メディアレップとは?Web広告の基礎知識

宮平凌和

メディアレップとは?

メディアレップとは、簡単に言えば「広告代理店の仲介業」とでも言うべき広告代理店のことです。マーケティングの分野においてWebマーケティングの比重が高まっていくにつれて、このメディアレップの重要性が高まっています。

広告を載せる場合、どの媒体に載せるのか、どういった形で広告展開を行っていくことで最大限の効果を発揮できるのかといった、事前のビジョンや細かな計画が求められます。かつてのマーケティングにおいては「いかに目立つところに」「多くの人の目にふれる形で」広告を出すことができるかが最大のポイントとなっていたわけですが、Webマーケティングの普及によってそうした従来の考え方に変化が生じてきています。ターケディングをしっかり行った上で見込み客にピンポイントで情報を届けることができるか、よりきめ細かな戦略が求められるようになってきます。

Web上に広告を出す場合、リスティング広告に代表されるように「枠」を購入する必要が出てきます。ただ人気のあるサイトや検索エンジンなどでは、ひとつの広告枠に対して多数の応募が集まる例も多く、思ったように枠を確保するのが難しい面も持ち合わせています。

またインターネット上での広告戦略では無数といっていいほどの選択肢があります。先述したようにターゲティングを絞り込んだ上できめ細かな広告戦略を行うとなると、膨大な選択肢の中からどこに広告を出したら良いのかといった問題も生じてくるでしょう。そんなときに活躍するのがメディアレップなのです。

このメディアレップがWebサイト上の広告枠を確保し、それを広告代理店に提供します。そのうえで広告代理店が広告を出したい人に販売することでWeb上に広告を出すことができるのです。

Webマーケティングが細分化した影響でこうした広告主と従来の広告代理店を仲介する役割が必要になってきたと言えるでしょう。ですからメディアレップとは「Web上の広告枠を所持している広告代理店」とも言えるでしょう。

メディアレップの活用事例

仲介が重要な業務となっているだけあって、広告主との仕事と、広告代理店からの仕事の両方を請け負っています。広告を出す企業の側としてはメディアレップが所持している広告枠の中から自分たちにピッタリなものを選び、必要に応じてWeb広告の制作そのものもサポートしてもらったうえで理想的な広告を出すうえで役立てることになるでしょう。また広告を出した後に実際の効果に関するレポートの提出なども依頼できます。

まとめ

メディアレップがよい広告枠を持っているかどうかでWebマーケティングの成果に大きな差が出てきます。積極的なWebマーケティングを検討している企業はこのメディアレップの役割にも着目する必要がありそうです。

慶應義塾大学経済学部在籍。Webマーケティングのインターンを経て、デジマールに入社。I am grateful for all peole to whom I am related. I wouldn't be here were it not for them.

宮平凌和

慶應義塾大学経済学部在籍。Webマーケティングのインターンを経て、デジマールに入社。I am grateful for all peole to whom I am related. I wouldn't be here were it not for them.

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら