【ガントチャートとは】事例まで解説!業務プロセスを視覚化して管理する手法?

中野将志

ガントチャート

ガントチャートの概要

ガントチャートとは

ガントチャートとは、業務プロセスをタスク毎に工程や納期を棒グラフで視覚化して管理する手法です。

チャートという言葉が含まれている通り、ガントチャートでは業務プロセスをそれぞれチャートにして視覚化することを特徴としています。

プロジェクトの工程から曖昧さを除き、より生産性を上げることができます。

ガントチャートの「ガント」とは、この手法を考案したヘンリー・ガントという人の名前の名前から取られました。

1861年に生まれた機械工学者の経営コンサルタントです。1910年代に、このガントチャートというプロジェクト管理方法を生みだし、現在でも使われるほど生産管理に多大な功績を残しました。

彼の功績から、アメリカ機械工学会は、毎年ガントの名を冠したメダルを授与しています。

参照・写真元:BRITISH LIBRARY|Henry Laurence Gantt

ガントチャートの作成方法

ガントチャートの作成は非常に単純で容易です。以下の3つの手順を行うことによってガントチャートを作成することが出来ます。

  1. 上の図のように、タスク1、タスク2といったように工程を細かく分類して、業務プロセスを階層化していきます。
  2. 縦軸に分類された業務内容を入れ横軸には日時を入れます。必要であれば担当者の列も作ります。
  3. それぞれの作業が始まり終了するまでの時間に矢印の記入や塗りつぶしを行います。

 

ガントチャートのメリットとデメリット

メリット

ガントチャートは多くのメリットを持っています。ガントチャートの主なメリットとしてつ上げることが出来ます。

まず、このチャートを作成することによって、プロジェクト全体の中でそれぞれの工程がどのように進んでいるかを把握できます。

そして、プロセス同士が重なっている時間帯や、他のプロセスよりも明らかに長くなってしまっている作業などを確認できます。

また、日によって作業者もしくは管理者が変わるのであれば、人材の違いによって進捗状況がどのように変化するかもみることができます。

このように、ガンマチャートを用いることで一つのプロジェクトもしくはプロセスの中で、どのように個々の作業が関連し合っているのかを分析できるようになります。

例えば、製造業では、プロセスごとに用いられる機械を変えることがあり、その管理の仕方を検討、改善する点で役立ちます。

デメリット

メリットの多いガントチャートですが、デメリットとして気を付けなければならない点が3つあります。

まず。スケジュールに柔軟性がなくなるという点です。業務の急な変更に対応するためには、その後のスケジュールを全て変更しなくてはなりません。

そして、それぞれの工程の従属関係が把握しにくくなるという点です。今行っている工程が分類されたどの工程に必要になのかがガントチャートでは明らかにすることが出来ません。

最後に、ガントチャートではプロジェクトにある問題を明らかにすることが出来ないという点です。ガントチャート通りに進めると、ある業務の途中で、次のプロセスで行われる業務が必要になる場合があります。それぞれの業務の前後関係が間違っているといったプロジェクトにある潜在的な問題に気付かない可能性が生まれます。

ガントチャートの活用事例(建設工事の例)

ガントチャートは建設業でもよく用いられます。建設のような長期のプロジェクトには工程管理は欠かせないからです。

引用元:写真AC

 

例えば、大規模な商業施設を建設するプロジェクトの事例を見ることができます。

先ほどの手順に従って、すべての業務プロセスを基礎工事や躯体工事、電気・水道配管工事、内装工事などのプロセスに分けます。

そして、縦軸に作業内容を当てはめ、横軸に時間を記入します。

最後に、「基礎工事は第1週間から2週間かかる」といったように矢印や塗りつぶしで視覚的に表します。

ここで重要になるのは、工程計画の段階でそれぞれの工程にどのくらいの期間を必要とするかを正確に見積もることです。正確に見積もり作業プロセスをより明確にすることで、現場が混乱しないように管理していく助けとすることができます。

加えて、このガントチャートの使用によって、同じ工区に複数の作業が重ならないようにしたり、搬入される重機の動きを安全に統括したりできるようになります。

まとめ

このように、ガントチャートは縦軸に作業内容などの情報を入れ横軸に日時を入れることによって、プロジェクトの工程を視覚化することが出来ます。

それぞれのプロセスの流れを視覚的に見るための表です。このチャートがあると、作業工程ごとの関係を見やすくなりますし、特定のプロセスで効率が悪いなどの問題点を発見するのに役立ちます。

2021年より、デジマールに入社。
趣味はキャンプ。

中野将志

2021年より、デジマールに入社。 趣味はキャンプ。

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら