リスティング広告の広告カスタマイザ、その他「動的テキスト」機能の設定方法

リスティング広告の広告カスタマイザ、その他「動的テキスト」機能の設定方法

Google広告では、「キーワード自動挿入機能」「広告カスタマイザ」「IF関数」「カウントダウン」が、検索内容に応じて動的に広告文を変更する機能として提供されています。

Yahoo!広告では、「キーワードの自動挿入機能」「アドカスタマイザー」「IF関数」「カウントダウン関数」が、同様の機能として提供されています。

広告文が検索内容や、検索日時、検索場所を踏まえた内容だと、クリック率の向上が見込めます。

今回はこれら広告の「動的テキスト」機能について解説します。

Google広告とYahoo!広告の「動的テキスト」の概要

「動的テキスト」は、その名の通り広告文を条件に応じて動的に変更できる機能のことです。

Googleの拡張テキスト広告、Yahoo!の拡大テキスト広告で利用可能です。レスポンシブ検索広告の場合、動的テキストの用途、設定方法が異なります。

広告文を増やすことなく検索ユーザーが検索で用いた語句や、検索した時間、場所、デバイスに応じて広告文を変化させることができる機能です。

Google・Yahoo!広告の動的テキスト一覧

Google広告とYahoo!広告で利用できる「動的テキスト」は、名称に違いはありますがほぼ同じです。

Google広告とYahoo!広告で設定方法にも大きな違いはないため、設定方法を知っていれば、両方の媒体で打ち手を増やすことができます。

それぞれ概要と設定方法を見ていきましょう。

参考:Google広告ヘルプ|動的テキストを含むテキスト広告の作成

Google広告とYahoo!広告で使える「キーワードの挿入機能」

一般的に検索語句が広告見出しに含まれているとクリック率が上昇するといわれています。しかし、キーワードの分だけ広告を作成すると、それだけ手間がかかり、広告掲載結果のデータが分散してしまいます。

そこで「キーワードの挿入機能」を利用します。検索語句を含む広告見出しを自動作成して表示することができます。

Google広告のキーワード挿入機能の仕組み

Google広告のヘルプには以下のように説明があります。

ここでは、チョコレート店の広告を例に説明します。キーワードの挿入コードを、次のように広告見出しに追加します。

広告見出し: 絶品{KeyWord:チョコレート}

このコードは、Google 広告 により広告グループのキーワードのいずれか(「ダーク チョコレート」、「シュガーレス チョコ」、「高級チョコレート トリュフ」)と置き換えられます。ただし、置き換えができない場合は「チョコレート」という言葉が使用されます。

ユーザーの検索語句は必ずしもキーワードと一致するとは限らない点にご注意ください。

 

ユーザーの検索語句: 広告の表示例:
ダーク チョコレート バー 絶品ダーク チョコレート
www.example.com
サンフランシスコの職人が製造
5,000 円以上のご注文で送料無料
シュガーレス チョコレート 絶品シュガーレス チョコ
www.example.com
サンフランシスコの職人が製造
5,000 円以上のご注文で送料無料
高級チョコレート トリュフ 絶品チョコレート
www.example.com
サンフランシスコの職人が製造
5,000 円以上のご注文で送料無料

 

最後の例では、「高級チョコレート トリュフ」という言葉は長すぎて表示できないため、「チョコレート」という言葉が広告見出しに表示されます。

ユーザーが検索に使った語句がそのまま広告文に挿入されるわけではなく、管理画面で登録しているキーワードが挿入される点に注意が必要です。

Google広告のキーワードの挿入機能の設定

広告作成画面では以下のように設定していきます。
まず、広告見出しで { を入力すると以下の選択肢が出てきます。「キーワード挿入」を選択します。

キーワード挿入機能

 

選択すると、以下のようなポップアップが出てくるので、誘導に従ってデフォルトのテキストを記入します。英単語の場合は、大文字、小文字の設定も行います。

キーワード挿入機能②

 

適応するとキーワード挿入機能の形式で広告見出しに反映されます。デフォルトの文字数とその前後の語句が半角合計で30文字を超えないように広告見出しを完成させます。

キーワード挿入機能③

Yahoo!広告のキーワードの自動挿入機能

Google広告のキーワードの挿入機能と、機能、設定方法ともに同じです。

参考:Yahoo!広告ヘルプ|キーワードの自動挿入機能の設定方法

 

Google広告のIF関数、Yahoo!広告のIF関数

広告の内容を設定した条件に応じて切り換えることができます。

Google広告のIF関数

デバイスと、ユーザーリストでターゲティングが可能です。

ターゲット 属性 コード

端末

モバイル

{=IF(device=mobile, 挿入するテキスト):デフォルトのテキスト}

{=IF(device=mobile, 手軽で\簡単な\モバイル予約):最低価格保証}

ユーザーリスト

 

アカウント内の有効なユーザーリスト名

{=IF(audience IN(<userlist1>,<userlist2>),挿入するテキスト):デフォルトのテキスト}

{=IF(audience IN(リピーター, ショッピング カートを放棄したユーザー),30%):25%}

例えば、ECサイトでカートに商品を入れたままのユーザーに対して、他のユーザーと違う表示をしたい場合、以下のように広告文を設定します。

  • 広告見出し1:子供用バスケシューズ
  • 広告見出し2:有名ブランドが{=IF(audience IN(カートに商品を入れているユーザー),30%):20%} オフ
  • 説明文:人気のシューズが大特価。送料無料。今すぐ購入!

広告作成時に{ を記入するとIF関数を選択できます。以下のようなテンプレートにテキストを記入するだけで完成するため、見かけほど設定は難しくありません。

Google広告のIF関数

Yahoo!広告のIF関数

Yahoo!では、デバイスに関する条件分岐でIF関数を利用することができます。Google広告のように、ユーザーリストを条件に用いることはできません。

{=IF(device=mobile,スマートフォン向けテキスト):その他のデバイス向けテキスト}

という形式で設定をします。

例えば、スマートフォンからの購入で送料無料とする場合に、

{=IF(device=mobile,今なら送料無料):スマホからの購入で送料無料}

という風に設定を行います。

 

Yahoo!広告のIF関数

 

参考:Yahoo!広告ヘルプ|スマートフォン向け広告とその他のデバイス向け広告を出し分けるには(IF関数)

 

Google広告のカウントダウン、Yahoo!広告のカウントダウン関数

カウントダウン機能を利用すると、「キャンペーン終了まであと〇時間」のように、設定した時刻までの残り時間を自動計算して広告に掲載できます。

Google広告のカウントダウン

広告文にカウントダウンを追加すると、セールや特別なイベントを見込み顧客にアピールできます。

カウントダウン カスタマイザは、COUNTDOWN 形式と GLOBAL_COUNTDOWN 形式の両方で表示できます。スポーツの試合の時間など、世界共通の時間をカウントダウンする場合は、GLOBAL_COUNTDOWN を使用します。

関数 機能
COUNTDOWN 検索ユーザーのタイムゾーンに合わせて、設定した時間までカウントダウンします。
GLOBAL_COUNTDOWN 広告主様のアカウントのタイムゾーンに合わせて、「世界共通」の時間までカウントダウンします。たとえば、「残り 4 時間」のような広告文が、どの地域でも同時に掲載されます。

いずれのカウントダウン関数でも、最初は日単位、次に時間単位、最後は分単位で残り時間が表示されます。たとえば、カウントダウン カスタマイザを使用して、「セール終了まであと 3 時間」という広告文を表示し、その 2 時間 28 分後に「セール終了まであと 32 分」という広告文を表示することができます。

カウントダウンは、すべてのテキスト広告、レスポンシブ検索広告、動的検索広告に設定できます。

設定する際は、[カウントダウンの終了][カウントダウンの開始]の日時、および[アカウントのタイムゾーン][言語]を設定します。

 

Google広告のカウントダウン

Yahoo!広告のカウントダウン関数

{=COUNTDOWN(“yyyy/mm/dd hh:mm:ss”,”表示言語”,開始日)}

関数全体は中括弧「{}」で囲み、最初に「=COUNTDOWN」と半角英字で入力します。続けて、「()」内で要素を指定します。入力は全て半角英数字です。

“yyyy/mm/dd hh:mm:ss”
カウントダウンの終了日を、ダブルコーテーション「”」で囲んで入力します。年月日に加えて、時分秒までの入力が必要です。年月日と時分秒の間は、半角スペースを入力します。
表示言語
残り時間をどの言語で表示するかを指定します。日本語の場合は「ja」、英語の場合は「en-US」を、ダブルコーテーション「”」で囲んで入力します。終了日との間は、カンマ「,」で区切ります。
開始日
カウントダウンを何日前から開始するかの日数を入力します。表示言語との間は、カンマ「,」で区切ります
※カウントダウン終了日の当日(24時間)のみカウントダウンを表示する場合は、「0」を入力します。

Yahoo!広告のカウントダウン

 

Google広告の広告カスタマイザ、Yahoo!広告のアドカスタマイザー

ここまで見てきた動的テキストの発展形として、Google広告の「広告カスタマイザ」、Yahoo!広告の「アドカスタマイザー」があります。

条件を自由度高く設定できることが特徴です。データフィードの作成、広告文での反映の2ステップで設定できます。

Google、Yahoo!での設定方法を見ていきます。

Google広告の広告カスタマイザデータ

Google広告の広告カスタマイザで利用するデータフィードは「広告カスタマイザデータ」と呼ばれています。

1行目に属性、2行目以降に属性に対応した値を記入します。「標準の属性」と、「ターゲット属性」、「カスタム属性」の3種類が存在します。

「標準の属性」、「ターゲット属性」で設定した条件に一致した時に、データフィードは広告文で指定された属性の値を返します。

以下はスマートフォンで「バラ 通販 格安」で検索したユーザーにどのような広告文が掲載されるかを示した簡単な事例です。

Google広告広告カスタマイザデータの概説

上記図のように、広告カスタマイザデータは、Excelやテキストエディタにて、以下のように作成していきます。

属性1 属性2 ・・・
値1-1 値2-1 ・・・
値1-2 値2-2 ・・・

 

それぞれの属性について見ていきます。

Google広告の広告カスタマイザデータ「標準の属性」

「標準の属性」は、検索時の条件を設定するための属性といえます。標準の属性には以下のような属性があります。

属性 機能 有効な値
Device preference スマートフォン(タブレット、パソコン以外)で表示する広告のデータ行を制限 mobile または all
Scheduling 広告カスタマイザを表示する曜日と時間 曜日、開始時間 – 終了時間。たとえば、月曜日の午前 9 時~午後 5 時までのスケジュールを指定する場合、「Monday, 09:00 AM – 05:00 PM」と入力します。複数の曜日をスケジュール設定する場合は、曜日をセミコロンで区切ってください。月曜日と火曜日の両方に設定する場合は、「Monday, 09:00 AM – 05:00 PM; Tuesday, 09:00 AM – 05:00 PM」と入力します。
Start date フィード アイテムの掲載を開始する日 yyyy/mm/dd hh:mm:ss(24 時間表示)
End date フィード アイテムの掲載を停止する日 yyyy/mm/dd hh:mm:ss(24 時間表示)
Custom ID データ行を識別する一意の値。各行に自動的に “Item ID” と呼ばれる値が指定されますが、独自の custom ID 値を作成して Google 広告から認識させることもできます。 文字と数字の任意の組み合わせ
Target location restriction “Target location” に記載されている地域に適用されているターゲット設定の種類 Physical location または空のセル

以下のように設定します。

Device preference Start date ・・・
mobile 2020/11/12 20:00:00 ・・・

上記の設定の場合、広告カスタマイザが利用されるのは、「検索した人がスマートフォンを使っていて、2020年11月12日20時以降だった場合」ということになります。

Google広告の広告カスタマイザデータ「ターゲット属性」

ターゲット属性は、キャンペーン、広告グループ、キーワードなどの条件を設定する属性です。

 

属性 機能 有効な値
Target keyword この行をトリガーするキーワード キーワードとマッチタイプ記号(例: 完全一致の場合は[花])。マッチタイプの形式をご確認ください。
Target keyword text この行をトリガーするキーワード。キーワードのマッチタイプは “Target keyword match type” 列で指定 マッチタイプ記号を付けないキーワード
Target keyword match type “Target keyword text” 列の対象キーワードに適用するマッチタイプ broad または phrase または exact
Target ad group この行のデータを使用する広告グループ 既存の広告グループ名
Target campaign この行のデータを使用するキャンペーン 既存のキャンペーン名
Target location ユーザーの現在地や関心のある地域にマッチした場合に、この行をトリガーする場所 地名(言語は自由)
Target location restriction “Target location” に記載されている地域に適用されているターゲット設定の種類 Physical location または空のセル

設定する場合は以下のようになります。

Device preference Start date Target keyword Target ad group Target campaign ・・・
mobile 2020/11/12 20:00:00 [バラ] バラ ・・・

上記の例の場合、「検索した人がスマートフォンを使っていて、2020年11月12日20時以降であり、『花』キャンペーン、『バラ』広告グループの『バラ』という検索語句に完全一致する場合」に広告カスタマイザを用いるということになります。

Google広告の広告カスタマイザデータ「カスタム属性」

標準の属性やターゲット属性では設定できないような項目は、カスタム属性で設定が可能です。

属性のデータ型 一般的な用途 使用できる文字 値の例
text 商品名 文字、数字、記号 ハイキング靴
number 在庫数 整数 11
price 金額 数字(小数を含む)と有効な通貨記号 $24.99
date タイムスタンプ yyyy/MM/dd hh:mm:ss 2014/08/14 17:01:00

設定する場合、属性(データ型)の形式で属性を設定します。属性の名前は自由に設定できます。

Model(text) Start_price (price) Sale_ends (date) ・・・
ProWhip 300 $199 2020/11/12 20:00 ・・・

Google広告で広告カスタマイザデータをアップロードする

広告カスタマイザデータは管理画面からアップロード可能です。

[ツールと設定]>[ビジネスデータ]からアップロードできます。

テキスト広告のカスタマイズデータ

 

アップロードする際にデータの名前を記入します。後から広告文で利用するため、短く区別のつきやすい名前を記入します。

テキスト広告のカスタマイズデータの名前

Google広告で広告カスタマイザデータを広告に反映する

Google広告のヘルプの事例を取り上げて、広告カスタマイザデータを広告に反映する方法を見ていきます。
「Mixers」という名前で広告カスタマイザデータを登録した場合の例です。

Target keyword モデル (text) キャパシティ (number) タイプ (text) 開始価格 (price) セール終了日 (date)
プロウィップ 300 プロウィップ 300 5 チルトヘッド 19,900 円 2015/05/15 20:00:00

 

「Target keyword」列に記載されたキーワードによって、他の各列の詳細が表示されるタイミングが決まります。各列では、広告に含める詳細(テキスト、数値など)を指定します。

鈴木さんは広告を作成する際、各モデルの詳細情報を記入する代わりに広告カスタマイザを使用し、各列を参照して文面が自動的に変わるようにしました。カスタマイザの前半(「Mixers」)は、データセットの名前で、後半(「Model」など)は列の名前です。

{=Mixers.モデル (text)} ミキサー
www.example.com
{=Mixers.キャパシティ (number)} L {=Mixers.タイプ (text)} ミキサー
{=Mixers.開始価格 (price)} – セール終了まで {=COUNTDOWN(Mixers.セール終了日 (date)}

ユーザーが 2015 年 5 月 10 日に「購入 プロウィップ 300」と検索した場合、「プロウィップ 300」というキーワードに従って、この広告の文面は以下のように変わります。

プロウィップ 300 ミキサー
広告 www.example.com
5 L チルトヘッド ミキサー
19,900 円 – セール終了まで 5 日

Yahoo!広告のデータ自動挿入リスト

Yahoo!広告のアドカスタマイザーも、Google広告の広告カスタマイザと原理原則は同じです。

データフィードを作成し、それを反映できるように広告を作成するという流れです。

Google広告で「広告カスタマイザデータ」と呼んでいたものを、Yahoo!広告では、「データ自動挿入リスト」と呼びます。

「広告カスタマイザデータ」の属性と、「データ自動挿入リスト」の項目名は、その命名規則に違いがあります。

項目名 データの内容と入力ルール
キャンペーン名 データ挿入用広告を入稿するキャンペーン名を入力します。
広告グループ名 データ挿入用広告を入稿する広告グループ名を入力します。
キーワード 広告配信対象とするキーワードを入力します。
※この項目で指定したキーワードでの広告配信時に、データを自動挿入できます。入稿済みのキーワードを入力してください。
キーワードマッチタイプ 上記の「キーワード」と併せて登録する項目です。指定したキーワードに設定されているマッチタイプを入力します。
完全一致、フレーズ一致、部分一致 のいずれかを入力します。
※入稿済みのキーワードと同じマッチタイプを入力します。
ターゲット地域 この行の内容で挿入用広告を表示する地域を指定できます。以下のヘルプを参考に、地域一覧から希望の地域をコピーして貼り付けます。
ターゲット地域の制限 「ターゲット地域」で指定した場所において、どのようなユーザーを対象にするかを指定できます。「ユーザーの所在地」を入力するか、空欄にします。
開始日 データ自動挿入の広告の配信開始日を指定できます。「YYYY/MM/DD」(例:2017/02/01)の形式で、半角数字で入力します。
終了日 データ自動挿入の広告の配信終了日を指定できます。
「YYYY/MM/DD」(例:2017/02/01)の形式で、半角数字で入力します。
曜日・時間帯 データ自動挿入の広告を配信する曜日や時間帯を指定できます。
「(英語表記の曜日[xx:xx-xx:xx])」の形式で、半角英数字で入力します。
例:(Monday[0:15-0:30]);(Tuesday[9:00-10:00])
データ自動挿入リスト(詳細) 既存のリストを編集する場合のみ使用します。リストの新規作成時は不要です。
既存のリストをキャンペーンエディター上で表示するか、CSVファイルにエクスポートすると、各行のデータ自動挿入リスト(詳細)を確認できます。

Yahoo!広告で「データ自動挿入リスト」のアップロード

「データ自動挿入リスト」のアップロードは、Yahoo!検索広告のエディター経由で行います。

[共有ライブラリ]>[データ自動挿入リスト]>[リストのインポート]を選択。

Yahoo!広告検索広告エディターデータ自動挿入リストインポート

 

インポートするファイルを選択し、データ自動挿入リスト名を記入。

Yahoo!広告検索広告エディターデータ自動挿入リストのインポート

[プレビュー]をクリックし、内容を確認。問題がなければ、[データのインポート]

Yahoo!広告検索広告エディターデータ自動挿入リストのプレビュー

 

インポートが完了すると、[共有ライブラリ]>[データ自動挿入リスト]にインポートしたリストが追加されます。

エディターで更新したデータは[データのアップロード]をしないと反映されないため、アップロードも忘れずに行います。

参考:Yahoo!広告|アドカスタマイザーの入稿手順(2)作成したリストをインポート

Yahoo!広告でアドカスタマイザーを利用した広告を作成する

「データ自動挿入リスト」をインポートしたら、管理画面かエディターで広告を作成します。

記入方法はGoogleと同じです。

{=データ自動挿入リスト名.項目名:デフォルトのテキスト}

参考:Yahoo!広告|アドカスタマイザーの入稿手順(3)挿入用広告を作成

まとめ

ここまでGoogle広告、Yahoo!広告で動的に広告文を変更する方法を見てきました。

設定には少し知識と労力が必要ですが、検索ユーザーごとにパーソナライズされた広告を掲載できるメリットは見逃せないでしょう。

これからも動的テキスト機能は追加されていくと思います。広告配信のさらなる効率化と成果向上のために情報を追いかけていきましょう。

 

また、デジマールでは、リスティング広告運用の無料相談を実施しております。

「リスティング広告を始めてみたい」

「リスティング広告の広告文を最適化して配信したい」

といったリスティング広告のご相談については、「リスティング広告運用代行」をご覧ください。

リスティング広告運用代行

趣味は茶道と料理。

松葉駿平

趣味は茶道と料理。

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら