インプレッション

インプレッション

インプレッションがカウントされる仕組み

街中で見かける広告と違って、どれだけの人の目に留まったか定量的に把握できることが、Web広告の大きな特徴の一つです。Web広告において広告が表示されることをインプレッション(impression:imp)といいます。インプレッション数が多いほど、多くの人に広告を見てもらったということになります。

上記でインプレッションは、「Web広告が表示されること」と説明しました。しかし、インプレッションは、広告の出稿先によって定義が異なり、注意が必要です。

画面に映っていなくても、開いているページに広告が表示されていればインプレッションがカウントされる場合もあれば、見える位置に入ったものだけカウントする、ビューアブルインプレッションという指標もあります。

媒体によってインプレッションの定義は異なるので、新たな媒体で配信開始する場合はインプレッションの定義を確認しておくとよいでしょう。

似ている用語との違い

インプレッションと似た意味の用語との違いも正しく理解しておくようにしましょう。 インプレッションと似ている用語として「ページビュー(PV)」「リーチ」があります。

ページビュー(PV)との違い

ページビュー(PV)とは、顧客が閲覧したページ数のことです。 ページ内に広告が表示されているので、PVとインプレッションは似た概念といえます。 しかし、PVとインプレッション数が同じ数値にならないことがあります。それは以下の式で説明できます。

PV × 1ページあたりの広告表示数 = インプレッション数

媒体のインプレッションの定義によりますが、例えば自社の広告が2つ掲載されているページが顧客に1回閲覧されていた場合、

ページビューとインプレッションの違い

1(PV) × 2(1ページあたりの広告表示数) = 2(インプレッション数)

となり、PVは1としてカウントされますが、インプレッション数は2とカウントされる状況が生まれています。

リーチとの違い

リーチとは、広告が表示されたユーザー数のことです。 リーチとインプレッション数の関係式は以下のようになります。

リーチ数 × 一人当たり広告表示数 = インプレッション数

リーチ数とインプレッション数もまた、同じ数値にならないことがあります。 リーチ数は変化しなくても、同じ広告が同じ顧客に何度も掲載されれば、一人当たり広告表示回数は増えるので、インプレッション数も増加することになります。1顧客に2回同じ広告が表示されていれば、

リーチとインプレッションの違い

1(リーチ人数) × 2(一人当たりの広告表示数) = 2(インプレッション数)

となり、リーチ数は1ですが、インプレッション数は2という状況が生まれています。

広告のインプレッション数を増やす方法

広告予算を増額する

広告予算を増額することで、広告の入札価格を増額することができます。広告の掲載順位を決定する広告ランクの考え方に従えば、入札価格が高いほど広告ランクは改善し、結果として掲載順位を上げることができます。

また、すでに品質スコアが高い場合は、入札価格を変えなくても高い掲載順位で出稿できますから、予算を増やせば低コストでインプレッションを増やすことができます。

登録キーワード数を増やす

登録しているキーワード数を増加させることでも、インプレッション数は改善できます。キーワード数を増やせばそれだけ多様な顧客に広告表示することになります。

ただし、むやみに登録キーワードを追加しても、品質スコアが低すぎて広告が表示されないことがあります。また、表示されてもクリックされなかったり、クリックされてもコンバージョンに結び繋がらなかったりと、広告の費用対効果が悪化する可能性が高いので、注意が必要です。

キーワードを追加する際は、自社の商品を求める、優良な顧客がどのような語句で検索するか想像する必要があります。

キーワードのマッチタイプを緩める

キーワードを増やすだけでなく、キーワードのマッチタイプを緩めることによっても、インプレッション数の増加が見込めます。完全一致で登録していたものを、フレーズ一致で、フレーズ一致で登録していたキーワードを部分一致で登録すれば、それまで広告が表示されていなかった検索語句に対しても広告表示されるようになります。

マッチタイプを緩めることで新たにリーチした検索語句のなかに費用対効果の高い検索語句があれば、それらの語句にヒットするように新たなキーワードを登録することも可能です。

インプレッション課金型広告について

インプレッション課金型の主な広告媒体

インプレッション課金型広告には、主にGoogleとFacebookがあります。インプレッション課金型広告は1000インプレッションごとの費用を考えることから、CPM(Cost Per Mille)とも呼ばれます。

クリック型課金広告(Cost Per Click:CPC)との違いは、以下の計算式から明らかになります。

CPM = 広告総費用 ÷ インプレッション数 × 1000

CPC = 広告総費用 ÷ クリック数

CPMは1000インプレッション当たりの費用なので、1000をかけます。

一方CPCは単なるクリック単価のことを指します。CPMとCPCは単純に比較できないので注意が必要です。

CPMは、クリックされることではなく、バナー等を顧客の目に触れさせ、認知拡大を図る目的の場合有効です。

具体的にはイベント告知や、リマーケティングが挙げられます。また、クリック率が高そうなキャンペーンの場合、広告費用を抑える意味でも活用できるでしょう。