Amazonのスポンサーディスプレイ広告とは?基本と始め方を解説

松葉駿平

Amazonのスポンサーディスプレイ広告とは?基本と始め方を解説

Amazonのスポンサーディスプレイ広告について解説していきます。スポンサーディスプレイ広告とは、Amazonのトップページや商品詳細ページに掲載できる広告の一つです。

Amazonに登録されている商品については、画像を準備しなくても配信することができます。

Amazon内のユーザー行動を基にしたターゲティング手法を数多く使うことができるため、目的に応じた配信が可能です。

本記事ではAmazonスポンサーディスプレイ広告の概要と始め方を解説していきます。

Amazon広告の全体像をおさえたい方は以下の記事をご覧ください。

Amazon広告とは?始めるまでの流れと種類、画像・動画サイズを解説

スポンサーディスプレイ広告とは

スポンサーディスプレイ広告は、Amazonのトップページや商品詳細ページに掲載できる広告です。Amazonに登録している商品画像が表示されるパターン、カスタム画像が表示されるパターンなど様々なパターンが自動生成で表示されます。

Amazonスポンサーディスプレイ広告

スポンサーディスプレイ広告の課金方式

スポンサーディスプレイ広告には3つの課金方式があります。

 

入札方法 課金方式 詳細
リーチに合わせた最適化 1,000件のビューアブルインプレッションの単価(VCPM) ビューアブルインプレッションを高めるために入札額を最適化します。Amazonの関連性の高いオーディエンスに広告を表示してリーチを最大化することにより、商品の認知度を高めます。
ページの訪問数に合わせた最適化 クリック課金制(CPC) 詳細ページの訪問率が高くなるように入札単価が最適化されます。広告をクリックする可能性が高い買い物客に広告を表示することで、商品の検討を促します。
コンバージョンに合わせた最適化 クリック課金制(CPC) コンバージョン率を向上させるために、入札額を最適化します。商品を購入する可能性が高い購入者に広告を表示することで、売上を伸ばします。

 

広告自体を見てもらう回数を増やしたい場合は「リーチに合わせた最適化」、商品ページを見てもらう回数を増やしたい場合は「ページの訪問数に合わせた最適化」、商品の購入回数を増やしたい場合は「コンバージョンに合わせた最適化」を選択します。

参考:Amazon adsサポートセンター|入札額の最適化

スポンサーディスプレイ広告のターゲティング

スポンサーディスプレイ広告ではいくつかのターゲティング手法を扱うことができます。除外設定をすることはできません。

大きくは以下の図の内容に分類されます。

Amazonスポンサーディスプレイ広告のターゲティング

 

コンテキストターゲティング

コンテキストターゲティングを利用すると、選択している商品やカテゴリー、類似商品にアクセスしているオーディエンスに広告を表示することができます。

カテゴリー

Amazonスポンサーディスプレイ広告のカテゴリーターゲティング

選択したカテゴリーに含まれる商品の商品詳細ページや、関連する検索語句の検索結果に広告が表示されます。

カテゴリーの項目「動的セグメント」と「商品カテゴリー」の2種類あります。

Amazonスポンサーディスプレイ広告のコンテキストターゲティング

 

カテゴリー 詳細
動的セグメント 広告商品に類似した商品を一括して選択することができます。
商品カテゴリー Amazonが設定した商品カテゴリーに含まれる商品を一括して選択することができます。

 

参考:Amazon Adsサポートセンター|スポンサーディスプレイ広告のコンテキストターゲティング

広告商品と類似した商品に関連したページに広告を掲載したい場合は「動的セグメント」を、任意のカテゴリーに含まれる商品に関連したページに広告を出したい場合は「商品カテゴリー」を選択します。

個々の商品

Amazonスポンサーディスプレイ広告の個々の商品ターゲティング

商品カテゴリーではなく、個々の商品単位で広告表示する対象を選択することができます。

Amazonスポンサーディスプレイ広告のコンテキストターゲティングの個々の商品

競合商品のみに広告表示したい場合はこちらの手法が向いているでしょう。

参考:Amazon Adsサポートセンター|スポンサーディスプレイ広告のコンテキストターゲティング

オーディエンス

コンテキストターゲティングは商品を中心としたターゲティング手法ですが、スポンサーディスプレイ広告では、ユーザーの属性を利用してターゲティングすることもできます。

Amazonオーディエンス

Amazonオーディエンスは、Amazonが蓄積しているAmazon内での行動データをもとにユーザーをセグメント化したものです。セグメントを複数選択して配信することができます。

セグメントは大きく4つの項目に分かれています。

Amazonスポンサーディスプレイ広告のオーディエンス

 

項目 詳細
ライフスタイル Amazon内でのショッピング、IMDbの閲覧、Prime VideoやTwitchのストリーミングなど、集計されたショッピングや閲覧のさまざまな行動を反映しています。これらの行動は、共有された好みを反映しており、「グルメ愛好家」、「スポーツ愛好家」、「テクノロジー愛好家」などのライフスタイルセグメントにマッピングされます。
興味 ショッピング活動が特定のカテゴリーへの継続的な関心を示唆しているオーディエンスです。これらのオーディエンスの例としては、「カナダの歴史に興味・関心がある」、「インテリアデザインに興味・関心がある」などがあります。
ライフイベント ライフイベントのオーディエンスは、休暇に出かける予定がある購入者の「まもなく旅行」などの人生の瞬間に基づいて、関連商品の認知度と検討を促進する機会を提供します。
インマーケット インマーケットオーディエンスを使用すると、「売場内」にいて、最近特定カテゴリーの商品を購入したオーディエンスに働きかけることができます。シェアオブマインド(ブランドに対する好感度)を獲得するために、広告対象商品と同じカテゴリーのオーディエンスにリーチして、検討を促進するだけでなく、新規のセグメントを試して、商品の認知度の向上を図ります。

 

参考:スポンサーディスプレイ広告のオーディエンスの概要

閲覧リマーケティング

Amazonスポンサーディスプレイ広告の閲覧リマーケティング

選択した項目に該当する商品詳細ページを閲覧したユーザーをターゲティングすることができます。

また、「オーディエンスのカテゴリー」を選択すれば、広告対象ではない商品のページを閲覧したユーザーもターゲティングすることができます。

Amazonスポンサーディスプレイ広告の閲覧リマーケティングスクリーンショット

 

項目 小項目 詳細
動的セグメント 広告商品 広告は、以前に広告対象商品の商品詳細ページを閲覧した購入者に表示されます。
広告対象商品に類似 広告は、以前に広告対象商品と類似する商品の商品詳細ページを閲覧した購入者に表示されます。
オーディエンスのカテゴリー 選択したカテゴリーに含まれる商品の商品詳細ページを閲覧したユーザーに広告が表示されます。

 

商品ページに訪れて何日間のユーザーを対象にするかを「ルックバック」の項目で選択することができます。

期間は

  • 7日
  • 14日
  • 30日
  • 60日
  • 90日

から選択することができます。

購入リマーケティング

Amazonスポンサーディスプレイ広告の購入リマーケティング

選択した項目に該当する商品を購入したユーザーをターゲティングすることができます。

また、「オーディエンスのカテゴリー」を選択すれば、広告対象ではない商品を購入したユーザーもターゲティングすることができます。

Amazonスポンサーディスプレイ広告の購入リマーケティングスクリーンショット

 

項目 小項目 詳細
動的セグメント 広告商品 広告は、広告対象商品の購入者に表示されます。
広告対象商品に類似 広告は、広告対象商品と類似する商品の購入者に表示されます。
オーディエンスのカテゴリー 選択したカテゴリーに含まれる商品を購入したユーザーに広告が表示されます。

 

商品ページに訪れて何日間のユーザーを対象にするかを「ルックバック」の項目で選択することができます。

期間は

  • 7日
  • 14日
  • 30日
  • 60日
  • 90日

から選択することができます。

スポンサーディスプレイ広告の始め方

スポンサーディスプレイ広告はAmazonに商品登録されていればすぐに始めることができます。Amazon広告のアカウントにログイン後の具体的な設定方法を解説します。

キャンペーンは一度作成すると削除できないためご注意ください。

コンテキストターゲティングを利用する場合

[キャンペーンを作成する]をクリック

スポンサープロダクト広告でキャンペーンを作成

[スポンサーディスプレイ広告]を選択

Amazonスポンサーディスプレイ広告を選択

広告する商品を追加

Amazonスポンサーディスプレイ広告で広告する商品を選択

ターゲティングで[コンテキストターゲティング]を選択

Amazonスポンサーディスプレイ広告でコンテキストターゲティングを選択

入札方法を選択

Amazonスポンサーディスプレイ広告で入札を選択

コンテキストターゲティングを設定

Amazonスポンサーディスプレイ広告でコンテキストターゲティングを設定

「商品カテゴリー」を選択した場合、特定のブランド、価格帯、星の数、およびAmazonプライム配送特典の有無でさらに絞り込みすることができます。

Amazonスポンサーディスプレイ広告でコンテキストターゲティングの絞り込みを設定

クリエイティブを作成

Amazonスポンサーディスプレイ広告でクリエイティブを作成

 

「ロゴ」、「見出し」、「画像」は全て任意の要素です。設定しなくても配信することができます。

それぞれの要素の要件は以下です。

 

要素 要件
ロゴ
  • 寸法は600 x 100ピクセル以上です。

  • ファイルサイズは1MB未満です。

  • ファイル形式はPNGまたはJPEGです。

見出し 50文字以内
画像
  • 画像サイズ: 1200×628ピクセル以上
  • ファイルサイズ: 5MB以下
  • ファイル形式: PNG、JPEG、またはGIF
  • コンテンツ: 画像にテキスト、グラフィック、ロゴが追加されていません

 

[キャンペーンを作成]でキャンペーンを公開

Amazonスポンサーディスプレイ広告でキャンペーンを作成

オーディエンスを利用する場合

[キャンペーンを作成する]をクリック

スポンサープロダクト広告でキャンペーンを作成

[スポンサーディスプレイ広告]を選択

Amazonスポンサーディスプレイ広告を選択

広告する商品を追加

Amazonスポンサーディスプレイ広告で広告する商品を選択

ターゲティングで[オーディエンス]を選択

Amazonスポンサーディスプレイ広告でオーディエンスを選択

入札方法を選択

Amazonスポンサーディスプレイ広告で入札を選択

オーディエンスを設定

Amazonスポンサーディスプレイ広告でオーディエンスを設定

クリエイティブを作成

Amazonスポンサーディスプレイ広告でクリエイティブを作成

 

「ロゴ」、「見出し」、「画像」は全て任意の要素です。設定しなくても配信することができます。

それぞれの要素の要件は以下です。

 

要素 要件
ロゴ
  • 寸法は600 x 100ピクセル以上です。

  • ファイルサイズは1MB未満です。

  • ファイル形式はPNGまたはJPEGです。

見出し 50文字以内
画像
  • 画像サイズ: 1200×628ピクセル以上
  • ファイルサイズ: 5MB以下
  • ファイル形式: PNG、JPEG、またはGIF
  • コンテンツ: 画像にテキスト、グラフィック、ロゴが追加されていません

 

[キャンペーンを作成]でキャンペーンを公開

Amazonスポンサーディスプレイ広告でキャンペーンを作成

まとめ

Amazon広告のスポンサーディスプレイ広告の概要と出稿方法を見てきました。

ターゲティングを設定するだけで、追加素材を準備せずとも配信を開始することができます。Amazonが蓄積しているユーザーデータを活用して広告配信できる点は、他の広告媒体にはない魅力です。

特に閲覧リマーケティングは商品の購入に、購入リマーケティングは商品の再購入や関連商品の購入につながるため、購入単価を重視する場合はおすすめです。利用していない方はぜひ始めてみてください。

事業会社でSaaSのWebマーケティングに1年間携わったのち、デジマールに入社。TableauとIllustrator勉強中。趣味は料理。

松葉駿平

事業会社でSaaSのWebマーケティングに1年間携わったのち、デジマールに入社。TableauとIllustrator勉強中。趣味は料理。

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら