Facebook広告・Instagram広告のターゲティングについて解説

Facebook広告のターゲティングについて解説

Facebook/Instagram広告のターゲティングについて解説していきます。

Facebook、Instagram広告には

  • コアオーディエンス
  • カスタムオーディエンス
  • 類似オーディエンス

の3つの種類があります。これらのオーディエンスの詳細と設定方法、設定時の注意点を見ていきます。

 

Facebook広告の全体像から把握したい方はこちらの記事を参照ください。

Facebook/Instagram広告のターゲティングの概要

Facebook/Instagram広告でターゲティングを行ことは、広告を配信するオーディエンスを決めることと同義です。

オーディエンスの種類と特徴を把握することで、Facebook/Instagram広告のターゲティングを理解することができます。

Facebook/Instagram広告のオーディエンスの作成方法

Facebook/Instagram広告のオーディエンスは、オーディエンスマネージャから作成可能です。

[すべてのツール]>[オーディエンス]を選択

 

Facebook広告のオーディエンスマネージャ

 

[オーディエンスを作成]をクリックし、作成したいオーディエンスの種類を選択

オーディエンスの作成画面が表示されます。

Facebook広告のオーディエンスマネージャでオーディエンスを作成

Facebook広告のオーディエンス作成画面

各項目で必要事項を入力し、保存すればオーディエンスは完成です。

Facebook/Instagram広告のオーディエンスの種類

Facebook/Instagram広告のオーディエンスの種類を一覧にすると、以下のようになっています。

 

コアオーディエンス 地域
年齢
性別
言語
詳細ターゲット設定 利用者層
興味・関心
行動
カスタムオーディエンス 自分のソース ウェブサイト
アプリアクティビティ
カスタマーリスト
オフラインアクティビティ
Facebookのソース 動画
リード獲得フォーム
インスタントエクスペリエンス
ショッピング
Instagramアカウント
イベント
Facebookページ
類似オーディエンス カスタムオーディエンス
カスタマーバリューを元にしたカスタムオーディエンス

 

Facebook/Instagram広告のオーディエンスは

  • コアオーディエンス
  • カスタムオーディエンス
  • 類似オーディエンス

全部で3種類あります。

コアオーディエンスは、Facebook/Instagramユーザーの属性や、興味・関心が軸となるオーディエンスです。Facebookで登録された情報や、行動履歴をもとにターゲティングが行われます。

カスタムオーディエンスは、自社保有のデータや、Facebookピクセルで取得したデータ、Facebook/Instagram上での行動データが軸となるオーディエンスです。顧客情報や、Facebook上での自社とのかかわり方をもとにターゲティングが行われます。

類似オーディエンスを使うと、Facebookピクセルで取得したユーザーデータや、直接アップロードしたユーザーデータをもとに、それらのユーザーに類似するユーザーをターゲティングすることができます。

Facebook/Instagram広告のオーディエンスの仕組み

Facebook/Instagram広告のオーディエンスは、

「カスタムオーディエンス」OR「類似オーディエンス」に含まれるユーザーで「コアオーディエンス」の条件を満たすユーザー

が設定されます。

Facebook広告のオーディエンスの仕組み

それぞれのオーディエンスの詳細を見ていきます。

コアオーディエンス

コアオーディエンス 地域
年齢
性別
言語
詳細ターゲット設定 利用者層
興味・関心
行動

 

コアオーディエンスは、Facebookで登録しているユーザー情報や、Facebook/Instagram上の行動履歴を軸に作成できるオーディエンスです。

Facebookは実名登録ゆえに、正確な利用者の属性情報が蓄積されています。そのデータを用いてターゲティングできるのが、Facebook/Instagram広告の大きな魅力です。

地域

日本の場合、国、都道府県、市区町村、郵便番号で該当地域を指定することができます。設定した地域によっては、当該の市区町村のみか、半径何kmを含むか、任意の範囲を選択できる場合があります。

Facebook広告の地域ターゲティング

 

地域ターゲティングは、4つの種類があります。

Facebook広告の地域ターゲティングの種類

  • この地域に住んでいる人、または最近のこの地域にいた人
  • この地域に住んでいる人
  • 最近この地域にいた人
  • この地域を旅行中の人

の4種類です。位置情報をもとにこれらの区分を識別していると考えられます。オフラインのビジネスの場合や、直接訪問できる範囲をターゲット地域としたい場合には、「この地域に住んでいる人、または最近のこの地域にいた人」や「この地域に住んでいる人」を設定するとよいでしょう。

参考:Facebookビジネスヘルプセンター|詳細ターゲット設定について

参考:Facebookビジネスヘルプセンター|地域によるターゲット設定を使用する

 

年齢

対象となる年齢を設定します。

Facebook広告の年齢ターゲティング

Facebookの最小利用可能年齢は13歳です。Facebook広告では、13歳から64歳まで、1歳刻みでターゲティング設定できます。これは、Facebook広告が実名登録だからこそ実装できる機能です。

65歳以上は、「65+」という表記で、65歳以上のユーザーが全員ターゲティングされます。

参考:Facebookビジネスヘルプセンター|年齢に基づくターゲット設定について

性別

広告配信の対象となる性別を選択します。

  • すべて
  • 男性
  • 女性

の3種類から選択することができます。

参考:Facebookビジネスヘルプセンター|年齢と性別

言語

日本に在住の英語を話すFacebook/Instagramユーザーのように、地域のターゲティングだけでは捉えきれない条件を、言語のターゲティングにより設定することができます。

Facebook広告の言語ターゲティング

言語設定を行うと配信対象の減少につながるため、その地域で一般的に用いられる言語の話者(例えば、日本に住む日本語を話すユーザー)をターゲットとする場合は、設定が推奨されていません。

詳細ターゲット設定

詳細ターゲット設定は、ユーザーの設定情報や行動履歴をもとに、詳細なターゲティングが行える機能です。

Facebook広告の詳細ターゲット設定

大カテゴリー、中カテゴリー、小カテゴリーで分かれた、既定のユーザー属性はもちろん、自由記述で既定では選択できない項目を用いてターゲティングを行うこともできます。

以下はターゲティングに利用できる条件の一覧です。実際は中カテゴリーの下に数多くの項目が続きます。こんなターゲティングもできるのかと驚くような設定もあるので、確認してみてください。

 

大カテゴリー 中カテゴリー
利用者層 学歴
ファイナンス
ライフイベント
子供がいる人
交際
仕事
興味・関心 スポーツ・アウトドア
テクノロジー
ビジネス・業界
フィットネス・ウェルネス
レジャー施設
家族と交際関係
買い物・ファッション
趣味・アクティビティ
食品・飲料品
行動 Soccer
その他カテゴリ
デジタルアクティビティ
モバイルデバイスユーザー
デバイスの使用期間
政治
旅行
海外駐在者
消費者の分類
記念日
購入行動

 

なお、各ユーザーがどのオーディエンスに属するかは、以下のような指標によって決定されています。

  • クリックした広告
  • やり取りしたページ
  • デバイスの利用や旅行の好みなどに関わるFacebook上でのアクティビティ
  • 年齢、性別、所在地などの利用者層データ
  • 使用しているモバイルデバイスとネットワークの接続速度

参考:Facebookビジネスヘルプセンター|詳細ターゲット設定について

参考:Facebookビジネスヘルプセンター|詳細ターゲット設定を使用する

参考:Facebookビジネスヘルプセンター|詳細ターゲット設定のベストプラクティス

カスタムオーディエンス

カスタムオーディエンスは、自社保有のデータや、Facebookピクセルで取得したデータ、Facebook/Instagram上での行動データをもとに作成できるオーディエンスです。

 

カスタムオーディエンス 自分のソース ウェブサイト
アプリアクティビティ
カスタマーリスト
オフラインアクティビティ
Facebookのソース 動画
リード獲得フォーム
インスタントエクスペリエンス
ショッピング
Instagramアカウント
イベント
Facebookページ
Facebook上の出品

 

全部で12種類のデータソースからオーディエンスを作成することができます。

ウェブサイトカスタムオーディエンス

ウェブサイトカスタムオーディエンスは、自社サイトの訪問者をターゲティングするために利用します。いわゆるリマーケティングです。

Facebook/Instagramの利用者とFacebookピクセルが埋め込まれたウェブサイトの訪問者を照合し、双方に当てはまるユーザーが含まれます。

Facebook広告のウェブサイトカスタムオーディエンス設定画面

ソース

ソースの項目では、どのFacebookピクセルの情報を扱うかを選択します。

イベント

どのようなユーザーをオーディエンスに含めるか、

  • ウェブサイトにアクセスしたすべてのユーザー
  • 特定のウェブページにアクセスした人
  • ウェブサイトに滞在した時間別のビジター

から選択することができます。

「ウェブサイトに滞在した時間別のビジター」は、滞在時間が「上位5%」「上位10%」「上位25%」に含まれるユーザーのオーディエンスを作成できる機能です。

リテンション

リテンション(retention)は、維持や保持といった意味の英単語です。その意味の通り、1度ウェブページに訪問したユーザーを何日間ウェブサイトカスタムオーディエンスに保持しておくかの設定を行います。

最長180日まで設定が可能です。

参考:Facebookビジネスヘルプセンター|ウェブサイトカスタムオーディエンスについて

アプリアクティビティカスタムオーディエンス

アプリアクティビティカスタムオーディエンスは、Facebook SDK(Software Development Kit)を設定したアプリ内で特定のアクションを行ったユーザーのオーディエンスを作成します。

例えば、過去30日以内にアプリ内で、特定のレベルを達成した人、支払い情報を登録した人、アプリ内購入を行った人、チュートリアルを完了した人などをオーディエンスとして設定することができます。

参考:Facebookビジネスヘルプセンター|アプリアクティビティカスタムオーディエンスを作成する

参考:Facebookビジネスヘルプセンター|SDKを実装する

カスタマーリストカスタムオーディエンス

カスタマーリストとは、自社で持っている顧客情報のリストのことです。このカスタマーリストと、Facebookでの登録情報を照合し、一致するユーザーをオーディエンスに設定することができます。

Facebook広告のカスタマーマッチオーディエンス

データはcsvかtxtの形式でアップロードします。

カスタマーリスト_テンプレート

  • メールアドレス
  • 電話番号
  • モバイル広告主ID
  • FacebookアプリユーザーID
  • FacebookページユーザーID

のうちどれかが必須です。これらに加えて、

  • 市区町村
  • 都道府県
  • 郵便番号
  • 誕生日
  • 誕生年
  • 性別
  • 年齢

これらの情報を任意でアップロードし、Facebookでの登録情報と照合して、一致したユーザーがオーディエンスに追加されます。以下のような形式です。

 

email phone dob gen age
a@example.com 0901112222 1970-01-01 F 51
b@example.com 0903334444 1990-01-01 M 31
c@example.com 0905556666 2000-01-01 M 21

 

アップロードする情報が多いほどマッチ率が向上し、より多くのユーザーをオーディエンスに取り込むことができます。

また、アップロードするファイルにカスタマーバリュー列を追加すると、カスタマーバリューを元にした類似オーディエンスを作成する際に利用できます。

各項目と アップロードするファイルの列ヘッダーの対応は以下です。

 

列ヘッダー 値の例
メールアドレス email Emily@example.com
電話番号 phone 090123456
モバイル広告主ID madid Appleの広告ID(IDFA)
FacebookアプリユーザーID appuid 1234567890
FacebookページユーザーID pageuid 1234567890
fn 左藤
ln 太郎
市区町村 ct 品川区
都道府県 st 東京都
country JA
郵便番号 zip 1410051
誕生日 dob yyyy-mm-dd
誕生年 doby 1998
性別 gen M/F
年齢 age 22
カスタマーバリュー value 10

 

参考:Facebookビジネスヘルプセンター|カスタマーリストのカスタムオーディエンスを使用する

オフラインアクティビティカスタムオーディエンス

オフラインアクティビティをアップロードすることで、そのアクティビティを行ってから指定期間内のユーザーのオーディエンスを作成することができます。

オフラインイベントをアップロードするには、

[すべてのツール]>[イベントマネージャー]からイベントマネージャを開き、

 

Facebook広告でイベントマネージャーを選択

 

[イベントをアップロード]をクリックしてアップロードします。

 

Facebook広告のイベントマネージャ

Facebook広告でオフラインイベントをアップロード

カスタマーリストと同様、ユーザーの様々な情報に加えて、オフラインでの購入情報について羅列したcsv、txtファイルをアップロードします。

列ヘッダー 値の例
メールアドレス email Emily@example.com
電話番号 phone 090123456
モバイル広告主ID madid Appleの広告ID(IDFA)
FacebookアプリユーザーID appuid 1234567890
FacebookページユーザーID pageuid 1234567890
fn 左藤
ln 太郎
市区町村 ct 品川区
都道府県 st 東京都
country JA
郵便番号 zip 1410051
誕生日 dob yyyy-mm-dd
誕生年 doby 1998
性別 gen M/F
年齢 age 22
イベント名 event_name Purchase
イベント発生日時 event_time 2019-03-26T18:28:00Z
金額 value 1,500
通貨 currency JPY

 

オフラインイベントアップロードファイルのテンプレート

 

参考:Facebookビジネスヘルプセンター|オフラインイベントデータをアップロードする

 

オフラインアクティビティカスタムオーディエンスの作成画面では、「ソース」と「イベント」、「リテンション」を設定します。

Facebook広告のオフラインアクティビティカスタムオーディエンスの設定画面

「イベント」の項目では、オフラインイベントをアップしたファイルの「event_name」列に記載されているイベントの中でどれに該当するユーザーをオーディエンスに含めるかを設定します。

参考:Facebookビジネスヘルプセンター|オフラインイベントを使用してカスタムオーディエンスと類似オーディエンスを作成する

Facebookソースのカスタムオーディエンス

Facebookでのエンゲージメント行動をもとにカスタムオーディエンスを作成することもできます。すでに自社と何らかのつながりを持ったユーザーであるため、広告への反応もよいことが予想されます。

動画エンゲージメントカスタムオーディエンス

動画を1つ選択し、その動画を

  • 3秒以上再生した人
  • 10秒以上再生した人
  • 再生を完了した人、もしくは15秒以上視聴した人(ThruPlay)
  • 25%まで再生した人
  • 50%まで再生した人
  • 75%まで再生した人
  • 95%まで再生した人

のオーディエンスを作成することができます。

参考:Facebookビジネスヘルプセンター|動画の再生からエンゲージメントカスタムオーディエンスを作成する

リード獲得フォーム

リード獲得フォームを1つ選し、

  • フォームを開いた人
  • フォームを開いたが、送信しなかった人
  • フォームを開いて、送信した人

のオーディエンスを作成することができます。

参考:Facebookビジネスヘルプセンター|リード獲得フォームからカスタムオーディエンスを作成する

インスタントエクスペリエンスカスタムオーディエンス

インスタントエクスペリエンスは、ユーザーが広告をクリックすると全画面で開く広告フォーマットのことです。

インスタントエクスペリエンスを選択し、

  • インスタントエクスペリエンスを開いた人
  • インスタントエクスペリエンス内のリンクをクリックした人

のオーディエンスを作成することができます。

参考:Facebookビジネスヘルプセンター|インスタントエクスペリエンスについて

参考:Facebookビジネスヘルプセンター|インスタントエクスペリエンスからエンゲージメントカスタムオーディエンスを作成する

ショップカスタムオーディエンス

Facebook、Instagramのショップを持っている場合、ショップページでのユーザーの行動に応じたオーディエンスを作成することができます。

  • 商品を見た人
  • 商品を見てウェブサイトに移動した人
  • 商品を保存した人
  • ショップページを見た人
  • ショップのコレクションを見た人
  • カートに商品を追加した人
  • いずれかの商品のチェックアウトを開始した人
  • いずれかの商品を購入した人

これらのユーザーのオーディエンスを作成することができます。

参考:Facebookビジネスヘルプセンター|Facebookショップについて

Instagramカスタムオーディエンス

アカウント連携をしているInstagramアカウントを1つ選択し、そのアカウントでの行動をもとにオーディエンスを作成することができます。

  • プロアカウントにアクションを実行したすべての人
  • プロアカウントのプロフィールにアクセスしたすべての人
  • 投稿または広告でアクションを実行した人
  • 投稿または広告を保存した人

これらのユーザーのオーディエンスを作成することができます。

参考:Facebookビジネスヘルプセンター|Instagramビジネスプロフィールから、エンゲージメントカスタムオーディエンスを作成する

イベントカスタムオーディエンス

Facebook上で作成したイベントに対して何らかのアクションをしたユーザーに対して広告配信することができます。

  • 参加予定または興味ありと回答した人
  • 参加予定と回答した人
  • イベントページを見た人
  • アクションを実行した人
  • チケットの購入フローに進んだ人
  • チケット購入済みの人
  • チケットの購入フローから離脱した人

これらのユーザーのオーディエンスを作成することができます。

参考:Facebookイベントカスタムオーディエンス|イベントカスタムオーディエンスについて

Facebookページカスタムオーディエンス

Facebookページで何かしらのアクションを取った人のオーディエンスを作成することができます。

  • 現在のページに「いいね!」またはフォローしている人
  • ページでアクションを実行したすべての人
  • ページにアクセスした人
  • 投稿または広告でアクションを実行した人
  • コールトゥアクションボタンをクリックした人
  • ページまたはその投稿を保存した人

これらのユーザーのオーディエンスを作成することができます。

参考:Facebookビジネスヘルプセンター|イベントカスタムオーディエンスについて

類似オーディエンス

類似オーディエンスは、ソースとなるカスタムオーディエンスを選択し、そのオーディエンスと似た特徴を持つユーザーからなるオーディエンスです。

すでに自社と接触している、あるいは自社の商品・サービスを購入しているユーザーと類似したユーザーであるため、高い広告効果が期待できます。

Facebook広告の類似オーディエンスの作成方法

類似オーディエンスのソースオーディエンス

ソースオーディエンスには、「バリューベースのカスタムオーディエンス」か「その他のカスタムオーディエンス」を設定することができます。

「バリューベースのカスタムオーディエンス」を設定した場合、例えば購入金額や顧客生涯価値(LTV)などのバリューが高いユーザーを重要視して類似オーディエンスが作成されます。

「その他のカスタムオーディエンス」を設定した場合、設定したカスタムオーディエンスと類似した特徴を持つユーザーのオーディエンスが作成されます。

参考:Facebookビジネスヘルプセンター|ソースオーディエンス

ターゲット地域

類似オーディエンスの絞り込み要素として、ターゲット地域を選択することができます。任意項目です。

オーディエンスのサイズ

ソースオーディエンスとの類似度を1%から10%で選び、類似オーディエンスのサイズを変更することができます。類似度は1%から開始し、想定の成果が出た場合に類似度を緩めることが推奨されています。

参考:Facebookビジネスヘルプセンター|類似オーディエンスについて

オーディエンスの設定方法

最後に、作成したオーディエンスを広告作成で使う方法を見ていきます。広告の配信対象とするオーディエンスは、広告セットごとに設定します。

コアオーディエンスの設定方法

コアオーディエンスは、広告セットの作成時に設定可能なため、事前にオーディエンスとして作成する必要はありません。

Facebook広告の広告セットのオーディエンス

ただし、よく使うコアオーディエンスの設定は、「保存済みオーディエンス」を作成することで使いまわすことができます。複数の広告セットで使っている設定があれば、保存済みオーディエンスの作成を検討してもよいでしょう。

参考:Facebookビジネスヘルプセンター|保存済みのオーディエンスを使用する

カスタムオーディエンスと類似オーディエンスの設定方法

カスタムオーディエンスと、類似オーディエンスは、[カスタムオーディエンス]の項目から選択します。

Facebook広告のカスタムオーディエンスの設定

すでに作成済みのカスタムオーディエンスと類似オーディエンスを設定することができます。

設定したオーディエンスの概要を確認する

広告セットでオーディエンスを作成したら、オーディエンスの概要を確認してみましょう。

以下はデジマールのFacebookページに「いいね!」あるいはフォローしたユーザーの類似オーディエンスの概要です。コアオーディエンスには何も設定していません。

Facebook広告のオーディエンスのバロメータ

バロメータが真ん中を指しており、適切なオーディエンスサイズであると分かります。

次に、デジマールのFacebookページに「いいね!」あるいはフォローしたユーザーの類似オーディエンスのうち、「東京都在住の20~29歳の女性で、IT業界に勤めるオンライン広告に興味のある人」をターゲティングに設定してみます。

Facebook広告のオーディエンス設定

条件が狭くなった分、オーディエンスのボリュームも大きく減ってしまったことがわかります。

Facebook広告のオーディエンスのバロメータ

基本的にバロメータが赤部分を指している場合、望むような成果を得ることはできません。コアオーディエンスの条件を緩めるか、カスタムオーディエンス、類似オーディエンスの大きさを大きくする必要があります。

Facebook/Instagram広告のオーディエンスは、

「カスタムオーディエンス」OR「類似オーディエンス」に含まれるユーザーで「コアオーディエンス」の条件を満たすユーザー

が設定されることを改めて確認しておきましょう。

Facebook広告のオーディエンスの仕組み

まとめ

Facebook、Instagram広告のターゲティングの種類と設定方法について見てきました。

Facebook、Instagram広告には

  • コアオーディエンス
  • カスタムオーディエンス
  • 類似オーディエンス

の3つの種類があります。これらを駆使して自社のビジネスと親和性が高いユーザーをターゲティングすることができます。

Facebook、Instagram広告のターゲティングは、広告セットで設定します。保存済みオーディエンスを作成すれば、よく使うオーディエンス設定を使いまわすことができます。

オーディエンスを絞り込むほど反応率の高いユーザーにリーチする可能性が高まります。しかし、あまりに母数が少ないと期待するリーチ、クリック、コンバージョン数が得られない可能性もあります。

まずは小さなオーディエンスで始めてみて、徐々にオーディエンスの条件を緩めたり、類似オーディエンスの類似度を広げたりして、配信対象を拡大することで無理なく規模を拡大していくことができます。

事業会社でSaaSのWebマーケティングに1年間携わったのち、デジマールに入社。TableauとIllustrator勉強中。趣味は料理。

松葉駿平

事業会社でSaaSのWebマーケティングに1年間携わったのち、デジマールに入社。TableauとIllustrator勉強中。趣味は料理。

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら