リスティング広告のターゲティングを解説。ディスプレイ広告のターゲティングとの違いは?

リスティング広告・ディスプレイ広告のターゲティング

リスティング広告で使うことができるターゲティング機能は、Google広告とYahoo!広告で異なります。また、リスティング広告とディスプレイ広告との間にも違いがあります。

地域、時間帯をはじめとした、Google、Yahoo!のどちらのリスティング広告でも利用可能なターゲティングから、Goolgeでしか利用できないターゲティング、リスティング広告で利用できず、ディスプレイ広告でしか利用ができないターゲティングがあります。

それぞれについてみていきましょう。

リスティング広告の全体像を確認したい方にはまず以下の記事がおすすめです。

Google広告のターゲティングの概要

Googleでは、ディスプレイ広告で利用することができるターゲティングの多くを、検索広告すなわちリスティング広告で利用することができます。

この種類の多さがGoogleリスティング広告のターゲティングの特徴と言えるでしょう。

Google広告のターゲティングは、感覚的に設定できますが、各設定がターゲティングにどのような影響を与えるのか流れをイメージできるとより正確なターゲティングが可能です。

Googleのリスティング広告の場合

[キーワード]>[地域]、[デバイス]、[曜日・時間帯]>[オーディエンス]、[ユーザー属性]

の順でターゲティングをしていると考えるとよいでしょう。

Googleリスティング広告のターゲティング範囲

キーワードとして登録している語句が検索されたとき、

  • 配信対象の地域からの検索か
  • 配信対象の曜日・時間帯での検索か
  • 配信対象のデバイスからの検索か

等の配信設定と合致するかを確かめ、配信設定に含まれると確認ができたうえで、

  • ターゲットとして設定しているユーザー属性からの検索か
  • ターゲットとして設定しているオーディエンスからの検索か

という、「人」条件に合致するかで最終的な判断をしているというイメージです。

Googleのディスプレイ広告の場合

  • 配信対象の「人」
  • 配信対象の「場所」

をそれぞれ決定し、

配信対象の「場所」に配信対象の「人」が訪問した際に広告を掲載しているといった流れをイメージするとよいでしょう。

ある人がサイトに訪問したとき、どのような流れで広告配信の有無が決まるかを見てみましょう。

まずは、

  • 配信地域からのサイト訪問か
  • 配信予定の曜日・時間帯か
  • 配信対象のデバイスからのサイト訪問か

等の配信設定と合致するかを確かめ、配信設定に含まれると確認ができたうえで、

  • 配信対象のオーディエンスか
  • 配信対象のユーザー属性か

の条件に一致するかを確認し、条件を満たす「人」であることを確認します。

Googleディスプレイ広告のターゲティングの流れ

ディスプレイ広告の場合、サイト訪問者の属性だけでなく、「どのようなサイト」か(プレースメント)でもターゲティングすることができます。具体的には、

  • キーワード
  • トピック
  • プレースメント

の情報を用いてプレースメントのターゲティングをします。

ディスプレイ広告では、「どのような人」で、「どのようなサイトに訪問しているか」を条件にターゲティングできることがわかります。

ディスプレイ広告の場合、配信対象の「人」と配信対象の「場所」を設定することでターゲティングを行うというイメージをおわかりいただけたかと思います。

Google広告で利用することができるターゲティング一覧

ターゲティングの種類
検索キャンペーン ディスプレイキャンペーン
キーワード
検索キーワード ×
配信設定
地域
スケジュール(曜日・時間帯)
デバイス
ユーザー属性
年齢
性別
世帯収入
オーディエンスカテゴリ
詳しいユーザー属性 子供の有無
配偶者の有無
教育
住宅所有状況
就業状況
ユーザーの興味や関心、習慣(アフィニティ)
ユーザーが積極的に調べている情報や立てている計画 購買意向の強さ
ライフイベント ×
カスタマーマッチ
ユーザーがお客様のビジネスを利用した方法(リマーケティングと類似ユーザー) リマーケティング
類似ユーザー
カスタムオーディエンス ×
プレースメント
キーワード ×
トピック ×
プレースメント ×

参考:Google広告ヘルプ|オーディエンス ターゲティングについて

Googleの「検索キーワード」ターゲティング

ターゲティングの種類
検索キャンペーン ディスプレイキャンペーン
キーワード
検索キーワード ×

リスティング広告のキーワード設定

検索キーワードを用いたターゲティングは、検索広告のみ可能です。

Googleディスプレイ広告では、「このキーワードを検索したユーザーが訪問したサイトに広告を配信したい」といったターゲティングの仕方はできません。

Googleの「配信設定」ターゲティング

ターゲティングの種類
検索キャンペーン ディスプレイキャンペーン
配信設定
地域
スケジュール(曜日・時間帯)
デバイス

地域

ユーザーの所在地域のターゲティングは、検索広告、ディスプレイ広告ともに可能です。地域ごとに入札単価の調整もすることができます。

参考:Google広告ヘルプ|広告のターゲット地域を設定する

スケジュール(曜日・時間帯)

広告配信のスケジュール、どの曜日の、どの時間帯に広告配信するかの設定も、リスティング広告、ディスプレイ広告ともに可能です。

参考:Google広告ヘルプ|広告のスケジュールを設定する

デバイス

「パソコン」「モバイル」「タブレット」の中で配信設定をしたり、入札単価の調整を行うことができます。

参考:Google広告ヘルプ|モバイル デバイスのターゲット設定

Googleの「ユーザー属性」ターゲティング

ターゲティングの種類
検索キャンペーン ディスプレイキャンペーン
ユーザー属性
年齢
性別
世帯収入

Googleリスティング広告ディスプレイ広告のユーザー属性

年齢

リスティング広告、ディスプレイ広告ともにターゲティングの設定で利用することができます。設定できる年齢は

  • 「18~24」
  • 「25~34」
  • 「35~44」
  • 「45~54」
  • 「55~64」
  • 「65 or more」(65 歳以上)
  • 「Unknown」(不明)

です。

参考:Google広告ヘルプ|年齢によるターゲットを広告グループに追加する

性別

性別も、リスティング広告、ディスプレイ広告とともにターゲティングの設定として利用することができます。

  • 男性
  • 女性
  • 不明

から選択ができ、不明に含まれるユーザーも多いため、性別にこだわりがない場合は追加することをおすすめします。

参考:Google広告ヘルプ|性別によるターゲットを広告グループに追加する

世帯収入

世帯収入によるターゲティングも、リスティング広告、ディスプレイ広告ともに利用することができます。

  • 「上位 10%」
  • 「11~20%」
  • 「21~30%」
  • 「31~40%」
  • 「41~50%」
  • 「下位 50%」
  • 「不明」

これらの階層から選択することが可能です。

参考:Google広告ヘルプ|ユーザー属性ターゲティングについて

Googleの「オーディエンスカテゴリ」ターゲティング

ターゲティングの種類
検索キャンペーン ディスプレイキャンペーン
オーディエンスカテゴリ
詳しいユーザー属性 子供の有無
配偶者の有無
教育
住宅所有状況
就業状況
ユーザーの興味や関心、習慣(アフィニティ)
ユーザーが積極的に調べている情報や立てている計画 購買意向の強さ
ライフイベント ×
カスタマーマッチ
ユーザーがお客様のビジネスを利用した方法(リマーケティングと類似ユーザー) リマーケティング
類似ユーザー
カスタムオーディエンス ×

Googleリスティング広告とディスプレイ広告のオーディエンス設定

詳しいユーザー属性

名前がややこしいですが、「ユーザー属性」のターゲティングには含まれない、「詳しいユーザー属性」はオーディエンスとしてターゲティングの設定をします。

子供の有無

  • 「子供あり」
  • 「子供なし」
  • 「不明」

から選択することが可能です。

参考:Google広告ヘルプ|ユーザー属性ターゲティングについて

配偶者の有無

  • 独身
  • 交際中
  • 既婚

から選択することが可能です。

参考:Google広告ヘルプ|ユーザー属性ターゲティングについて

教育

  • 高校卒
  • 学士号
  • 大学院卒
  • 現役の大学生

から選択することが可能です。

参考:Google広告ヘルプ|ユーザー属性ターゲティングについて

住宅所有状況

  • 住宅所有
  • 賃貸

から選択することが可能です。

参考:Google広告ヘルプ|ユーザー属性ターゲティングについて

就業状況

  • 業種
  • 社員数

から選択することが可能です。

参考:Google広告ヘルプ|ユーザー属性ターゲティングについて

ユーザーの興味や関心、習慣(アフィニティ)

affinity(アフィニティ)は、親和性という意味の英単語です。その名の通り、ターゲットとして親和性の高い興味関心を持つユーザーをターゲティングする設定に用いることができます。

リスティング広告、ディスプレイ広告の両方で使うことができます。

100以上の項目から任意の数選択して、ターゲティングの範囲を広げることができます。

「アート、演劇好き」「料理好き」「ペット好き」といった一般的なカテゴリから、「DIY 派」「音楽好き » ジャズ派」「旅行好き » 雪国派」といったかなり詳細な項目まで取り揃えています。

どのような項目があるかは、公式ページで確認が可能です。

参考:Google広告ヘルプ|アフィニティ カテゴリのターゲティング

ユーザーが積極的に調べている情報や立てている計画

人生の大きな節目に立つ人や、購買に前向きな行動がとられる人は、大きな購買につながりやすい傾向にあります。そのような人をターゲティングします。

購買意向の強さ

リスティング広告、ディスプレイ広告の両方で利用することができます。

「アパレル・アクセサリ」「ビジネスサービス」といった上位カテゴリから、「アパレル・アクセサリ」であれば、「アウター」「ハンドバッグ」、「ビジネスサービス」であれば、「ビジネス金融サービス」「事務用品」のようにサブカテゴリを選択することもできます。

参考:Google広告ヘルプ|購買意向の強いユーザーのターゲティング

ライフイベント

ディスプレイ広告でのみ利用が可能です。

  • マイホームの購入
  • 大学卒
  • 定年退職
  • 引越し
  • 結婚
  • 起業
  • 転職

の上位カテゴリ、それに紐づくサブカテゴリからターゲティングすることができます。

他のオーディエンスと比べると母数が少ないですが、人生の大きな節目として大きな購買や、意思決定が行われる場面であるため、商品訴求のタイミングとしてふさわしいといえます。

参考:Google広告ヘルプ|オーディエンス ターゲティングについて

カスタマーマッチ

オフライン、オンラインで入手した顧客リストを用いてターゲティングを行います。Googleが提供するテンプレートに従ってハッシュ化した顧客情報をインポートし、そのユーザーリストを用いてターゲティングを設定します。

リスティング広告、ディスプレイ広告ともに利用が可能です。

参考:Google広告ヘルプ|カスタマー マッチについて

ユーザーがお客様のビジネスを利用した方法(リマーケティングと類似ユーザー)

すでにWebサイト上で接点を持ったユーザーをターゲティングするのが、「リマーケティング」です。前述した「カスタマーマッチ」のリストや、「リマーケティング」のリストと類似するユーザーをターゲティングする手法は「類似ユーザー」です。

リマーケティング

Google広告のリマーケティングタグを活用してWebサイトに訪問したユーザーを記録し、そのユーザーに対して広告配信をします。

リスティング広告、ディスプレイ広告ともに利用することができます。

特にリスティング広告でのリマーケティングリストを活用したターゲティングのことを「RLSA(Remarketing Lists for Search Ads)」と呼び、費用対効果の高い施策として活用されています。

参考:Google広告ヘルプ|リマーケティングについて

類似ユーザー

既存のリマーケティングリストと類似した属性を持つユーザーをターゲティングすることができます。すでに接点を持った顧客と似たユーザーであるため、コンバージョンへ至る確率が高くなる傾向にあります。

類似ユーザーは、リスティング広告、ディスプレイ広告の両方で利用することができます。

リスティング広告の類似ユーザーの場合、リマーケティングリストのユーザーと似た検索傾向を持つユーザーを検出します。

ディスプレイ広告の類似ユーザーの場合、リマーケティングリストのユーザーと似たサイト閲覧操作を持つユーザーを検出します。

参考:Google広告ヘルプ|検索向けの類似ユーザー機能について

参考:Google広告ヘルプ|ディスプレイ ネットワークでの類似ユーザー機能について

カスタムオーディエンス

もともと「カスタムインテント」「カスタムアフィニティ」と呼ばれていたターゲティングが一緒になった機能です。

  • キーワード
  • URL
  • アプリ

を登録し、

  • 過去指定したキーワードを検索したことがあるユーザー
  • 指定したURLと同様のウェブサイトを閲覧しているユーザー
  • 指定したアプリと同様のアプリをダウンロードしているユーザー

に対してターゲティングすることができます。

いわゆるペルソナのWeb上の行動を指定してターゲティングできる機能です。

Googleの「プレースメント」ターゲティング

プレースメント(placement)は、「場所」という意味の英単語で、広告配信できる「場所」をしているするターゲティングです。リスティング広告の場合、検索エンジンの検索結果(SERP)でしか表示されないため、プレースメントの指定はできません。

ディスプレイ広告のみでプレースメントを指定します。

ターゲティングの種類
検索キャンペーン ディスプレイキャンペーン
プレースメント
キーワード ×
トピック ×
プレースメント ×

Googleディスプレイ広告のプレースメント設定

キーワード

あるキーワードに対して関連性の高いウェブサイトや、そのキーワードに基づいたユーザーの閲覧履歴から広告の配信場所を決定します。

特定のトピックのウェブサイトだけに表示されるわけではないので、幅広いプレースメントターゲティングです。

参考:Google広告ヘルプ|ディスプレイ ネットワーク キャンペーンのキーワードを選択する

トピック

指定したトピックについて記載されているウェブサイトをプレースメントすることができます。キーワードターゲティングと併用している場合、キーワードが優先されます。

キーワードターゲティングとトピックターゲティングの関係性

後述するプレースメントのターゲティングと併用した場合、共通部分に広告配信されます。

キーワードターゲティングとプレースメントターゲティングの関係性

参考:Google広告ヘルプ|トピック ターゲット

プレースメント

特定のプレースメント(ウェブサイト)にのみ広告掲載します。

参考:Google広告ヘルプ|プレースメントを追加、編集、コピーする

Yahoo!広告ターゲティングの概要

Yahoo!広告で利用できるターゲティングも、基本的な考え方はGoogle広告と変わりません。

リスティング広告であれば、キーワードの登録による、検索行動に対するターゲティング、および各種配信設定が可能です。

ディスプレイ広告であれば、広告配信をする人に対するターゲティングと、広告配信を行う場所に対するターゲティングが可能です。

Yahoo!リスティング広告の場合

登録したキーワードを検索しており、かつ配信設定に合致するユーザーに広告配信が可能です。ただし、Google広告のように、興味関心でのターゲティングはできません。

Yahoo!リスティング広告のターゲティングの概要

Yahoo!ディスプレイ広告の場合

Google広告と同じように、広告配信する人と、広告配信する場所を設定し、条件に合致するユーザーに対して広告配信を行います。

Yahoo!ディスプレイ広告のターゲティングの概要

Yahoo!ディスプレイ広告では、リスティング広告で利用できるターゲティングの設定はもちろん、興味関心やプレイスメントでのターゲティングが可能です。

ただし、Google広告では管理画面上から設定することができた、カスタマーマッチ(広告主独自で保有する広告配信対象のリスト)を行うためには、Yahoo!DMP等のデータ連携ツールの利用が必要です。

Yahoo!広告で利用できるターゲティング一覧

ターゲティングの種類 検索広告 ディスプレイ広告(運用型)
キーワード
検索キーワード 〇(登録キーワード) ×
配信設定
曜日・時間帯
デバイス
地域
ユーザー属性
性別 ×
年齢 ×
オーディエンスカテゴリー
インタレストカテゴリ ×
サーチキーワード ×
リターゲティング
プレイスメント
サイトカテゴリー ×
プレイスメント ×
カスタムリスト
カスタムリスト ×

参考:Yahoo!広告ヘルプ|ターゲティングについて

参考:Yahoo!広告ヘルプ|検索広告のターゲティングはどんな種類がありますか?

参考:Yahoo!広告ヘルプ|リストデータを連携してターゲティングを行う

Yahoo!の「キーワード」ターゲティング

Google同様、検索キーワードによるターゲティングは、リスティング広告のみ可能です。Yahoo!ディスプレイ広告では、このキーワードを検索したユーザーに広告配信したいという広告配信の仕方はできません。

ターゲティングの種類 検索広告 ディスプレイ広告(運用型)
キーワード
検索キーワード 〇(登録キーワード) ×

Yahooリスティング広告とディスプレイ広告のキーワード設定

Yahoo!の「配信設定」ターゲティング

Google広告と同じように、「曜日・時間帯」「デバイス」「地域」が配信設定として利用できます。

ターゲティングの種類 検索広告 ディスプレイ広告(運用型)
配信設定
曜日・時間帯
デバイス
地域

Yahoo!リスティング広告ディスプレイ広告の地域・時間帯・曜日・デバイス設定

曜日・時間帯

広告配信のスケジュール、どの曜日の、どの時間帯に広告配信するかの設定は、リスティング広告、ディスプレイ広告ともに可能です。

参考:Yahoo!広告ヘルプ|曜日・時間帯ターゲティング

デバイス

「パソコン」「モバイル」「タブレット」の中で配信設定をしたり、入札単価の調整を行うことができます。

参考:Yahoo!広告ヘルプ|デバイスターゲティングを設定する

地域

都道府県単位、市区町村単位で配信対象を設定することができます。リスティング広告、ディスプレイ広告で利用可能です。

参考:Yahoo!広告ヘルプ|地域ターゲティング

Yahoo!の「ユーザー属性」ターゲティング

Googleの検索広告では、ユーザー属性でのターゲティングが可能でしたが、Yahoo!では、ディスプレイ広告でしか利用することができません。

ターゲティングの種類 検索広告 ディスプレイ広告(運用型)
ユーザー属性
性別 ×
年齢 ×

Yahooリスティング広告とディスプレイ広告のユーザー属性ターゲティング

性別

「男性」「女性」「不明」の3つのカテゴリから性別のターゲティングが可能です。

また、広告の配信実績や、検索履歴などの興味関心情報をもとに推定した性別をもとに広告配信を行う、「推定ユーザー」も利用することができます。

参考:Yahoo!広告ヘルプ|性別ターゲティング

年齢

  • 13歳~14歳
  • 15歳~17歳
  • 18歳~19歳
  • 20歳~21歳
  • 22歳~29歳
  • 30歳~39歳
  • 40歳~49歳
  • 50歳~59歳
  • 60歳~69歳
  • 70歳~
  • 不明

の年齢区分でターゲティングが可能です。広告の配信実績や、検索履歴によって年齢が推定される推定ユーザーにも広告配信することができます。

参考:Yahoo!広告ヘルプ|年齢ターゲティング

Yahoo!の「オーディエンスカテゴリ」ターゲティング

ユーザーの興味関心や検索行動をもとにターゲティングすることができます。また、一度自社サイトに訪問したことがあるユーザーに対して広告配信を行う「リターゲティング(Googleではリマーケティング)」はリスティング、ディスプレイ広告ともに利用可能です。

ターゲティングの種類 検索広告 ディスプレイ広告(運用型)
オーディエンスカテゴリー
インタレストカテゴリ ×
サーチキーワード ×
リターゲティング

インタレストカテゴリ

特定の興味関心を持ったユーザーに対して広告配信することができます。ディスプレイ広告でのみ利用することができます。

何も設定しない場合、ユーザー属性の条件を満たすすべてのユーザーに対して広告配信することができます。

参考:Yahoo!広告|インタレストカテゴリーターゲティング

サーチキーワードターゲティング

ユーザーが過去検索したことがあるキーワードをもとにターゲティングをする機能です。ディスプレイ広告でのみ利用することができます。検索広告の補完的な役割で活用することもできます。

検索履歴の有効期限を「1日以内」「3日以内」「7日以内」「14日以内」「30日間」で設定可能です。

また、有効期間内の検索回数を「1回以上」「2回以上」「3回以上」の中から設定することができます。

参考:Yahoo!広告|サーチキーワードターゲティングの仕組みと設定

リターゲティング

リターゲティング(Googleではリマーケティング)も利用可能です。リスティング広告、ディスプレイ広告ともに利用可能なので、RLSAも実施することができます。

サイトジェネラルタグと、サイトリマーケティングタグをサイト内の全ページの</body>の直前に貼り付けることで利用可能になります。

参考:Yahoo!広告ヘルプ|サイトリターゲティングの基本的な仕組みと設定の流れ

参考:Yahoo!広告ヘルプ|サイトリターゲティングタグの取得とサイトへの設置

Yahoo!の「プレイスメント」ターゲティング

プレイスメントのターゲティングも、Google広告と同様に可能です。特定のカテゴリに属するサイトに広告掲載を行う「サイトカテゴリーターゲティング」と、URLを登録して、一致するプレイスメントにのみ広告配信を行う、「プレイスメントターゲティング」があります。

参考:Yahoo!広告ヘルプ|サイトカテゴリーターゲティング

参考:Yahoo!広告ヘルプ|プレイスメントターゲティング

ターゲティングの種類 検索広告 ディスプレイ広告(運用型)
プレイスメント
サイトカテゴリー ×
キーワード ×
プレイスメント ×

Yahoo!広告のカスタムリスト

Yahoo!DMP等のYahoo!広告とデータ連携ができるツールを活用すれば、自社で蓄積した顧客情報をディスプレイ広告配信に活用することができます。

[自社の顧客情報のリスト]>[Yahoo!DMPに格納]>[ターゲットリスト(カスタムリスト)が作成される]>[ディスプレイ広告にターゲットリストを反映]という流れでカスタムリストを利用することができます。

参考:Yahoo!広告ヘルプ|リストデータを連携してターゲティングを行う

まとめ

Google広告、Yahoo!広告で使うことができるターゲティングには様々種類があり、混乱の種となっています。

  • キーワード
  • 配信設定
  • ユーザー属性
  • オーディエンス
  • プレースメント

でターゲティングができ、それぞれの項目に対して詳細に設定ができるという理解をしておくと、どのような範囲に対して広告配信しているのか見当がつきやすくなります。

ターゲティング機能は随時改変されるので、基本を押さえながら、その変化についていきましょう。

 

また、デジマールでは、リスティング広告運用の無料相談を実施しております。

「リスティング広告を始めてみたい」

「リスティング広告のターゲティングについて詳しく確認したい」

といったリスティング広告のご相談については、「リスティング広告運用代行」をご覧ください。

リスティング広告運用代行

事業会社でSaaSのWebマーケティングに1年間携わったのち、デジマールに入社。TableauとIllustrator勉強中。趣味は料理。

松葉駿平

事業会社でSaaSのWebマーケティングに1年間携わったのち、デジマールに入社。TableauとIllustrator勉強中。趣味は料理。

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら