して管理する体制構築も支援いたします。
チャットツールで繋がりながら運用をサポート。ご質問にもすぐに回答いたします。

広告運用のご依頼は以下よりご連絡ください。

【Webマーケティングに関する支援のお問い合わせはコチラ】

digimarl

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら