hubspotの導入支援のメリット

松葉駿平

hubspotの有効利用に役立つ導入支援

hubspotはインバウンド型のマーケティングを行う環境を構築するのに適したプラットフォームです。従来型のアウトバウンド型ではなくインバウンド型、つまり不特定多数に企業名や商品名を知ってもらうようアプローチするのではなく、関連する情報・製品を求めている人にピンポイントに届けるようアプローチするマーケティングを行っていくのに適した機能が付いています。

そんなhubspotをマーケティングに役立てていく上での重要なテーマの一つが「いかに効率よく業務を進めていける環境を築いていくことができるか」です。これはインバウンド型マーケティング全体のテーマと言ってもよいでしょう。多くの人の目に触れるような環境を作るアウトバウンド型の場合、多大なコストと人員を必要とします。テレビCMや大規模な広告に代表されるように、人の目に触れる宣伝ほどお金がかかるからです。インバウンドの場合、ターゲットを絞った上で自社の商品・サービスを必要している人にうまく届けることができるかが成否を分ける生命線となるわけで、それを効率よく行っていけるかどうかが問われます。

マーケティングに割ける予算・人員が限られているからこそ、インバウンド型に活路を見出すケースもありますし、そもそも事業の規模からしてアウトバウンドは向いていないこともあるでしょう。そうなると、せっかくのインバウンド型マーケティングも効率よく行っていかないと、そのメリットを活かすことができません。相応しいスタッフが相応しい環境で業務を続けていくことができる、hubspotはそんな環境を構築するのに適したプラットフォームなのです。

ここで一つの問題が出てきます。効率の良いインバウンド型マーケティングの環境を構築するために、いかにしてhubspotを運用・管理していくか、優れた機能を多彩に取り揃えているこのプラットフォームを使いこなせるかで、成果に大きな差が出てくる面もあることです。導入すればすぐにでも業務が効率化する、あるいはたちまち業績アップに結びつく、といった簡単なものではないことはあらかじめ踏まえておく必要があるでしょう。

そんなhubspotの有効利用において、役立ってくれるのが導入支援サービスです。自社内で導入・運用するのではなく、サポートしてくれる業者を利用する、あるいはそうしたサポートを手掛けている代理店・業者を通してこのプラットフォームを導入することで、さまざまな支援を得ることができます。

導入支援を利用することでどんなメリットを得ることができるかというと、まず簡単にこのプラットフォームを使い始めることができる点が挙げられます。使い勝手の良さもhubspotの魅力ですが、それでも慣れるまでには少々時間がかかりますし、ある程度システム関連の知識が必要です。しかし、サポートを受ければそうした知識や時間を必要とせずに、すぐに導入できるのです。

目標設定やソリューションなどのサポートも受けられる

どんな形であれ、マーケティングでは目標やプランの設定・設計が欠かせません。やり方や到達地点の設定に問題があると、どれだけ優れたプラットフォームを利用しても、従業員が奮闘しても、十分な効果を挙げるのは難しいでしょう。それどころか、なかなか目的に到達できないことで、スタッフの焦りや疲労、モチベーションの低下といった問題をもたらしてしまうことにもなりかねません。

導入支援では、こうした目標やプランの設定・設計に関するサポートを受けることもできます。例えば、リードの獲得はネットマーケティングにおける基本中の基本です。そのリードに良い情報を提供していくことで、売上アップやリピーターの獲得へと導いていくことができます。

どうやってリードを獲得すればいいのかわからない、どんなアプローチが可能なのかわからないと途方に暮れてしまうケースも少なくありません。多くの人に見てもらおうとした結果、サイト内に情報を積み込みすぎてわかりにくい状況になってしまったり、ほとんどの人に目を通してもらえずに素通りされてしまうような内容になったり、いわば「インバウンド型マーケティングのアウトバウンド化」をもたらしてしまう恐れもあります。

導入や運用の支援を受ければ、そうした失敗を避けることもできます。グーグル広告などの有料広告アカウントとの連携による能率的な知名度アップ対策、サイトを訪問した人が問い合わせをしやすく、サイトを訪問した人たちの情報を入手しやすいようなフォームの修正や最適化、チャットやメールでの問い合わせ環境の改善などのアプローチを組み合わせた環境づくりをサポートしてくれます。

グーグル広告を利用しているにも関わらず、十分な効果が得られず、費用対効果がよくない環境でくすぶっている企業・店舗も多いものです。hubspotを上手に利用すればそうした環境を改善しつつ、実際にどれだけの成果が得られているのか、または得られていないのかを把握しながら業務を行えるようになるでしょう。hubspotに搭載されている広告効果測定ツールを使いこなすためのサポートも行っている業者があります。

効率化の観点から見ると、スタッフ同士の連携、チームでのマーケティングをいかに効率よく行っていけるかどうかも非常に重要なポイントとなってくるでしょう。

hubspotではさまざまなサービスにおいて収集した情報を一元管理した上で、スタッフ同士、チームで共有できる機能もついています。サイトに訪問した人の行動履歴やフォームの入力内容はもちろん、チャットやメールでのやり取り、カスタマーサービスの利用状況まで、こうした情報を一元管理しています。訪問者の動向や求めている情報・製品を分析し、顧客になってくれる可能性があるかどうかの優先順位をつけた上で、マーケティングを行うことができるのです。

しかし、そうした共有された情報も機能もスタッフがうまく使いこなしてこその話です。チームで業務を行う場合には、個々のスタッフの業務の進捗状況なども把握した上で無駄なく進めていく必要があります。誰がどのリードにアプローチしているのか、取引相手とどこまで話を進めているのか、全員が把握した上で進めていかないと、混乱状態になってしまいかねません。

導入支援サービスでは、こうした点にも配慮したサポートを行っています。例えば、取引状況の通知の設定、リードの割合の自動化、さらにはチームの引き継ぎの自動化などの支援も受けられます。

こうした本来なら人間同士が直接連絡し合って行う業務も、hubspotなら多くを自動化することができます。あとは自動化した状況をスタッフがチェックし、把握するだけで、必要な情報をチーム全体で共有していくことができるでしょう。

カスタマーサービスなど、顧客とのコミュニケーションを円滑に行うためのサポートも見逃せません。カスタマーサービスと言えば、何かトラブルを抱えた顧客に対応し、その解決を目指すための業務というイメージもありますが、顧客の動向・志向などの情報を入手する非常に重要な手段でもあります。

一方で、スタッフ一人一人のスキルや経験の差が出やすい部分とも言えるでしょう。あるスタッフは柔軟な対応に長けていても、別のスタッフはそれがうまくできずに顧客の問い合わせに対応できない…このような問題が多くの企業に見られます。

これをどう克服していくのかという点においても、導入支援のサービスが役立ちます。顧客とのコミュニケーション環境における基本的な設定・構築を支援しつつ、整理・追跡に関してもさまざまなアドバイスを受けることができるのです。hubspotのコール機能のセットアップ、サポートチケット管理のために使用するパイプラインのカスタマイズ、さらにはウェブサイト上にコミュニケーション用のウェブチャットやチャットボットを設置するなど、基本的な部分からより踏み込んだ環境づくりまでサポートしてくれることで、スタッフの顧客とのコミュニケーションスキルの平均化を進めていくことができるでしょう。

運用代行にも対応している業者も

このようにhubspotを活用・運用しやすい環境づくりをサポートしてくれるサービスに加えて、運用そのものを代行してくれるサービスを手掛けている業者もあります。そもそもインバウンド型マーケティングに人員を割く余裕がない企業、思い切ってこの分野はアウトソーシングに委ねようと考えている企業にとっては、こちらも検討の余地が出てくるでしょう。

もっとも基本的な部分となるWebサイトの制作やSEO対策のほか、さらにサイトを超えた幅広いマーケティングを可能にする手段でもあるSNSやブログの制作、運用、インバウンド型マーケティングの要の一つとも言えるフォームとメルマガの制作・設定、LP制作やデザインなどの分野までカバーしているところもあります。

こうした運用代行に委ねることで、プロのスキル・知識を活用したインバウンド型マーケティングが可能になるでしょう。ただ、全面的に委ねてしまうと不安とか、今は自社でマーケティングをできる状況ではないけれどもいずれは導入したいと思っている場合などは、一部の運用を代行してもらいつつ、スタッフのスキル・知識向上のためのサポートを受けることも可能です。hubspotを導入した当初からフル回転でマーケティングに役立てつつ、社内でこのプラットフォームをうまく活用していけるように環境づくりにじっくりと取り組んでいく、そんな二段構えも築くことができるでしょう。

プランをよく確認した上で判断しよう

業者によって、対応している範囲や強みとしているサービスが異なります。どの業者を選ぶのか、慎重に検討した上で判断することが大事です。

人材、スキル、経験…自分たちが不足している部分をできるだけ正確に把握した上で、それを埋め合わせてくれるサポートを得られるか、単にサービス内容が多彩で充実しているかどうかだけに留まらず、あくまでも自分たちのマーケティング環境の改善に役立つサポートを利用できるかどうかをチェックしておきたいところです。

多くの業者では複数のプランを用意しています。基本的な機能を使いこなすためのベーシックなプランから、機能をフルに活かして成果アップを目指すためのプランまで、サービス内容と料金の違いについてもチェックした上で比較検討していくことになります。

つまり、A社のベーシックプランとB社のそれとの間ではどんな違いがあり、それが料金の違いにどう反映されているのか、C社のプロフェッショナルプランとD社の同様のプランとの間で何が違うのか、特に機能を最大限に活用するプロフェッショナルプランと呼ばれるような内容の場合、似たような位置づけでも、業者ごとに重視している部分が異なる面が見られます。リーダーの獲得を最優先にしているところもあれば、顧客とのコミュニケーション、成約率のアップを最優先に掲げているところもあるわけです。この点においても、自分たちのマーケティングではまず何を目的にしているのかを明確にしておかないと、どの業者がよいのかの見極めが難しくなってしまいます。

当然のことながら、サポートやサービス内容が充実している業者・プランほど料金も高くなります。ですから、費用対効果を意識した上での比較検討も求められてくるわけです。サポートを受けてhubspotの機能を使いこなすことで得られる効果と、サポートを受けるためのコストとのバランス、または自社のスタッフが扱うのに必要なスキル・知識を身につけるためのコストと、支援や代行を利用するためにかかるコストのバランスをよく確認しましょう。お互いに得られるところが多い、つまり自社にとってもサービスを提供する業者にとってもプラスになる「win-win」の関係が築けるかどうかが鍵になるでしょう。

ネットマーケティング、とりわけインバウンド型のそれは、ある程度長期的な視点で進めていく必要があります。まずリーダーを獲得し、適切な情報提供を行い、顧客との信頼関係を築いていくという目的のために、特定のプラットフォームとそのサポートを手掛ける業者を利用する場合にも、長期的・継続的な付き合いが大前提となります。導入支援だけでなく、さらに一歩踏み込んだ活用の支援も視野に入れた上で、業者選びをするとよいでしょう。

事業会社でSaaSのWebマーケティングに1年間携わったのち、デジマールに入社。Tableau勉強中。趣味は料理。

松葉駿平

事業会社でSaaSのWebマーケティングに1年間携わったのち、デジマールに入社。Tableau勉強中。趣味は料理。

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら