マーケターとは?マーケティングの基礎知識

1.マーケターとは?

マーケターとはマーケティング業務に手掛ける、つまり、商品やサービスを売るための仕組みを作る業務に従事する人のことを指す言葉です。商品やサービスの価格やターゲットを設定し、宣伝広告の方法を考え、売上に貢献する業務です。「マーケティング」とは簡単に言うと「商品を売るための仕組み(構造)を作ること」であり、このマーケティング業務に従事する人のことを「マーケター」と呼びます。マーケターにも種類があり、求められるスキルもあります。

一言に「マーケター」と言っても、マーケティングを行うフィールドや役回りの違いによっていくつもの職種に分けられます。大別すると、ネットを利用せずマーケティングを行う「オフラインマーケティング」と、ネット上で商品を売る仕組みを作り顧客獲得を行う「WEBマーケティング」に分けることができます。

2.マーケターの仕事とは?

「オフラインマーケティング」はインターネットを利用しないマーケティング全般をさし、マーケティングの企画から市場調査、ターゲットした層を狙う広告展開を行うことをその主な業務とします。「リサーチャー」や「MD」「プランナー」などの職種に細分されます。

「WEBマーケティング(デジタルマーケティング)」は、ネット上に商品を売るための仕組み(構造)を構築して顧客獲得を行うことを目的として行われます。

マスに対して広告を打つため、広告の具体的な効果が把握しにくいオフラインマーケティングに対し、WEBマーケティングは顧客の購買行動を数値として把握しやすいという特徴があります。

WEBマーケティングは「アカウントプランナー」「データアナリスト」「SEOコンサルタント」「WEBアナリスト」などの職種に細分化されます。

3.マーケターに必要なスキル

マーケターに必要とされるスキルとしては主に「市場調査を行うための行動力」「リサーチ力とその結果の分析力」「時代の流れとトレンドを把握する情報収集能力」「プレゼン能力とコミュニケーション能力」の4つを上げることができます。

マーケターには、積極的に市場調査を行い思いついた企画・アイデアをネット(SNS)を介して瞬時に発信していく行動力が求められます。行動力が伴わないと、商品を売るタイミングやチャンスを逃してしまう機会が増え、マーケティングが停滞してしまうからです。

マーケターには調査力と、調査したデータを分析する能力も求められます。調査でデータを集めることができても、分析ができなければ商品の売上をアップする方策を編みだすことができません。

マーケティングにおける分析方法としては「政治・経済・ライフスタイル・技術」の4つの視点から分析を行うPEST分析、商品の製造から消費者の手に渡るまでの過程を分析するバリューチェーン分析、「顧客(Customer)」「競合他社(Competitor)」「自社(Company)」の3つの視点から行う3C分析などがあります。

マーケターにはその時代時代の流れやトレンドを押さえて消費者に受け入れられる傾向を把握する情報収集力も必要になってきます。情報収集力が弱いと、時代の流れやトレンドを押さえられず、有効なマーケティング戦略を打つことができません。

マーケティングは一人で行うより、チームで行うことが多いため、プレゼン力とコミュニケーション能力も重要となります。マーケターは他部署や消費者とやりとりをする必要がある他、さまざまな場面でコミュニケーションを求められる仕事です。

4.マーケターのキャリア

マーケターの年収は平均で500~600万円と言われますが、実態は年齢・スキル・役職・企業によってさまざまです。新卒なら年収300万円から始まり、キャリアを積んでマネージャークラスにもなれば、平均年収は約600万円程度から1000万円以上にもなります。

WEBマーケターの場合は一般企業でマーケティングに携わるマーケターよりも平均年収が高くなり、約540万円程度とされています。一般的な平均年収より高めですが、WEBマーケターの場合はフリーランスとして活動し、副業で稼ぐ人も多いので、実態はこれ以上の年収があるとも言われています。

フリーランスであれば、年収1000万円を超えるケースも少なくないとされています。

5.マーケターに向いている資質

マーケターに必要とされる資質としては、「売れる仕組み」を作ることのできる「企画力」、既存の商品・サービスの売上改善ができる「課題解決力」、WEBで得た顧客に関するデータを解析し、数字をどのように変えれば売上を伸ばせるか、判断するための「データ解析力」、他部署との協力や交渉に際して必要となってくる「コミュニケーション能力」や「調整力」などが挙げられます。

また、上記の能力を「PDCA(計画・実行・評価・改善)」に当てはめこれを回す能力や、市場全体を見渡す客観的な全体視点、経営者の視点に立ったものの見方も求められます。


デジマール株式会社では、リスティング広告やSNS広告をはじめとする運用型広告の運用代行を承っております。
また、HubSpotやGoogleアナリティクスを利用した、広告からLTVまでを統合して管理する体制構築も支援いたします。
チャットツールで繋がりながら運用をサポート。ご質問にもすぐに回答いたします。

広告運用のご依頼は以下よりご連絡ください。

【Webマーケティングに関する支援のお問い合わせはコチラ】

digimarl

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら