hubspotのcmsツールの特徴とメリットとは?

松葉駿平

cmsとは「Contents Manegement System」の略で、ホームページやブログなどのコンテンツを作り、運用管理していくためのツールです。WebサイトはHTMLやJavaScriptなどのプログラミング言語を作って作られますので、知識がない人にはサイトを作るのは難しいものがあります。

しかし、こうしたcmsでは、ユーザーが文章を入力したり画像を挿入したりした上で、メニューボタンをクリックするだけで書式設定できるようにしていることがほとんどです。そのため、基本的な構成であれば、プログラミング言語をほとんど知らなくてもホームページやブログを作れるというわけです。とても簡単にコンテンツを構築でき、wordを編集できるくらいのスキルがあれば、立派なサイトやブログを作れるようになります。こうしたcmsはとても便利で、多くのブロガーや企業が使っています。有名なものとしてはWordpressがあります。

hubspotのCMS機能について

hubspotにもcmsが組み込まれていて、自社サイトやブログを簡単に作れるようになっています。hubspotは顧客管理をメインとして、そのシステムと連動させて様々なオンラインマーケティングを支援するためのツールです。オンラインマーケティングでは、ホームページやブログというのは非常に重要にメディアとなります。そのため、インバウンドマーケティング全般を支援するためのシステムとして、hubspotにもcmsが入っているのです。

しかも、hubspotのcmsは、メイン機能となる顧客管理システムに伴う、いわばおまけのようなものではありません。かなり充実した機能を搭載していて、本格的なコーポレートサイトを作れるだけのスペックを持っています。それでいて、複雑な操作が求められるわけではなく、シンプルに使えるのが特徴です。前述のように、wordを使える人であれば、すぐに操作に慣れてサイトを構築できると言っても良いくらいです。こうした優れたポイントがあるため、ビジネス用のcmsとして高い評価を受けていて、世界的なコンテストでトップの評価を与えられているほどです。

【CMSの使い方】

hubspotは、会社情報を登録すれば無料で使えるCRMツールがコアとなっています。その無料ツールにもcmsのパーツが入っています。最初の無料バージョンをダウンロードすると、管理画面の中にコンテンツを新規作成するメニューがありますので、そこからブログもしくはホームページを作り始められます。

ページの編集管理画面としては、文章を入力する大きめの欄があり、そこにテキストを挿入します。見出しを付けたり、文字を強調したりしたい時には、それぞれの書式に相当するボタンをクリックすることで自由に変更を加えられます。画像を加えたり、動画を挿入したりする場合も、やはりメニューボタンをクリックして、保存してあるイメージなどを選んでアップするだけです。

こうした無料バージョンに組み込まれているcmsから、さらに高度な機能を使いたい時には、CMS Hubという追加ツールを導入することができます。CMS Hubは有料となっていて、スペックの異なる2つの異なるプランが設けられています。

具体的には、「Professional」プランというものがあり、豊富なテンプレートが用意されていて、デザインや機能の異なるサイトを簡単操作で構成することができます。また、多言語コンテンツに対応しているため、グローバル企業にも適用できるのが強みです。

チャットボットを挿入したり、SEO対策についてのアドバイスをしてくれたりするなど、よりトラフィックを増加させるためのサポートも充実しているのが特徴です。また、レポート機能もしっかりしていて、改善策を検討するためのデータを気軽に手に入れられます。セキュリティー面でも策が講じられていて、常時監視体制と脅威の検出ができるようになっています。常時SSL化される機能も搭載されていますので、自社サイトを安全のうちに稼働させるのに役立ちます。

上位プランとなる「Enterprise」では、さらに高度な機能が搭載されています。たとえば、カスタムオブジェクトが利用できるようになり、サイト内におけるウエブアプリを構築するのに役立ちます。また、作業環境を向上させるためにチームの階層化を実施したり、パーティション化を実行したりできます。大規模なサイトを複数の担当者やチームで分担して制作したり運用したりする時にとても便利で、効率的な作業ができるように助けてくれます。

ECサイトにしたいと考えている企業にも役立つツールがたくさん搭載されています。たとえば、複数の通貨に対応した決済プログラムが用意されていますので、特に専用の決済アプリを入れなくても、hubspotだけで使いやすい決済システムを挿入できるわけです。

このように、hubspotではcmsをそれぞれの企業の必要に応じて使えるという特徴があります。シンプルなサイトやブログで良ければ、無料バージョンだけで構築ができます。一方で、さらに高度な機能が欲しい時にはCMS Hubのプランを選択して導入でき、無駄なコストをかけずに、本当にニーズに適ったツールだけを手に入れられます。高度な機能についても、ドラッグアンドドロップによる直感的な操作ができる仕組みとなっていて、シンプルに作業をしていけます。全体的にとても操作性が良く、サクサクと作っていけるのが特徴と言えます。

hubspotのCMSを使うメリットとは?

たくさんのcmsがある中でも、hubspotはとても使いやすく機能性にも優れていますので、このツールを選ぶメリットは大きいです。cmsは必要に応じて移管することができるとは言え、変更作業は面倒でもありますので、できるだけ最初から最も使いやすいものを選んで使うことが重要です。hubspotならではのメリットを知り、cms選びの検討をする際の基準とすることで、より良い選択ができるようになります。

初心者でもコンテンツを作りやすい

hubspotが世界中の多くの人に利用されている大きな理由の一つは、その操作性の高さにあります。非常にたくさんの機能が搭載されていますが、初めて触る人でも楽に編集できるのが強みです。実際に作業をする人の視点に立って、メニューが組み込まれています。サイトを構築するための手順と同じ流れでメニューが作られていて、一つの操作をすると、次の必要な操作に行けるように作られているのです。また、何らかの書式の変更をすると、それがすぐにプレビューで反映されますので、仕上がりイメージを常に確認しながら、より見やすくデザイン性に優れたページを作れるのもメリットです。しかも、いろいろな選択肢をメニュー項目の欄から直接確認できるため、そこから選んで適用するだけでいろいろな変更を加えられるというのも便利です。

顧客管理システムとの連携が優れている

元々インバウンドマーケティング用ツールとして開発されていて、顧客管理をメイン機能としています。そのため、コーポレートサイトを作り、運用していくに当たって、様々なデータを顧客データと関連させながら作業していけるようになります。後述しますが、問い合わせフォームをサイト内に設置して、そこから集まるコメントやユーザー情報などを、顧客管理情報と関連付けて蓄積、管理できるようになります。

また、コミュニケーションツールをページの中に埋め込んで、すぐに使用できます。これらのツールもCRMと関連させて、顧客リストの中からデータを確認しながら会話をすることもできるようになります。もちろん、ユーザー登録をしてもらう仕様にすれば、そのユーザー情報を顧客リストとリンクさせて、アクセスや問い合わせ、購入などの履歴データを蓄積していけるようにもなります。サイトを個別のマーケティングツールとして用いるのではなく、常に顧客データと紐付けて使えるので、より成果率の高いケアができるようになるわけです。

SNSとの連携が便利

hubspotは、総合的なインバウンドマーケティングのために使うことを目的として設計されています。そのため、ホームページやブログなどのコンテンツを、他のメディアを連携させる力に優れています。特に便利なのがSNSとの連携です。cmsツールにある編集画面の中から、簡単にページの中にSNSガジェットを埋め込めるようになっています。たとえば、ページからSNSアカウントを使ったコメントをしてもらったり、友だち登録してもらったりすることができるようになります。

また、hubspotの優れている機能の一つである自動化システムを活用すると、さらに効果的な使い方ができるようになります。たとえば、ブログを更新すると、自動的にTwitterにその更新情報が投稿されて、SNSでの周知ができるようになります。こうして、SNSやブログへのアクセスを高めるために、多角的なアプローチができるようになります。

hubspotでは、SNSについてのデータ解析も簡単にできます。ソーシャルメディアについての項目から、ユーザーからのアクションの状態をチェックすることができ、閲覧数だけでなく、「いいね」やコメントなどの増減数を一目で把握できます。これらのSNS関連データとサイトのアナリティクスと合わせることで、総合的なオンラインマーケティングの運用が可能となります。

問い合わせフォームの設置と管理がしやすい

hubspotは全体的に顧客との関係を作り、それを維持していくための支援が強みとなっています。これはcmsについても同じです。自社サイト内に問い合わせフォームを作るのが簡単で、シンプルな操作で設置できるようになっています。特にプログラミング言語についての知識がなくても、テンプレートの中から掲載したい項目を選んでいくだけなので、初めての人でもすぐに作れます。

しかも、必要な設定を選択していくと、それに合った完成イメージが、その隣の枠に表示されるようになっています。実際にどんな問い合わせフォームとなるのかを、リアルタイムで確認しながら作業できるので、ミスなく短時間で作れるのがメリットです。

SEO対策にも強い

cmsにおいて、多くの人が重要視している機能としてはSEO対策ツールがあります。hubspotもその点をしっかりと押さえていて、より検索結果順位を上げるための対策を施せます。正確で見やすい構成を作るためのプラットフォームが用いられていますので、普通にサイトを作るだけでも、高いSEO効果を感じられるはずです。それに加えて、利用するプランによって、さらなるSEO対策のためのアドバイス提供や自動的な施策適用なども可能となっています。

リアルタイムチャットもすぐに始められる

ページを作成していく一連の作業の中で、シンプルな操作でリアルタイムチャットを埋め込めるというのもメリットです。テンプレートができていますので、色やデザイン、コピーを選んでいくだけで、簡単に優れたチャット枠を挿入できます。こうしたチャットの運用についても利便性が高いのがメリットです。CRMツールから顧客管理データとの参照を行うことができますし、必要に応じてこちらから顧客にアクションを起こすことも可能です。簡単操作で、顧客のニーズに合った手厚いコミュニケーション体制を持てるわけです。

アナリティクスが簡単にできる

サイトの効率を高めるためには、定期的にアナリティクスと改善を図ることが重要です。そのため、hubspotでは解析用の機能を充実させています。cmsの管理画面からすぐにサイトやブログに関係するデータを収集できます。特に別のアナリティクス用のツールを入れる必要もなく、コンテンツ作成と解析を実施できるので効率が良いです。

解析した内容に応じて、そのままページの変更や新規作成ができるため、作業者の負担がぐっと減るのもメリットと言えるでしょう。しかも、アナリティクスデータはフィルターをかけて、自由に好きなデータをチェックできますし、いろいろな形式でダウンロードすることも可能です。

事業会社でSaaSのWebマーケティングに1年間携わったのち、デジマールに入社。Tableau勉強中。趣味は料理。

松葉駿平

事業会社でSaaSのWebマーケティングに1年間携わったのち、デジマールに入社。Tableau勉強中。趣味は料理。

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら