ブランドエクイティとは?マーケティングの基礎知識

宮平凌和

ブランドエクイティとは?

ブランドエクイティは字義通りに「ブランド資産」を意味します。これは、株式や現金、不動産のように企業や商品が持つブランドネームというものにも、資産としての価値があるという考え方のことです。そして、企業としてはそのブランドエクイティを高めるための具体的な努力を払うことや、客観的にブランド資産の価値を測るように努めることで、マーケティング力を向上させるというメリットがあります。

このブランドエクイティの考えでは、販売する個々の商品の売上によって利益が出るというだけでなく、ブランドそのものにどのような影響を与えるかという視点を大事にします。デザイン性の高い商品を売り出すことができれば、オシャレなブランドというイメージを持たせることができます。一方で、作りの粗い製品を出してしまうと、たとえその価格の安さから売上高が一時的に高くなったとしても、ブランド力は低下してしまうという見方をします。単に個々の商品の売上にこだわらず、ブランドとの関係を見ていくということが特徴なのです。こうした考えをすることによって、長期的に見て優良な顧客との関係を作ったり、安定した売り上げを見込めるなどのメリットを得られます。

ブランドエクイティの活用事例

ブランドエクイティは、ブランド力を大事にする企業であればどこでも行っている手法です。特にその傾向が強いのは化粧品メーカーで、様々な活用事例があります。単に質が良い商品を開発して販売するというだけでなく、高級でおしゃれなブランドというイメージを作るための戦略を採ることにした活用事例があります。そのために、パッケージや商品そのもののデザインを高級感あるものに一新しました。同時に、CMにはターゲット世代に人気の女優を起用します。このメーカーでは世界戦略の組み替えも行っていましたので、同時にそれぞれの国におけるイメージ調査を行い、現地の有名人をCMに起用してイメージ戦略からスタートしました。こうして、高いブランド力を作り上げることができ、他社よりも高い販売価格でありながらも、衰えることのない売上高を維持できるようになったのです。

まとめ

ブランドエクイティは、ブランドそのものを資産と見てその価値を客観的に評価すると同時に、価値上昇のための働きかけをしていく活動です。企業にとってブランド力というのは、経営に大きく関わる重要なものですので、この考えをしっかりと意識して商品の開発と販売の戦略を立てるべきです。

慶應義塾大学経済学部在籍。Webマーケティングのインターンを経て、デジマールに入社。I am grateful for all peole to whom I am related. I wouldn't be here were it not for them.

宮平凌和

慶應義塾大学経済学部在籍。Webマーケティングのインターンを経て、デジマールに入社。I am grateful for all peole to whom I am related. I wouldn't be here were it not for them.

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら