Facebook広告とは?

digimarl

1.Facebook広告とは?

Facebookは全世界で20億人以上が利用している巨大SNSで、数あるSNSの中でも最も多くのユーザー数を誇っています。日本国内でもアクティブユーザー数は2,800万人と日本の人口の1/4の人が利用しており、広告を出す場所としては非常に魅力的な市場と言えます。

Facebook広告は、この巨大市場であるFacebookのページに広告を出すことができるものです。広告の種類も豊富で、Facebookならではのメリットもあり、料金についても課金の方法を自分で自由に設定することができますので、大きな費用対効果を狙うことも可能です。

2.Facebook広告の種類

Facebook広告にはいくつかの種類があり、自由に選択できるようになっています。

リンク広告はもっともポピュラーなものですが、広告にある「詳しくはこちら」などをクリックすると、商品の購入ページや宣伝ページなどの指定のページにユーザーを誘導することのできる広告となります。

画像広告は、画像を用いる事で視覚的にユーザーへ直接訴えかける事ができる広告として人気です。同じタイプの広告として動画広告もあり、商品の宣伝に多く使用されています。複数の画像を次々に表示させることのできるスライドショー広告やカルーセル広告というのもあります。

他にはアプリインストール広告があります。これは近年の広告市場で非常に多くなってきており、その名の通りアプリを宣伝しインストールを促す広告です。広告をクリックするとアプリのダウンロード先ページに誘導する広告となっています。

それ以外にもダイナミック広告やキャンバス広告、コレクション広告など様々な種類のFacebook広告が用意されていますので、広告主の狙いに合う広告が選びやすくなっています。

3.Facebook広告のメリット

Facebook広告のメリットとしては3つ挙げられます。

まず一つは、他SNSを凌駕するターゲティング精度の高さが挙げられます。Facebookが他のSNSと比較して最も有利な点として、正確な登録情報を持っているという点です。Facebookに登録されているアカウントの情報は、名前は基本的に実名での登録であり、年齢や性別、誕生日、出身学校など多くの正確な個人情報が登録されています。

またその人が関心を持っていることや趣味なども分かるため、広告を出す側の設定次第で、広告を届けたい人に届けられるターゲティング精度の高さが大きなメリットで、大きな効果を期待できます。

二つ目は、デバイスを超えた正確なトラッキングです。トラッキングとはいわゆる行動履歴の事ですが、これまでのトラッキングはパソコンやスマートフォンのインターネットブラウザのCookieを利用したものが主流でした。しかしこれはあくまで一人一デバイスの使用を前提とした場合において有効なトラッキングであり、今の時代はパソコン、スマートフォン、タブレットなど一人で複数のデバイスを当たり前のように使用する時代です。

従ってCookieを利用したトラッキングではデバイスが変わってしまえば、同じユーザーであってもトラッキングを紐づける事が出来ず、追跡することが困難でした。これに対し、FacebookはログインIDを利用したアカウント単位の管理を複数デバイスであっても全て同じユーザーIDを使用することから、デバイスを超えたユーザートラッキングが可能となります。

三つ目は、各種購買ステップへのアプローチが可能な点です。人が何かを購入する際には、大きく分けて認知、検討、購入の3つのステップがあります。Facebook広告ではバリエーション豊かな多くの種類の広告が用意されており、それぞれの購買ステップに最適な広告でユーザーへのアプローチが可能となっています。

4.Facebook広告のデメリット

Facebook広告のデメリットとしては、まず一つは仕様変更な新機能の追加などが頻繁な点です。

これは一見するとメリットのようにも見えますが、多くのFacebook広告を扱うようなケースにおいては、単純に仕様変更のたびにメンテナンスする必要が発生するため、手間が増えてしまいます。あまりメンテナンスに時間が取れない方にとってはデメリットとなります。

5.Facebook広告の注意点

Facebook広告で注意すべき点としては、仕様が細かいがゆえに設定を間違えると広告が表示されないという点です。

Facebook広告は細かなターゲティングができ、狙った客層へピンポイントで広告を届けることができる一方、細かく設定して絞り込みをやりすぎてしまうと、広告を表示させる対象ユーザーが少なくなってしまい、結果的に宣伝したい広告がほとんど表示されないといったことが発生する可能性があります。それゆえに、ターゲティングは慎重に行う必要があります。


デジマール株式会社では、リスティング広告やFacebook広告をはじめとする運用型広告の運用代行を承っております。
また、HubSpotやGoogleアナリティクスを利用した、広告からLTVまでを統合して管理する体制構築も支援いたします。
チャットツールで繋がりながら運用をサポート。ご質問にもすぐに回答いたします。

広告運用のご依頼は以下よりご連絡ください。

【Webマーケティングに関する支援のお問い合わせはコチラ】

digimarl(デジマール)は、マーケティングの戦略立案から実行までを総合的に支援するデジタルマーケティングエージェンシーです。運用型広告を主軸にしたデータドリブンなチームが、リソースが無いお客様部署に代わって、これからのファンと向き合うプロモーションを実現します。

digimarl

digimarl(デジマール)は、マーケティングの戦略立案から実行までを総合的に支援するデジタルマーケティングエージェンシーです。運用型広告を主軸にしたデータドリブンなチームが、リソースが無いお客様部署に代わって、これからのファンと向き合うプロモーションを実現します。

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら