マーチャンダイジングとは?マーケティングの基礎知識

宮平凌和

マーチャンダイジングとは?

マーチャンダイジングとは、「商品を顧客の手元にきちんと届けるための戦略」をあらわします。商品政策とか商品化計画といった言葉で表現されることも多くあります。ビジネス界の中でもチェーン店やアパレル関係の小売業でよく耳にする言葉でしょう。マーチャンダイジングを実践するうえで大切なのが「5つの適正」です。このすべての適正をすべて整えることが繁盛するお店に直結していきます。この「5つの適正」は、アメリカマーケティング協会が定義する、マーチャンダイジングを考えるためには欠かせない要素です。その5つとは、適正な商品・適正な時期・適正な場所・適正な量・適正な価格です。ここでいう「適正」とはお客様にとっての「適正」です。事業者にとって1000円で仕入れたものを100万円で売ることができれば、それはうれしいことです。しかし、消費者からするとそれは適正な価格ではないでしょう。それでは、顧客の獲得は見込めません。しかしながら、消費者の適正に歩み寄って価格設定をすると、お客様の満足度は上がり新規顧客の獲得を見込むこともできます。お客様にとっての適正な価格で売ることが、商売の繁盛につながるということです。

マーチャンダイジングの活用事例

マーチャンダイジングを活用して成功を収めている企業にスウェーデン発祥のファニチャー企業であるIKEAがあります。IKEAはビジュアルマーチャンダイジングという視覚に訴えて他社との違いを消費者にアピールすることにより成功しています。消費者のニーズに合わせたディスプレイ、展示販売に力を入れています。デザインのみならず機能性も兼ね備えたファニチャーや家庭用品を手ごろ感のある価格設定で提供し、たくさんの人に購入してもらうという戦略をとっています。同じ商品をたくさんの人に購入してもらうことに対応するため、自社で大量生産できるシステムを作り上げています。そして、大量生産できるゆえに手ごろな価格を実現することもできています。

まとめ

熾烈な競争が繰り広げられている小売業界において今後も成長を続け利益を上げ続けていくためには、常に企業戦略を考えていなければいけません。特に「マーチャンダイジング」は外せない戦略です。適正な商品・適正な場所・適正な時期・適正な場所・適正な量・適正な価格の5つをバランスよく取り入れて売り場づくりを行っていくのです。取り扱う商品に合わせて、これらの要素を考慮し続けることが成功へのカギとなるでしょう。

慶應義塾大学経済学部在籍。Webマーケティングのインターンを経て、デジマールに入社。I am grateful for all peole to whom I am related. I wouldn't be here were it not for them.

宮平凌和

慶應義塾大学経済学部在籍。Webマーケティングのインターンを経て、デジマールに入社。I am grateful for all peole to whom I am related. I wouldn't be here were it not for them.

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら