リマーケティング

過去に自社サイトを訪問したり、アプリを利用したことがあるユーザーへ広告配信することができます。一度自社のサイトを訪れたということは少なからず商品・サービスに関心を持った、と捉えることができます。その当時は予算等引かざるを得ない状況だったかもしれないですが、改めて再度アプローチをかけることで自社商品・サービスを思い出してもらいCVに繋がることも珍しくはありません。