コンテンツマーケティングとは?Web広告の基礎知識

1.コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、見込み客にとって価値のあるコンテンツを作ることで成約につなげていく手法です。ブログのような形で情報発信している企業は多いですが、これもコンテンツマーケティングの一種です。

たとえば、リフォームを手掛けている業者の場合、費用面などリフォームを考えている人にとって有益な情報を提供することで、見込み客に大きくアピールできます。

コンテンツマーケティングで大事なことは、価値のあるコンテンツを提供して見込み客を作り、ファンになってもらうことです。何も知らない消費者と比べたらファンは成約までのハードルが低く、簡単に成約までたどり着くケースも珍しくはありません。

売上の増加という大きなメリットが期待できるため、役立つコンテンツは現代のマーケティングに欠かせません。一般の消費者をターゲットとするBtoC、企業間取引のBtoBのどちらであってもコンテンツマーケティングは役立ってくれます。

2.コンテンツマーケティングの歴史

コンテンツマーケティングというフレーズが確立されたのは2001年頃のことで、歴史はさほど古くはありません。ただし、コンテンツマーケティングのような考えはもっと昔から存在しており、コンテンツマーケティングの起源とされているのが1895年に創刊された農家向けの雑誌です。

現在でも多くの国で発行されているこの雑誌は、あえて直接的な売り込みを避けていました。代わりに、農家にとって役立つ情報を雑誌を通してシェアし、有益な情報でファンを増やしたのです。

当時はコンテンツマーケティングなんて言葉はありませんでしたが、その手法はコンテンツマーケティングそのものです。以降、出版物を手掛ける企業は増えましたが、インターネットの発達によりコンテンツマーケティングはより容易になりました。

ブログなど、さほどお金がかからない形でも企業のイメージをアップさせることは可能です。

3.コンテンツマーケティングの目的

コンテンツマーケティングの最終的なゴールは購入、契約などの成約で、当初の目的として設定するのは見込み客を作りファンになってもらうことです。消費者の悩みをしっかりと把握できるか、これがファンを生むためのコンテンツの出来に関係してきます。

悩みを解消するためにインターネットで検索する事例は多いため、自社の製品やサービスで悩みを解消してもらうことを最終的な目標とし、そこから逆算して悩みに関するコンテンツを作るのがよいでしょう。

4.コンテンツマーケティングの事例紹介

海外のある不動産会社は、家を売るために地域の情報を分かりやすくまとめました。レストランなど、その土地で生活する場合に利用できる施設をまとめて紹介することで、検索エンジンの上位に表示されるようになりました。

直接的に家をアピールするのではなく、その土地に興味を持っている人にとって役立つ情報を提供することで成功した事例です。

日本の某ファッション通販サイトの事例では、コーディネートを積極的に掲載することで価値を高めました。バイヤーによる役立つコーディネートを掲載することで信頼関係を構築し、ファッションアイテムの購入につなげたのです。

5.戦略的コンテンツマーケティングとは?

先述したように、ファンを作るという当初の目的と、最終的な目標である成約にはやや差があるため、このずれをしっかり意識することが大事です。コンテンツマーケティングを意識した場合の代表的な失敗例が、役立つ情報を提供することに気を取られて成約につながらない点です。

仮に、とても素晴らしい価値ある情報を提供しても、それを売上につなげられなければ意味はありません。ファンになっていない状態での売り込みは避けるべきですが、一方でデータ分析のツールなどを活用し、ユーザーの反応をチェックした上で、成約までの道を丁寧に整えていくことも重要なポイントです。

有益なコンテンツ作りを意識するのは当然として、同時に売上を増やすという目標を達成するための工夫も欠かさないこと、これが戦略的コンテンツマーケティングです。

6.コンテンツマーケティングの実践方法

戦略的コンテンツマーケティングを意識することは大事ですが、コンテンツが主役である点を忘れてはいけません。コンテンツが頼りなければ見込み客をファンにするのは難しいため、コンテンツ作成こそ最重要のポイントです。

マーケティングではペルソナという言葉がよく使われますが、自社の製品やサービスを利用するであろう見込み客の年齢、性別などをくわしく作り上げたものがペルソナです。ペルソナの設定なしにはコンテンツの方向性も定まらないので、職業や収入、趣味、家族構成などをくわしく練る必要があります。

ブログ、SNS、動画、書籍などコンテンツの形は様々ですので、ペルソナにあわせて作るコンテンツを決めましょう。また、同じ見込み客でもファンになりつつある人、興味を持ち始めたレベルの人では求めるコンテンツも違うので、そのあたりも意識してコンテンツを作成するとよいです。


デジマール株式会社では、リスティング広告やSNS広告をはじめとする運用型広告の運用代行を承っております。
また、HubSpotやGoogleアナリティクスを利用した、広告からLTVまでを統合して管理する体制構築も支援いたします。
チャットツールで繋がりながら運用をサポート。ご質問にもすぐに回答いたします。

広告運用のご依頼は以下よりご連絡ください。

【Webマーケティングに関する支援のお問い合わせはコチラ】

digimarl

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら