HubSpot代理店の選び方のポイントを解説

松葉駿平

HubSpotの概要

アメリカで2005年に登場したインバウンド型マーケティングプラットフォームが、HubSpot(ハブスポット)です。マーケティングに関するさまざまな機能を搭載しており、サイトにおける効果的なリーダーの獲得、顧客とのコミュニケーション、さらにはスタッフ間のスムーズな連携を可能にする情報収集・管理機能などが利用できます。

多彩な機能を持ち合わせている上にインバウンド型、つまりサイトに訪問するなど自社のサービスに関心を持っている人たちをターゲティングしてピンポイントでマーケティングを行っていくのに適したサービスのため、企業の規模を問わず、売上アップやブランディングに役立ていける面も持ち合わせています。従来のアウトバウンド型マーケティングの場合、どれだけ宣伝にお金をかけられるか、人員を割けるかといった資本力が大きくモノを言う面がありましたが、そうした「不特定多数の人たちの目に触れさせる」手法ではなく「見込みのある人に必要な情報をしっかり届ける」手法でアプローチするインバウンド型の場合、中小企業や個人事業主のマーケティングで適しているのです。資本がなくても、人員が割けなくても、効率よく顧客獲得を目指していけるからです。

こうしたメリットもあって注目されているHubSpotですが、具体的な機能を見ても、非常に多彩なアプローチでマーケティングができることがうかがえます。例えば、ユーザーの行動パターンに合わせてメールを自動配信できる機能です。その人がサイトでどんなページを閲覧したか、どんな資料やデータをダウンロードしたかといった過去の履歴を土台にした上で、その人に役立つ内容のメールを自動配信することができるのです。

このケースではメルマガの開封率アップなどに役立ちます。いくら多くの人にメルマガを送信する環境を整えていても、送られた側がしっかり目を通してくれないと意味がありません。実際のところ、企業・店舗が配信しているメルマガの開封率はせいぜい1割程度と言われています。一括して配信するので、それほど手間をかけることなく情報提供ができるのがメルマガの魅力ですが、それも多くの人が読んでくれなければ意味がないわけです。

この機能は、そうしたメールでの情報配信の問題点を解消するのに役立つでしょう。そのほかにも、サイトに訪問した顧客の情報やサイト上での行動をリスト化した後で分析・管理できる機能なども用意されています。

HubSpotは浸透させるまでに時間がかかる

こうした便利な機能が数多く用意されているとなると、それらを使いこなせるのか?という問題点も出てきます。そもそも企業や店舗がHubSpotのようなマーケティングプラットフォームを利用する背景には、マーケティングにコストや人員を割くことができないため、効率よく行うために利用するといった面があります。ですから、導入したプラットフォームを活用できなければ意味がありません。

また、スタッフ間でHubSpotを使いこなせるスキル・知識に差が出てしまうと、せっかくの機能がうまく行かせません。マーケティングやカスタマーサービスなどの分野で収集される情報を一元管理した上で、チーム全員で共有できるのもこのプラットフォームのメリットです。しかし、せっかく共有した情報がスタッフのスキル・知識によって役立つかどうかに差が出てしまうケースも出てくるわけです。Aさんが顧客情報をまとめてマーケティングや取引の進捗状況をスタッフ全員に共有できるよう取り計らったにも関わらず、Bさんがうまく使いこなせず把握できなかったために、双方の進捗状況に関する認識に誤差が生じてしまうといったケースです。Aさんがすでに行った業務をBさんが改めて行うことで、二度手間になって能率がダウンしてしまう…HubSpotのようなプラットフォームを利用する際には、こうした無駄をできるだけ排除する必要があります。

HubSpotのデメリットとして、「慣れるまで時間がかかる」という意見もよく聞かれます。慣れてしまえば使いやすい部分もあるのですが、なにぶん機能が多彩なだけに、最初のうちはよくわからないという問題も出てくるのです。

特に問題なのが、会社内での異動や退職に伴う引き継ぎが生じた時です。これまで使いこなしていたスタッフがいなくなり、まったくの初心者が後任になった場合、ゼロから使い方を学ばなければなりません。その後任がいくらマーケティング分野において優れた実績やノウハウを持っていても、このプラットフォームを使いこなせなければ、せっかくのその経験やスキルを役立てられなくなってしまうのです。

もう一つ、デメリット・弱点として挙げられるのが、ときどき日本語表現に違和感を感じる部分です。もともと英語の製品を日本語に翻訳した上で日本国内で発売されているので、その翻訳に違和感や無理やり感を覚えてしまうこともあります。これも慣れればそれほど問題はありませんが、最初のうちは説明がわかりづらく感じる部分もあるでしょう。

そうなると、中小クラスの事業者に向いている一方で、扱う従業員にある程度のスキルが求められる面もあるわけです。できれば企業の規模を問わず、使いこなせる人が複数は欲しいところです。一人しかいない場合、先述したようにチームでの作業の能率が落ちてしまうだけでなく、慣れていない人に教えるのに時間と手間がかかってしまいかねません。

こうした状況から「うちではちょっと難しいかも」という場合には、代理店で導入する選択肢もあります。HubSpotを取り扱っている業者では、この製品を提供するだけでなく、さまざまなサポートを手掛けています。ですから、難しい部分は業者におまかせした上で、使い方のサポートを受けながらマーケティングに役立てられる環境づくりを目指していくこともできます。

代理店を利用するメリットとは?

具体的に、代理店を利用した場合にどんなメリットを得られるのでしょうか?やはり、プラットフォームの導入方法から利用方法など、使い方全般に対するサポートを受けられる点が筆頭に挙げられるでしょう。企業・店舗にHubSpotを使いこなせる人が誰もいない、またはマーケティングプラットフォームを手掛けたことがない場合、購入しても何をしたらいいのかさっぱりわからず、いつまで経っても活用できない問題も出てきます。この最初の一歩の段階で躓かないためにも、業者のサポートはとても有用です。

もともとそれほど難しいものではないので、慣れれば問題なく使いこなせるようになれますが、そこに至るまでのサポートを受けることができます。ゼロから始める企業にとっては心強い味方になってくれるでしょう。

もう一つのメリットとして見逃せないのが、実際にHubSpotを活用していく上で役立つノウハウをアドバイス・提案の形で受けられる点です。このサポートをどこまで手掛けているのかは代理店によっても異なるので、選ぶ際の重要な基準ともなるでしょう。

HubSpotはとても便利で役立つマーケティングプラットフォームですが、あくまでマーケティングの効率を高めるためのツールに過ぎません。実際のマーケティングは人間が行いますから、しっかりしたビジョン・計画のもとで進めていく環境が求められます。その上でこのプラットフォームの機能を使いこなせれば、効率を高めつつ、リーダーや顧客を増やしていける環境を手に入れられます。逆に言えば、導入しただけで業績がアップするといった甘い話はないわけです。

戦略・ビジョンの設定の提案を行っている業者では、HubSpotを導入することでその会社のマーケティングの環境にどのような変化が生じるのかを踏まえた上で、新たな戦略の案出・設計をサポートしてくれます。

さらに、なかなか成果を得られない状況では、基本設計・ビジョンの改善や検証・分析などの提案も受けることができます。何しろ多くの事業者にHubSpotを提供しているわけですから、プラットフォームの特徴やメリットだけでなく、過去の事例なども踏まえた上で提案を行ってくれるでしょう。

こうした業者のサポートを利用することで、コストが高くついてしまうのは事実です。しかし、これらのメリットを見ても、コストを負う価値は十分にあると言えるのではないでしょうか。

代理店はどう選ぶ?

代理店を利用してHubSpotのノウハウを学ぶところから始めようと決めた場合、どの業者を選んだら良いのか、という問題が出てきます。HubSpotの機能そのものはどの業者でも一緒ですが、先述したように、サポート内容に差が出てくるからです。

当然、きめ細かなサポートを用意している代理店やプランのほうが料金が高くなります。各代理店ごとに複数のプラン・コースを用意していることも多く、その点も踏まえて比較検討していくことになります。

まずはどこまでサポートしているのか、対応している領域をチェックしましょう。プラットフォームの導入や使用方法など、基本的な部分のサポートはほとんどの代理店が対応していますが、さらに一歩踏踏み込んだ、実際のマーケティングに関するサポートについては業者ごとに差が見られます。シンプルなサービスで低価格を売りにしているところもあれば、充実したサポートを売りにしているところもあるわけです。

先ほど触れたマーケティングに関する企画立案・設計のサポート、基本戦略の分析や改善の提案といったサポートだけでなく、Webサイトそのものの制作、サイトと連動してマーケティングに活用していくブログやSNSの運用、リスティング広告の活用といった面まで手掛けているところもあります。

こうしたマーケティングに直接関わるサポートは、代理店ごとに得手不得手も見られますし、好みの問題も出てきます。例えば、Webサイトの制作の場合はデザイン面や機能面などで期待に応えるような技術・ノウハウをもっているかどうかが重要になってくるでしょう。ブログやSNSの運用なども、会社・店舗のカラーにあったサービスを提供できるかどうか、相性の問題も出てきます。

マーケティングに関する企画・立案や分析・改善は得意だけれども運用面のサポートは行っていないケース、あるいはその反対のケースもあります。

プラットフォームの活用やマーケティングの企画・立案に関しては、過去の実績とそれを土台にしたノウハウがとても重要になってきます。実績豊富なところを選んだほうが良いのはもちろんですが、どんな業種・分野において実績を重ねているのかもチェックしておきましょう。メディア関連には強いけれども販売業ではあまり実績がない、というケースなどもあるからです。

代理店の中には、まだ事業を立ち上げたばかりのところもあります。そうなると、その業者そのものの実績は乏しいわけですが、立ち上げたスタッフが過去に他の場所で活躍してきた可能性もあります。新しい業者の場合には、代表者をはじめとしたスタッフの実績も見ておきたいところです。

そして、忘れてはならないのが費用の問題です。コストパフォーマンスの高さもHubSpotのメリットとしてよく挙げられます。しかし、サポートを受けるために費用をかけすぎてしまうと、せっかくのメリットが失われてしまいかねません。

一度導入した以上、その業者とは長く付き合い続けることになります。相性が良くないから、またはコストの負担が思っていた以上に重くのしかかるようになったからといって、他の業者に切り替えたり、プラットフォームを変えたりといったことは簡単にはできません。また、導入する時には「これくらいの費用でも十分元がとれるだろう」と過信してやや費用が高めのプランを選択すると、後で困ることにもなるでしょう。

いくらこのプラットフォームが優れていても、代理店のサポートが充実していても、導入の成果が具体的に売上高や利益の形で現れるようになるまでは時間がかかります。過去の導入事例を見ても、早くて半年程度は必要なことがわかります。少なくとも数年単位で問題なく支払い続けられる範囲内で選ぶことが基本となるでしょう。

無理なく使い続けられる範囲内で自分たちが欲しいサポートを得られるか、そしてこのプラットフォームを自社のマーケティング環境の向上に役立てることができるか、代理店を利用することも一つの選択肢として視野に入れつつ、考えてみましょう。

 

デジマールはHubSpotパートナーです。HubSpotの初期設定から活用までを支援いたします。

HubSpotが公式にはサポートしてくれない部分も弊社ではサポート可能です。Pマークも取得しており、個人情報保護にも万全を期しております。

【デジマールのHubSpot導入支援について詳しく見る】

事業会社でSaaSのWebマーケティングに1年間携わったのち、デジマールに入社。TableauとIllustrator勉強中。趣味は料理。

松葉駿平

事業会社でSaaSのWebマーケティングに1年間携わったのち、デジマールに入社。TableauとIllustrator勉強中。趣味は料理。

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら