YouTube広告のブランドリフト調査/サーチリフト調査を解説

松葉駿平

YouTube広告のブランドリフト調査・サーチリフト調査

YouTube広告とともに実施することができるブランドリフト調査、サーチリフト調査について解説します。

ブランドリフト調査、サーチリフト調査は、どちらもYouTube広告の広告効果を確認するための施策です。YouTube広告が商品やサービスの認知度、好感度の向上にどれくらい貢献したのか定量的に知ることができる調査です。

今回はYouTube広告のブランドリフト調査、サーチリフト調査について、その概要と実施方法について解説していきます。

ブランドリフト調査・サーチリフト調査とは

ブランドリフト調査、サーチリフト調査はともにYouTube広告の効果を知るための手法です。まずはそれぞれの手法を見ていきます。

ブランドリフト調査、サーチリフト調査の両方を同時に実施することも、片方のみ実施することもできます。

ブランドリフト調査

ブランドリフト調査は一言で、「広告に接触した層と接触しなかった層で、ブランドに対する反応の違いを分析する手法」とまとめることができます。ここで「ブランド」とは、商品やサービスの名前と置き換えて差し支えないでしょう。

ブランドリフト調査の概要

YouTubeを視聴していると、4択ほどのアンケートが表示されることがあります。それがブランドリフト調査です。

広告接触者と広告非接触者でアンケート回答内容に大きな違いがあれば、その違いは広告視聴の有無によって説明できそうです。

ブランドリフト調査では、

  • 広告想起
  • 認知度
  • 比較検討
  • 好感度
  • 購入意向

の5つの観点を調査できます。どの観点を調査するかによってアンケートの質問内容が変わります。

 

観点 質問内容
広告想起 このなかで最近オンラインで広告を見たブランドはどれですか。(複数回答)
認知度 このなかで聞いたことがあるブランドはどれですか。(複数回答)
比較検討 ブランドを利用する場合、次のどれを検討しますか。(複数回答)
好感度 このなかであなたが好きだと思うブランドはありますか。(複数回答)
購入意向 次のいずれかのブランドを利用する場合、第一候補となるものはどれですか。(単一回答)

 

具体例で確認してみましょう。以下は広告を見たことを覚えているか、すなわち「広告想起」を調査する例です。

ブランドAがYouTube広告を出していたとして、広告接触者で「ブランドAの広告を見た」と回答するユーザーが多ければ、その広告は広告想起に貢献したといえます。

ブランドリフト調査の具体例

サーチリフト調査

サーチリフト調査は一言で、「広告配信前後での特定語句の検索動向を比較する手法」とまとめることができます。

YouTube広告内で登場するブランド名や語句に興味を持ったユーザーは、YouTubeやGoogle(検索エンジン)で検索する可能性があります。検索数の増加は、そのブランドやそのブランドに関連する商品群への関心の高まりを示します。

サーチリフト調査では、事前にいくつか語句を指定し、YouTube広告の配信前後でそれらの語句の検索動向にどのような変化があったか分析します。

サーチリフト調査

ブランドリフト調査・サーチリフト調査の始め方

ブランドリフト調査・サーチリフト調査はどのアカウントでも実施できるわけではありません。実施できるのは、「Googleアカウントマネージャー」が付いているアカウントに限られます。Googleアカウントマネージャーは、Google社の担当者のことです。

参考:Google広告ヘルプ|ブランド リフト調査について

Googleアカウントマネージャーがまだ付いていない場合でも、Google広告のパートナー(正式名称「Google Partner」)に認定されている広告代理店を経由して実施可能です。

Googleアカウントマネージャーが付いたアカウントを前提とし、ブランドリフト調査、サーチリフト調査の始め方は以下の5ステップです。

サーチリフト調査のみ実施したい場合は、以下の5番のみ対応すれば問題ありません。

  1. 調査実施に必要な最低広告予算額を確認する。
  2. Googleアカウントマネージャーにブランドリフト調査、サーチリフト調査実施の旨を伝える。
  3. 実施可能なアカウントの場合、アカウントマネージャーがホワイトリスト申請を実施。(ホワイトリストに登録されると、管理画面より[ブランド効果測定]の項目にアクセスできるようになります。)
  4. [ブランド効果測定]の項目より必要事項を記載する。
  5. サーチリフト調査を行う場合は、アカウントマネージャーより共有されるフォームに記載し申請。

それぞれのステップを見ていきます。

1.調査実施に必要な最低広告予算額を確認する。

ブランドリフト調査、サーチリフト調査を行うにあたり、YouTube広告の最低予算額が設定されています。まずはその条件を満たすか確認する必要があるでしょう。

1回のブランドリフト調査で以下の5項目のうち3項目まで測定することができます。

  • 広告想起
  • 認知度
  • 比較検討
  • 好感度
  • 購入意向

項目をいくつ選んだかにより、最低予算額が変わります。予算は10日間の予算です。最低予算額はUSD表記のため、為替レートにより円建ての金額が変わります。

項目数 最低予算額
1 $15,000 USD
2 $30,000 USD
3 $60,000 USD

参考:Google広告ヘルプ|ブランド効果測定を設定する

2.Googleアカウントマネージャーにブランドリフト調査、サーチリフト調査実施の旨を伝える。

Googleアカウントマネージャーにブランドリフト調査実施を伝える

まずは担当のアカウントマネージャーにブランドリフト調査、サーチリフト調査実施の旨を伝えます。担当のアカウントマネージャーがいない場合、代理店経由でアカウントマネージャーに連絡します。

3.実施可能なアカウントの場合、アカウントマネージャーがホワイトリスト申請を実施。

ブランドリフト調査の始め方

ブランドリフト調査、サーチリフト調査が実施可能なアカウントな場合、Googleアカウントマネージャーがホワイトリスト申請を実施します。ホワイトリストに登録されれば、管理画面から[ブランド効果測定]の項目にアクセスできるようになります。

4.[ブランド効果測定]の項目より必要事項を記載する。

Google広告の管理画面より、[ブランド効果測定]の項目を開きます。

Google広告のブランド効果測定

新しくブランドリフト調査を行う場合、+ボタンをクリックし調査の追加を行います。

ブランドリフト調査の追加

ブランドリフト調査の追加画面では主に3つの項目を記入します。

  1. 商品名またはブランド名
  2. キャンペーン
  3. 調査内容

商品名またはブランド名

商品名またはブランド名

キャンペーン

動画キャンペーンを選択します。キャンペーンを選択すると、そのキャンペーンがブランドリフト調査の最低予算額を満たすかどうかが画面右側に表示されます。

ブランドリフト調査を行うキャンペーンを選択

調査内容

  • 調査名
  • アンケートの言語
  • アンケートの質問

を設定します。測定する指標を増やすと必要な最低予算額も増えることに注意が必要です。

ブランドリフト調査の内容を設定

全ての内容を埋めて[保存]をクリックすると、ブランドリフト調査がスタートします。

5.サーチリフト調査を行う場合は、アカウントマネージャーより共有されるフォームに記載し申請。

サーチリフト調査を行う場合、アカウントマネージャーから提供されるフォームに記入して申請します。サーチリフト調査のみを実施することもできます。(アカウントマネージャーがいるアカウントに限られます。)

最低出稿金額は、28日で$ 15,000 USDです。

詳しい内容はアカウントマネージャーにご確認ください。

まとめ

ここまでブランドリフト調査、サーチリフト調査の概要と実施までの流れを見てきました。

Googleアカウントマネージャーが担当で付いている必要があったり、高い最低予算額が設定されていたり実施のハードルは低いものではありません。それでも、認知度や好感度の変化を数値で把握できることは、オンライン広告ならではの魅力です。

日本人の8割以上がYouTubeを視聴しているとも言われています。テレビにはない充実したターゲティングとともに、ブランドリフト調査、サーチリフト調査も活用し、YouTube広告での認知拡大、好感度上昇を推し進めましょう。

事業会社でSaaSのWebマーケティングに1年間携わったのち、デジマールに入社。TableauとIllustrator勉強中。趣味は料理。

松葉駿平

事業会社でSaaSのWebマーケティングに1年間携わったのち、デジマールに入社。TableauとIllustrator勉強中。趣味は料理。

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら