ガントチャートとは?マーケティングの基礎知識

宮平凌和

ガントチャートとは?

ガントチャートとは、この手法を考案したガントという人の名前を採られた、プロジェクト管理するための手法です。チャートというワードが含まれている通り、ガントチャートでは業務プロセスをそれぞれチャートにして視覚化することを特徴としています。工程を細かく分類して、それぞれを階層化していきます。それにより、それぞれの作業がどこまで続くのか、同時にどんなプロセスが進行していくのかといったことを、一目で理解できるようになっています。

具体的には、縦の軸に作業内容とプロセス階層、担当者などを記載します。横軸には日時を入れて、チャートではそれぞれの作業が始まり、終了するまでの時間を塗りつぶしていきます。それにより、プロジェクト全体の中でそれぞれの工程がどのように進んでいるかを把握できますし、プロセス同士が重なっている時間帯や、他のプロセスよりも明らかに長くなってしまっている作業などを確認できます。また、日によって作業者もしくは管理者が変わるのであれば、人材の違いによって進捗状況がどのように変化するかもみることができます。

こうすることで、一つのプロジェクトもしくはプロセスの中で、どのように個々の作業が関連し合っているのかを分析できるようになります。特に製造業では、プロセスごとに用いられる機械を変えることがあり、その管理の仕方を検討、改善するのにとても役立ちます。

ガントチャートの活用事例

ガントチャートは建設業でもよく用いられます。たとえば、大規模な商業施設を建設するプロジェクトの事例を見ることができます。基礎工事や躯体工事、電気・水道配管工事、内装工事などのプロセスに分けてガントチャートを作ります。そして、工程計画の段階で、それぞれの工程にどのくらいの期間を必要とするかを見て、現場が混乱しないように管理していく助けとすることができます。このガントチャートの使用によって、同じ工区に複数の作業が重ならないようにしたり、搬入される重機の動きを安全に統括したりできるようになります。

まとめ

ガントチャートは、縦軸に作業内容などの情報を、そして横軸に日時を入れてプロジェクト全体における、それぞれのプロセスの流れを視覚的に見るための表です。このチャートがあると、作業工程ごとの関係を見やすくなりますし、特定のプロセスで効率が悪いなどの問題点を発見するのに役立ちます。計画段階でも検証目的でも使える基本的な手法と言えるでしょう。

慶應義塾大学経済学部在籍。Webマーケティングのインターンを経て、デジマールに入社。I am grateful for all peole to whom I am related. I wouldn't be here were it not for them.

宮平凌和

慶應義塾大学経済学部在籍。Webマーケティングのインターンを経て、デジマールに入社。I am grateful for all peole to whom I am related. I wouldn't be here were it not for them.

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら