リスティング広告のシミュレーションをキーワードプランナーで作成する方法

リスティング広告の成果をキーワードプランナーでシミュレーションする方法

Google広告では、キーワード選定に便利な「キーワードプランナー」というツールが提供されています。キーワードプランナーは、

「どの様なキーワードに出稿すると予算内で目標達成できるだろうか」

「出稿したいキーワードはイメージできたけれど、目標達成にはどれくらいの予算が必要なのだろうか」

といったリスティング広告出稿前の疑問解消に役立ちます。

キーワードプランナーを用いたリスティング広告のシミュレーション方法を見ていきましょう。

 

リスティング広告について、基礎を知りたい方は「リスティング広告とは?」の記事をご覧ください。

※本記事は、Googleパートナー・Yahoo!認定パートナーである、デジマール株式会社が執筆・監修しているものです。

キーワードプランナーとは

キーワードプランナーは、Google広告が提供しているツールの1つです。

新しいキーワードを探したり、キーワードごとの検索ボリュームやクリック単価といったパフォーマンスを調査したり、出稿を検討しているキーワードをもとに配信結果をシミュレーションしたりといった多様な使い方が可能です。

Googleキーワードプランナー

 

キーワードプランナーを用いて配信結果をシミュレーションする

キーワードプランナーを用いて、配信結果をシミュレーションする流れを見ていきます。なお、アカウントによりキーワードプランナーの数値が異なる場合があります。

今回は企業向けの経費精算ソフトを販売する会社を想定し、

  • 「経費精算システム」
  • 「経費精算ソフト」
  • 「経費精算アプリ」

といったキーワードで出稿した場合のシミュレーションをしていきます。

シミュレーションするキーワードを登録する

キーワードプランナーを開いたら、[検索のボリュームと予測のデータを確認する]の項目をクリックします。

検索のボリュームと予測のデータを確認する

次に先ほどのキーワードを登録します。[開始する]をクリックすると、キーワードプランが表示されます。

キーワードプランナーにキーワードを登録する

キーワードプランを確認する

キーワードプラン

キーワードプランには、月間平均検索ボリュームや、広告の入札単価などが掲載されています。例えば、

  • 「経費精算システム」
  • 「経費精算ソフト」
  • 「経費精算アプリ」

であれば、「経費精算システム」が最も表示回数が多いと分かります。

シミュレーションを作成する

キーワードプランナーでは、各キーワードのクリック単価だけでなく、予算額に応じた成果予測、すなわち配信シミュレーションを確認することができます。

[予測]の項目をクリックすると、登録したキーワードで広告配信した場合の1ヶ月あたりの成果を確認することができます。

キーワードの配信予測をシミュレーションする

 

以下のような項目でレポートが作成されます。

 

 

キーワードプランナーのシミュレーション

 

上記のレポートは様々な部分を調整することができ、より想定に近い数値を算出することができます。具体的には、

  • 1日の平均予算
  • コンバージョン率
  • コンバージョン値

などを調整可能です。

シミュレーションの各項目を調整する

1日の平均予算を調整する

キーワードプランナーのシミュレーションで1日の予算を変更

 

1日の予算は上記の項目で変更可能です。費用は1か月の合計金額として算出されます。例えば1日の平均予算を2,400円から10,000円に変更してみます。

すると、費用の項目や、コンバージョン数、コンバージョン単価などの数値も変更されていることがわかります。これらは全て自動で算出されます。

 

キーワードプランナーのシミュレーションで1日の予算を変更

コンバージョン率を変更する

過去の配信結果からコンバージョン率がわかっている場合や、算出に用いるコンバージョン率が高い、低いと感じる場合は、コンバージョン率の項目を変更します。

キーワードプランナーのシミュレーション

 

現在コンバージョン率は1.64%に設定されていますが、2.5%にまで上げてみましょう。同じ予算ですが、15件から23件にコンバージョン数が増えていることが確認できます。

 

キーワードプランナーのシミュレーションでコンバージョン率を変更

 

目標コンバージョン数に必要な1日の平均予算を知る

目標のコンバージョン数がわかっているときは、グラフ内の点をその数値まで移動させることで、適正な1日の平均予算を算出することができます。

現在1日の平均予算1万円、コンバージョン数15件の位置に点があります。

 

キーワードプランナーのシミュレーション

 

この点をコンバージョン数30件の位置に移動させ、必要な1日の平均予算の予測を確認します。

キーワードプランナーのシミュレーションでグラフを移動

 

コンバージョン数が30件、1日の平均予算が3.8万円、費用が110万円に増えていることが確認できます。コンバージョン率をより低く設定すれば目標とするコンバージョン数に対してより多くの費用がかかり、逆にコンバージョン率が高ければより少ない費用で目標のコンバージョン数を獲得できるといったことも確認できます。

まとめ

クリック単価や広告費用がわかれば、簡単なシミュレーションは作成可能です。しかし、予算を投入することで広告の効果が段々と低くなる(逓減する)ことも考慮した場合、シミュレーションの結果はより複雑になるはずです。

Google広告のキーワードプランナーのシミュレーションを使えば、正確とまではいかなくとも、想定しているキーワードには予算を使い切るポテンシャルがあるのか、広告効果が低くなり始める予算額はいくらからなのか目星をつけることができます。

予算額や入札するキーワードを決定する材料としてキーワードプランナーを活用していきましょう。

事業会社でSaaSのWebマーケティングに1年間携わったのち、デジマールに入社。TableauとIllustrator勉強中。趣味は料理。

松葉駿平

事業会社でSaaSのWebマーケティングに1年間携わったのち、デジマールに入社。TableauとIllustrator勉強中。趣味は料理。

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら