Twitter広告とは?

digimarl

1.Twitter広告とは?

Twitterは自分の意見や考えをリアルタイムで世界中の人達とシェアできるSNSで、全世界のアクティブユーザー数は月間で3億人超と言われるほど人気があります。このTwitterの検索結果やタイムラインに広告を掲載するのが、Twitter広告です。

Twitterのユーザーは、他のSNSと比較すると、10代から20代にかけての若い年齢層が多いという特徴があります。そのため、若い人向けの商品やサービスをマーケティングしたい企業にとっては、Twitter広告は一押しの戦略方法と言えるでしょう。

また、ハッシュタグやフォロワーなどによって、ユーザーの興味や関心をピンポイントで絞り込みやすいため、効率的かつ効果的な広告宣伝活動ができます。

2.Twitter広告の種類

Twitter広告を費用面で分類すると、課金方式と入札方式とに分けることができます。課金方式というのは、掲載した広告をユーザーがクリックしたり、リンク先のランディングページへ移行した時に課金されるというものです。

課金方式では、もしも広告がリツイートされた場合、リツイート先でのこうしたアクションに対しては費用がかかりません。そのため、リツイートによって爆発的なヒットとなっても追加料金は一切かかることがなく、少ない費用で大きな費用対効果を得ることができます。

入札方式とは、いくらまで費用を支払えるかの上限を決めて広告を掲載するというものです。課金方式では、対象となるアクションの数が多くなると、上限なしに費用が発生してしまうというデメリットがあります。上限を設定することによって、予算オーバーすることなく広告掲載できるような配慮をしたものが、入札方式です。

入札方式はさらに、入札額が自動的に最適化される自働入札タイプ、アクションごとに上限を設定できる上限入札単価タイプ、そして目標を設定することによって1日当たりの平均額が目標に近づくように入札単価が調整されるタイプに分けることができます。

3.Twitter広告のメリット

Twitter広告のメリットはたくさんあります。1つ目のメリットはTwitterならではのもので、リツイートによる2次拡散が期待できるという点が挙げられます。広告を気に入ったユーザーがリツイートすると、広告が掲載されなかったユーザーでも広告を目にすることができます。

2つ目のメリットは、リツイートに関しては費用がかからないという点があります。広告が掲載されたタイムラインの中で対象となるアクションを起こすと、費用が発生します。しかし、リツイート先で同じようなアクションをした場合には費用は掛かりません。そのため、リツイートによって広告が拡散すればするほど、費用対効果がどんどん高くなる仕組みになっています。

3つ目のメリットは、検索エンジンを使わないユーザーに対してもアプローチしやすいという点があります。Twitter広告のキーワードターゲティングという機能を使うと、ユーザーからのツイートに反応して広告を掲載できます。リスティング方式のWeb広告ではこうした配信方法は難しいため、リアルタイムに広告掲載ができるTwitter広告ならではのメリットと言えます。

4.Twitter広告のデメリット

Twitter広告には、いくつかのデメリットがあります。1つ目は、ターゲティングの精度がそれほど高くないという点です。SNSはそれぞれ、ユーザー登録の際にどこまで属性の登録が必要かという点が異なります。Twitterでは、ユーザーが登録する際に生年月日や年齢を登録する必要がありません。そのため、年齢によるターゲット層の絞り込みに関しては、他のSNSと比較してTwitterは精度が低くなってしまいます。

2つ目のデメリットは、非公式リツイートされた広告に関しては、削除が不可能という点があります。Twitterには公式リツイートと非公式リツイートがあり、リツイートの取り扱いが異なります。例えば、他人のツイートをそのまま引用掲載するのは公式リツイートという扱いとなりますが、他人のツイートを自分のツイートとしてリツイートすると、それは非公式リツイートという扱いになります。非公式リツイートに関しては、広告主でも削除することはできません。

3つ目のデメリットは、動画の広告は掲載できないという点があります。静止画広告なら掲載可能ですが、動画はNGです。画像という限られたスペースの中で、より多くのユーザーの心をつかむようなクリエイティブな広告を作る必要があるでしょう。

5.Twitter広告の注意点

Twitter広告では、広告掲載の際にいろいろな設定を細かく行うことができます。例えば、入札方式の広告では、1日当たりの予算を設定できる種類があります。

この「1日当たり」という部分をよく見ずに1カ月当たりの予算だと勘違いして金額を設定してしまうと、1週間配信しただけでも予算をはるかにオーバーしてしまいます。そのため、設定画面においては、細かい入力ミスがないように気を付けなければいけません。


デジマール株式会社では、リスティング広告やTwitter広告をはじめとする運用型広告の運用代行を承っております。
また、HubSpotやGoogleアナリティクスを利用した、広告からLTVまでを統合して管理する体制構築も支援いたします。
チャットツールで繋がりながら運用をサポート。ご質問にもすぐに回答いたします。

広告運用のご依頼は以下よりご連絡ください。

【Webマーケティングに関する支援のお問い合わせはコチラ】

digimarl(デジマール)は、マーケティングの戦略立案から実行までを総合的に支援するデジタルマーケティングエージェンシーです。運用型広告を主軸にしたデータドリブンなチームが、リソースが無いお客様部署に代わって、これからのファンと向き合うプロモーションを実現します。

digimarl

digimarl(デジマール)は、マーケティングの戦略立案から実行までを総合的に支援するデジタルマーケティングエージェンシーです。運用型広告を主軸にしたデータドリブンなチームが、リソースが無いお客様部署に代わって、これからのファンと向き合うプロモーションを実現します。

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら