アフィリエイト広告とは?Web広告の基礎知識

digimarl

1.アフィリエイト広告とは?

アフィリエイト広告とはWebマーケティングの一つで、ブログなどのホームページに貼り付けられている広告のことです。

Webサイトに広告を貼るだけで利益が発生するというわけではなく、そのサイトを見た人がサイトに貼り付けられているアフィリエイト広告を見て、クリックしたり、その後に申込みをしたり、また商品を購入したりすることによって、広告を貼り付けたホームページの管理者に手数料として成果報酬が入るという仕組みになっています。

アフィリエイト広告の特徴は、課金スタイルだという点があります。広告をWebに貼り付けるだけで利益が発生するのではなく、ユーザーが広告をリンクして広告主が希望するアクションを起こした時に、初めて報酬が発生します。

新聞の折り込み広告や雑誌に掲載されている広告などは、掲載してもらう際に費用が掛かります。掲載によってどんな成果を出したかは関係ありません。何万個販売できても、掲載料を追加で支払うということはありませし、逆に1つも販売できなかったとしても、既に支払った掲載料を返金してもらうことはできません。

しかし、アフィリエイト広告は、成果があって初めて報酬が発生する仕組みとなっています。

広告が貼られる場所はWebサイトという共通点はあっても、どんなサイトなのかは多種多様という点もまた、このマーケティング方法の特徴です。

個人のブログに貼ってもらえる場合もあれば、セレブやインフルエンサーなど高い集客力を持つ人達が貼ってくれるかもしれません。どのサイトに自分のアフィリエイト広告が登場するかは、実際に始めてみなければ分かりません。

2.アフィリエイト広告の種類

アフィリエイト広告は、大きく3種類に分類できます。1つ目は、クリック型です。これは貼り付けた広告をクリックするだけで報酬が発生するというもので、クリックの後に商品やサービスが売れたかどうかは関係ありません。クリックするだけで成果報酬が発生するため、単価は最安です。

2つ目は、無料型です。ユーザーがクリックし、その先で資料請求や登録をしたら、その時点で報酬が発生するというものです。資料請求をしたり登録した後に、実際に商品やサービスを購入したかどうかは関係ありません。クリック型よりもハードルが上がるため、単価もクリック型よりも高めです。

3つ目は、有料型です。物販や情報商材など、何を販売しているかは広告によって多種多様ですが、広告をクリックしたユーザーが商品を購入すると、そこで初めて報酬が発生するという仕組みです。広告を貼り付けるWebサイト管理者にとっては、どんな広告を貼るかによってアフィリエイト広告が成功するかどうかが変わります。成約までのハードルが上がるため、単価は3種類のうち最も高くなります。

3.アフィリエイト広告のメリット

Webマーケティングとしてアフィリエイト広告を行う場合、Webサイトに貼り付けてもらうだけでは報酬が発生せず、ユーザーが希望するアクションを起こした時にだけ費用を支払うというメリットがあります。それなりの手ごたえを感じた上で費用を支払えばよいのです。

顧客獲得や集客単価を安く抑えられるというメリットもあります。費用対効果が優秀なので、低コストでビジネスを拡大したい人におすすめです。

4.アフィリエイト広告のデメリット

アフィリエイト広告のデメリットは、広告を貼り付けられるWebサイトを自分で選べないという点があります。意図しないサイトや不適切なサイトに貼り付けられると、自社のブランドにマイナスのイメージとなってしまうリスクがあります。

また、アフィリエイト広告マーケティングの中には、月額使用料がかかるサービスがあります。集客できていないのに使用料だけかかるのでは、出費が増えてしまいます。

逆に、想像以上の成果報酬が出ると、予算以上の出費がかかる可能性もあります。Webマーケティングの予算の上限が決まっている場合には、予算オーバーのリスクがあります。

5.アフィリエイト広告の注意点

アフィリエイト広告は、無限の可能性を秘めたWebを有効活用したマーケティング方法です。国内はもとより、海外にも顧客獲得のビジネスチャンスが広がりますし、何がきっかけで自社のブランドの知名度や人気度が急上昇するか分からないというワクワク感があります。

しかし、利用する際には注意点も理解しておきましょう。例えば、長期間同じアフィリエイト広告を使っていると、ユーザー獲得数が伸び悩む傾向にあります。そのため、常に新しいデザインの広告へと更新する必要があります。

打開策としては、運用において広告を貼り付けるサイトの数を増やすとか、集客やユーザー獲得が見込めるサイトへの掲載を模索するという方法があります。

また、ランキングサイトや比較サイトなどでは、広告枠の場所やスペースによって掛かる広告料が異なります。予算に余裕があれば、広告枠を少しランクアップするのも良いでしょう。良い枠に広告を掲載してもらうことで、集客力や露出度がアップすることも期待できます。


デジマール株式会社では、リスティング広告やSNS広告をはじめとする運用型広告の運用代行を承っております。
また、HubSpotやGoogleアナリティクスを利用した、広告からLTVまでを統合して管理する体制構築も支援いたします。
チャットツールで繋がりながら運用をサポート。ご質問にもすぐに回答いたします。

広告運用のご依頼は以下よりご連絡ください。

【Webマーケティングに関する支援のお問い合わせはコチラ】

digimarl(デジマール)は、マーケティングの戦略立案から実行までを総合的に支援するデジタルマーケティングエージェンシーです。運用型広告を主軸にしたデータドリブンなチームが、リソースが無いお客様部署に代わって、これからのファンと向き合うプロモーションを実現します。

digimarl

digimarl(デジマール)は、マーケティングの戦略立案から実行までを総合的に支援するデジタルマーケティングエージェンシーです。運用型広告を主軸にしたデータドリブンなチームが、リソースが無いお客様部署に代わって、これからのファンと向き合うプロモーションを実現します。

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら