デジタルマーケティングとは?Web広告の基礎知識

digimarl

1.デジタルマーケティングとは?

マーケティング・リサーチを行う際、ネットが普及するまではフィールドワークをメインに、足でデータ収集をしていました。一方、近年ではPCやスマホなどのネット端末を利用して、幅広くWebサイトを検索することで細部に至るまで情報収集することができます。

また、リアルな経済活動が提供するデータを集約したビッグデータを分析して、ニーズやトレンドの数値化も可能です。このようなマーケティング・リサーチや戦略の手法をデジタルマーケティングといいます。

国内において、スマホや携帯電話は広く普及しており、一人につき1台の割合となっています。商品やサービスを提供する側は、その通信端末を介して自社の商品を個々にアピールできるようになりました。

従来のように、マスメデイアで不特定多数を相手にコマーシャルするハイ・コストな宣伝ではなく、口コミやECサイトやSNSなどネット媒体を効果的に利用して、より個人向けでヒットする確率が高いローコストの宣伝活動が実現しています。

また、デジタルマーケティングはBtoB(企業間取引)においても効果的で、売れる商品・売れる場所・的確な売り方を探るうえで非常に有用なツールとして活用されています。

2.デジタルマーケティングとWebマーケティングとの違いとは?

デジタルマーケティングのカテゴリーの一つに『Webマーケティング』があります。個々の商品・サービスに特化したWebサイトを利用して、サイト訪問者へ向けた商品提供をする宣伝手法です。実際に訪問してきたユーザーの行動パターンを分析し、より販売効果を高めるための戦略を講じられるのがWebマーケティングのメリットでしょう。

つまり、興味をもって来店したお客を対象とするのがWebマーケティングの特徴で、ネット上のユーザー全体をターゲットに宣伝をかけるのがデジタルマーケティングとなります。

具体的には、PCやスマホ・タブレットの利用履歴から、IoT利用により得られるデジタルデータ、さらには実際のイベントや店頭の情報まで、あらゆる情報を統括して営業戦略に転用するのがデジタルマーケティングなのです。

3.デジタルマーケティングの目的とは?

4G・5Gの通信インフラをベースとして、ネットユーザーはピンポイントの情報収集が可能となりました。しかも瞬時に求める情報までたどり着けるため、消費活動のための情報収集量が拡大しています。そのため消費者に選んでもらう競争率は高くなり、選んでもらうための宣伝戦略を練り上げなければなりません。

消費者がどのタイミングでどのようなサービス・商品を求めるのか、どう提供すれば購入行動を起こすのかなど、具体的な戦略を立てるためのデータ分析・情報提供手法を講じるのがデジタルマーケティングの目的となります。

4.デジタルマーケティングの重要性とは?

まず、リアルタイムで必要情報の収集・分析ができること、とくに展開の速いマーケットへの対応が的確に可能なことが挙げられます。宣伝効果を確認しつつ、適宜改善策が講じられるため、費用対効果からも有益なマーケティングが展開できます。

近年のデジタル化社会では、消費者ニーズの変容が素早く、それに追随する企業の対応も機敏です。そういった流れに遅れないためには、デジタルマーケティングへの取り組みが最重要課題だと言えるでしょう。

5.デジタルマーケティング施策とは?

デジタルマーケティングを実行するための施策は、主に次のようなツールや宣伝手法をしっかりと勉強し、準備する必要があります。特別な資格が必要となる分野は基本的にありませんので、どの企業でも取り組みやすいはずです。

  • Webサイト:自社の公式サイトを立ち上げ、商品・サービスの詳細を宣伝する媒体、また販売のためのサイトとなります。
  • ブログ:アフィリエイターなどを介して、自社商品・サービスを説明・紹介してもらうことができます。
  • SEO:検索エンジンによるランキングで、上位に選択されるための対策を講じます。
  • 有料検索広告:ネットユーザーが検索エンジンなどでキーワード検索すると、検索結果のトップページなどに『広告』と題した公式サイトが表示されます。
  • 動画広告:自作やアウトソースで、動画サイトを利用して商品・サービスの宣伝を行います。
  • メルマガ:特定の会員へメールで有益な情報発信をする手法です。
  • ディスプレイ広告:アフィリエイターが運営するサイト・ブログ等に広告バナーを貼って宣伝する方法です。成果に応じてアフィリエイターへ報酬を支払うので宣伝費用の無駄がありません。
  • MA(マーケティングオートメーション):自動化された営業マーケティング施策のためのマーケティングプラットフォームで、収益プロセスを実演し、その結果も情報収集と分析で改善してくれるツールです。

各SNS媒体を有効活用することに加えて、訪問者を消費行動へ導くためのページ造りをするLPO、お問い合わせフォームの最適化を図るEFOなども重要な項目です。このように、デジタルマーケティングでは実践すべき施策が多岐に渡っています。


デジマール株式会社では、リスティング広告やSNS広告をはじめとする運用型広告の運用代行を承っております。
また、HubSpotやGoogleアナリティクスを利用した、広告からLTVまでを統合して管理する体制構築も支援いたします。
チャットツールで繋がりながら運用をサポート。ご質問にもすぐに回答いたします。

広告運用のご依頼は以下よりご連絡ください。

【Webマーケティングに関する支援のお問い合わせはコチラ】

digimarl(デジマール)は、マーケティングの戦略立案から実行までを総合的に支援するデジタルマーケティングエージェンシーです。運用型広告を主軸にしたデータドリブンなチームが、リソースが無いお客様部署に代わって、これからのファンと向き合うプロモーションを実現します。

digimarl

digimarl(デジマール)は、マーケティングの戦略立案から実行までを総合的に支援するデジタルマーケティングエージェンシーです。運用型広告を主軸にしたデータドリブンなチームが、リソースが無いお客様部署に代わって、これからのファンと向き合うプロモーションを実現します。

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら