オムニチャネルとは?マーケティングの基礎知識

宮平凌和

オムニチャネルとは?

オムニチャネルとはWebマーケティングだけに留まらず幅広いマーケティングを有機的に結びつけたうえで顧客の利便性を高めることを目的とした戦略です。

この戦略はマーケティングが多様化した現代ビジネスだからこそ必要とされているといってもよいでしょう。インターネットが普及する前は顧客が企業や店舗と出会う入り口は非常に限られていました。店舗の場合はたまたま通りかかった、近所にあるといった理由で知るか、チラシなどの媒体で知るのがほとんどでした。これが特定の企業の製品やサービスとなるとテレビCMや雑誌・新聞などに掲載される広告がメインでした。

しかし、現在ではインターネットを介してさまざまな窓口から店舗や企業、さらには個々の製品と接する機会を持つことができます。例えばSNSの店舗のページで商品を知って、その店舗の通販サイトで購入する、といったケースはもう珍しいものではなくなっています。

言い方を変えれば、企業・製品とユーザーとの接点となる窓口(チャネル)を複数用意したうえでそれぞれを結びつけることでマーケティングを行いつつ、実際売買や取引を行う時にも役立てる環境づくりがオムニチャネルの真髄と言えるでしょう。先程の例でいればSNSから自社の通販サイトへの結び付けられる、双方でうまく補いながら情報提供を行っていく手法が求められます。

オムニチャネルの活用事例

販売業でよく見られるオムニチャネルの活用事例としては、複数の店舗を展開している企業の戦略が挙げられます。店舗で販売するだけでなくインターネットでの注文を受け付けることで、ユーザーが実店舗で欲しい商品が見つからなかった場合、通販サイトで購入することができる環境にする。逆に通販サイトで注文をして実店舗で支払いと受取ができる環境にするなどの手法です。前者の場合は欲しい商品を確実に入手することができますし、後者の場合は自分で受け取りに行くことで送料などの諸経費を減らすことができます。

製品を売る側、サービスを提供する側としてはより幅広いアプローチでマーケティングをしつつ、ユーザーが購入しやすい機会を作ることで売上アップを目指せる。一方買う顧客の側としてはより便利で、欲しい物を都合のいい方法で入手できる。双方の相乗効果が得られることで顧客満足度を高めることができます。

まとめ

インターネットの時代ではたくさんの窓口を介してユーザーと結びつくチャンスを得られますが、それを有効に活用するためにはオムニチャネルのような窓口をうまくリンクさせる取り組みが必要になってくるのでしょう。

慶應義塾大学経済学部在籍。Webマーケティングのインターンを経て、デジマールに入社。I am grateful for all peole to whom I am related. I wouldn't be here were it not for them.

宮平凌和

慶應義塾大学経済学部在籍。Webマーケティングのインターンを経て、デジマールに入社。I am grateful for all peole to whom I am related. I wouldn't be here were it not for them.

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら