CVR

CVR

CVRとは、「Conversion Rate」の略で、直訳すると、「コンバージョン率」となります。

Webマーケティングにおいて、コンバージョンは、Webサイト上での購入や申し込み、資料ダウンロードなど、企業側が訪問者にしてほしい行動のことを示しています。

コンバージョン率とは、文字通りコンバージョンした人の割合のことであり、具体的には、

CVR(コンバージョン率)=コンバージョン数/サイト訪問数×100(%)

と計算できます。特にリスティング広告やディスプレイ広告など、広告経由でWebサイトに訪問を促す場合、

CVR(コンバージョン率)=コンバージョン数/クリック数×100(%)

と計算することもあります。

CVRの意味

コンバージョン率は、文字通りには「転換率」を表します。つまり、Webサイトの訪問客が購買をする顧客に転換する割合や、会員登録をする率を指します。 要はそのサイトの目標を達成する割合ということができます。このCVRが高ければ高いほど、サイトによるマーケティング効果が現れていることを意味します。

CVRの計算事例

CVRの計算式からわかることは、CV数が多くなるほどCVRが高くなり、またクリック数が少なくなるほどCVRが高くなるということです。

事例で確認してみましょう。

事例 クリック数 獲得件数(CV) 獲得率(CVR)
1 1000 20 2%
2 1000 50 5%

上記の表の場合、クリック数は同じですが、CV数が事例2の方が多いため、CVRも事例2の方が高くなっています。

事例 クリック数 獲得件数(CV) 獲得率(CVR)
1 1000 20 2%
2 500 20 4%

上記の表の場合、CV数は同じですが、クリック数が事例2の方が少ないために、CVRは事例2の方が高くなっています。