マーケティングとは?マーケティングの基礎知識

1.マーケティングとは?

マーケティングとは、ユーザーのニーズに合致した商品・サービスを作るための情報収集であり、ユーザーの利用満足度を具体的に把握するための活動と定義されます。つまり、市場のリサーチ・データ分析・広告宣伝・販売結果と原因の分析・カスタマー管理まで、営業の一貫した戦略構築を行う上でベースとなる活動を意味します。

提供する商品・サービスの販売実績をアップさせるには、的確なマーケティングを実践し、収集した情報より顧客ニーズを把握し、的確にターゲットを絞り込んだ販売戦略を構築していきます。こうして『売れるビジネスモデルを構築するプロセス』を作るのがマーケティングの仕事と言えるでしょう。

2.マーケティングの歴史

マーケティングの歴史を確認すると、アナログからデジタルへ、アウトバウンドからインバウンドへと移行していることが分かります。

宣伝活動の始まりとして1450年の活版印刷の発明が挙げられます。宗教革命の契機ともなった優れた技術で、大量に出版物の生産が可能になり、短時間に不特定多数への情報拡散が可能になりました。その後1741年に、アメリカで世界初の雑誌・マガジンが刊行され、スポンサーとしての宣伝活動が始まります。

そして2つの世界大戦中にラジオ放送による広告が始まっています。電波で広域に情報発信をする技術によって、商品・サービスの販売量が激増しました。さらに、1941年にはテレビ広告がスタートしています。画像と音声によるリアルな宣伝媒体で、具体的に商品の良さがアピールできるようになったのです。

2000年代以降は デジタル技術が普及して、テレビの双方向通信や、携帯電話とコンピュータの発明で情報の交流スピードが目覚ましく加速していきます。

そしてインターネットの世界的な敷設によって、情報通信の世界が一変します。SNS・ソーシャルメディアが世界的に普及すると、既存メディアからの宣伝から消費者は距離を置くようになり、アウトバウンドのマーケティングは弱体化していきました。

つまりインバウンド・マーケティングが主流となり、情報の処理が多様化して、個々のユーザーに対してピンポイントセールスが簡単にできるようになったのです。

検索サイトを利用した商品・サービスの探索、巨大通販サイトの普及、スパムメールによる宣伝など、インバウンド・マーケティングが主流となり、情報の処理が多様化して行きました。

3.マーケティングの重要なポイントとは?

ネット上に蓄積されたビッグデータを有効利用し、AIによる的確な情報処理を行うのが近年のマーケティング・スタイルです。膨大な情報を有効利用するには、基本となるマーケティングの重要ポイントを理解しておく必要があります。

  • ユーザーの行動パターンや消費トレンドを把握し、浸透しやすい宣伝を発信する
  • ユーザーへ最適な商品紹介をする
  • ビッグデータの活用と情報処理を徹底する

ネット上で利用できる宣伝媒体は、全て網羅して宣伝活動をするというのが鉄則です。国内だけでなく世界規模での消費者トレンドを把握して、ターゲットが受け取りやすい形で宣伝を発信するのがポイントになります。幸いなことに、ネット上に蓄積されたビッグデータは、基本的にどの企業でも利用することができます。

最近はAIによる情報処理で、より広範囲に、より細分化した販売戦略が可能になっています。もちろん、宣伝効果を客観的に確認することも重要です。加えて、ノウハウとしてその後営業活動に生かせるようなフィードバックシステムを作ることも不可欠でしょう。

4.マーケティング戦略とは?

実践すべきマーケティング戦略の柱は次の3ポイントです。

  • 市場調査(マーケティングリサーチ)
  • 広告宣伝活動(コマーシャリング)
  • 効果検証(フィードバック)

まず、市場調査で提供する商品・サービスにおける具体的なニーズをリサーチします。リサーチでは対象例が多ければ多いほど確度がアップします。また、販売ターゲットの絞り込みもリサーチによって確認できます。

こうしてニーズとターゲットが決まれば、次に効果的な方法で宣伝を開始します。マスメディアは拡散力に優れているものの高コストなので、規模の小さな企業はSNSやWebサイトをフル活用する手法の方がよりメリットがあるでしょう。

さらに販売の結果をフィードバックさせて販売戦略の修正を施せば、より販売実績を高める効果があります。

5.注目のマーケティング手法とは?

  • AIによる広告活動
  • インタラクティブ動画
  • チャットボット広告

近年で評判の高い宣伝手法は上記の3種類です。AIを利用してWeb広告を自動で最適化する広告配信エンジンがリリースされています。情報収集からターゲットに応じた宣伝内容の構築、そして宣伝の配信までフルオートで運用できるのがメリットです。

また、インタラクティブ動画で動画視聴した消費者を購買へ誘導するというシステムを使った宣伝手段があります。その他に、チャットボットがチャット形式でユーザーに宣伝活動を施すチャットボット広告も人気があります。


デジマール株式会社では、リスティング広告やSNS広告をはじめとする運用型広告の運用代行を承っております。
また、HubSpotやGoogleアナリティクスを利用した、広告からLTVまでを統合して管理する体制構築も支援いたします。
チャットツールで繋がりながら運用をサポート。ご質問にもすぐに回答いたします。

広告運用のご依頼は以下よりご連絡ください。

【Webマーケティングに関する支援のお問い合わせはコチラ】

digimarl

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら