【Yahoo!広告最新情報】レスポンシブ検索広告提供開始

松葉駿平

Yahoo広告最新情報

2021年5月12日より、Yahoo!広告で「レスポンシブ検索広告」の提供が開始されます。すでにGoogle広告で提供されている「レスポンシブ検索広告」と同じ機能で、複数のタイトル、説明文を入稿して、高い成果が見込める広告文を自動生成して配信できる機能です。

Yahoo!検索広告では、「拡大テキスト広告」に加えて、2つ目の広告フォーマットとなります。

詳細や注意点を見てみましょう。

Yahoo!レスポンシブ検索広告の概要

Yahoo!レスポンシブ検索広告は、

  • タイトル:最少3件、最大15件
  • 説明文:最少2件、最大4件

を入稿します。

検索語句と広告文の関連性、広告掲載時のデバイスや掲載面などを判断し、自動で広告配信を最適化していきます。

1つの広告グループで最大3件までレスポンシブ検索広告を設定することができます。これはGoogle広告と同じです。

タイトルの最大文字数は半角30字、説明文の最大文字数は半角90字で、「拡大テキスト広告」と同じです。

Yahoo!レスポンシブ検索広告の注意点

Googleのレスポンシブ広告広告と同様、広告が自動生成されるゆえの注意点があります。

訴求内容を重複させない

最大15個まで設定できるタイトル、4個まで設定できる説明文の中に同じような訴求内容の文言が混じっていると、もしそれらが同時に表示された場合に、不自然な広告文となってしまいます。

訴求内容を重複させないことを前提として、もしタイトル1、タイトル2、タイトル3のどこかに必ず入れたい訴求文がある場合には、「表示位置の固定」を行います。

学習期間に注意する

Yahoo!は、最適なタイトルと説明文を表示するために、30日の学習期間が必要と発表しています。短期間で広告を停止すると、最適化によって得られる成果を見逃す可能性があります。

Yahoo!レスポンシブ検索広告で使える機能

Yahoo!レスポンシブ検索広告では、以下の機能が利用可能です。

  • 広告表示オプション
  • キーワードの自動挿入機能
  • カウントダウン関数
  • 地域情報の自動挿入(NEW)

基本的にGoogleのレスポンシブ検索広告と同じです。「カウントダウン関数」「地域情報の自動挿入」はGoogle広告でも2020年に実装されたばかりなので、最新機能と言えます。

  • アドカスタマイザー
  • IF関数

は利用することができないため注意が必要です。

まとめ

Yahoo!広告でレスポンシブ検索広告が利用可能となりました。

GoogleもYahoo!もレスポンシブ検索広告を広告グループに含めることを推奨しているので、リリースに合わせてレスポンシブ検索広告を設定してみましょう。

 

また、デジマールでは、リスティング広告運用の無料相談を実施しております。

「リスティング広告を始めてみたい」

「Yahoo!で最新のフォーマットを用いた広告配信がしたい」

といったリスティング広告のご相談については、「リスティング広告運用代行」をご覧ください。

リスティング広告運用代行

事業会社でSaaSのWebマーケティングに1年間携わったのち、デジマールに入社。TableauとIllustrator勉強中。趣味は料理。

松葉駿平

事業会社でSaaSのWebマーケティングに1年間携わったのち、デジマールに入社。TableauとIllustrator勉強中。趣味は料理。

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら