Google広告とは?

松葉駿平

google広告とは?

google広告に関して、基本的な説明からそのための費用、どのように活用していったら良いのかなどの説明を行っていきます。基本的に、これはネット上で表示されるもので検索運動型の広告として運用されています。似たようなサービスを提供しているものとして、Yahoo!広告などがあります。

こうしたタイプでは、ユーザーがGoogleを用いて検索をした場合に、その結果に応じて関連する企業やサービスの広告が表示されることになります。それぞれのユーザーの検索したワード、つまり関心に基づいて商品が紹介されるので、よりクリックしたくなるような表示がなされるわけです。ネット上で広告を出すという手法は世界中で幅広く実施されていて、たくさんのサービスが存在します。その中でもGoogleが提供するシステムは利用数が多く、日本国内でもシェアトップを誇っています。

こうしたことから、企業が宣伝のために出稿するケースとしても、アフィリエイターと呼ばれる人たちがそこから広告収入を得るためにも、盛んに利用されています。そのため、非常に活発なマーケットが形成されていて、その品質も高い状況が見られています。

google広告の目的

google広告は、企業がマーケティングのための一つのチャンネルとして活用することができます。登録して、すぐにネット上に自社の商品やホームページについての宣伝を表示することが可能です。そのため、スピーディーにオンラインマーケティングを始めるのに適しています。このシステムでは特定のサイトに宣伝が表示されるのではなく、ユーザーがGoogleで検索をした時に、その画面に表示されることになります。しかも、そのユーザーが検索した結果に応じて、関連する内容が表示されます。

たとえば、自社がアウトドア関連の商品を販売していて、その宣伝をするとします。その場合、ユーザーが「アウトドア」などのワードを入れて検索をした場合に、その分野に興味があるということで、自社の宣伝が表示されるようになるのです。このように、企業側が宣伝目的で利用するのが主な目的です。

宣伝だけでなく、このシステムを使って報酬を得ることも可能です。Googleが提供している広告枠を自分たちが持っているホームページの中に貼ることによって、収入を得られるのです。ページを訪問してきたユーザーがその枠をクリックすると、その回数に応じて報酬が発生します。そして、Googleからの支払いを受けることで、ビジネスができることになります。企業が宣伝するという目的だけでなく、自分たちのサイトでこのシステムから収入を得るという目的も達成できるのです。

google広告を利用するメリット

このgoogleのサービスを利用するメリットはたくさんあります。まず、オンライン上でマーケティングができるのが、大きなメリットとなります。チラシや雑誌などに掲載するものとは違って、ネット上に掲載できますので、かなり幅広い層に訴求できるのが大きな魅力です。しかも、検索連動型というシステムを採用していますので、ユーザーの関心事に基づいて表示されるようになります。つまり、自社の製品やサービスに関心がない人には宣伝が表示されず、何らかの興味を持っている人に的を絞って表示できるということです。より効率的なマーケティングができるのがメリットです。自社の宣伝が表示されるごとに費用がかかってしまうので、無駄な表示を避けて、最小限の表示だけするのはとても大事ですから、低コストで成果率の高い宣伝ができるのはうれしいところです。

また、後述しますが、Googleのこのシステムでは、出稿のために細かな設定ができるようになっています。たとえば、ユーザーがどんなワードを入力した時に、宣伝枠を表示させるかを選べます。より自社製品の関連の深いワードを選んで設定することで、より精度の高いマーケティングができるわけです。

予算を柔軟に組めるのもメリットです。このシステムでは入札制度を採っていますので、自分たちで出せる予算の範囲内で出稿できます。より高い金額での入札をすれば、より高い頻度で自分たちの宣伝を表示させることができるようになります。しかも、この設定は期間を細かく区切ることもできますので、特別なキャンペーンを張る時だけたくさん宣伝をするといった方法も採れるのです。

このように、Googleのシステムは上手に活用することによって、マーケティングの効果を大きく上げられます。運用のためのノウハウを積み上げて、綿密な分析と調整をすることによって、より成果率を高くできるのがメリットであるとも言えます。

google広告と他のネット広告の違いとは

ネット上で行うことができるマーケティングサービスはたくさんあり、その中でもGoogleが提供しているサービスは高いシェアを誇っています。検索結果と連動したシステムになっているのですが、やはりGoogleは検索サイトではトップですので、対象となるユーザーが多いのが特徴です。また、Googleの検索アルゴリズムやユーザー分析の能力は非常に高いので、より的を絞った表示ができるというのも強みです。つまり、たくさんあるネット広告の中でも質が高く、企業の宣伝活動のために非常に効果的な手段となるのです。

また、いろいろなタイプのマーケティングができるのも特徴的です。後述しますが、単に検索サイトにおける表示だけでなく、Googleが提供しているいくつものオンラインサービス上で表示させることができます。そのため、より幅広い層に訴えることができますし、媒体ごとに異なるユーザー層にターゲティングできるというのもメリットです。

また、アフィリエイターと呼ばれる、広告を表示させるためのホームページを作成しているいわゆる協力者の数も、他のサイトに比べて圧倒的に多いというのも大きな違いです。それだけ、たくさんのサイトに宣伝が表示されるようになります。

google広告の種類

一口にgoogle広告と言っても、いくつかの種類が存在します。主に3つあり、それぞれに表示される媒体が異なりますし、利用するユーザー層もある程度違います。これらの種類の違いを理解して、上手に使い分けることによって、より効率的なマーケティングができるようになります。

1つ目のタイプは検索連動型というもので、リスティングと呼ばれることもあります。Googleの検索ページそのものに表示されるタイプです。出稿する企業が自社製品に関連したキーワードを登録設定することによって、ユーザーがそのワードを入力して検索をした時に、表示されることになります。このリスティングは、ページの中でも上部に表示されるのが特徴です。そのため、自社サイト自体の検索結果がそれほど上位でなくても、リスティングによって簡単に表示されます。SEO対策と同時にこの手法を活用することで、非常に効果的な宣伝ができます。

2つ目のタイプとしては、ディスプレイと呼ばれるものがあります。これは、Googleと提携しているWebサイトやアプリに表示されるものです。先ほど説明したアフィリエイターと呼ばれる人たちが、自分たちのサイトに宣伝枠を設けて、そこにGoogleからの広告を表示させるようにします。アフィリエイトでは、宣伝が表示されて、サイトを訪問したユーザーがそれをクリックをすると、報酬が発生する仕組みになっています。そのため、アフィリエイターは積極的にマーケティング用のホームページを作り、たくさん宣伝枠が表示されるようにしています。

ディスプレイタイプのシステムでも、やはりユーザーの検索履歴と連動する形で宣伝が表示されます。アフィリエイトサイトでは、特に広告の中身を特定することはなく、Googleがユーザーの検索情報を基にして、自動的に適切な宣伝を表示させる仕組みとなっています。そのため、やはりユーザーの興味に応じた宣伝が出てきますので、成果率の高いマーケティングができることになります。

3つ目に、動画への表示があります。「TrueView」とGoogleで呼んでいるタイプで、具体的にはYouTubeに掲載されます。YouTubeに掲載されるタイプの中にも、いくつかの異なる表示タイミングがあります。たとえば、動画が再生される前や再生途中に表示されるものがあります。また、ユーザーがスキップできるタイプもあれば、全部見終わらないうちはスキップできないタイプも存在します。これらのタイプでは、宣伝は動画形式となりますので、動画を制作する必要があります。

さらに、動画再生欄ではなく、その下部に宣伝用の枠が設けられていますので、そこにテキストやバナーで表示させることも可能です。オーバーレイと呼ばれる種類では、動画が再生されている時にその欄の下部にバナー形式で表示されることになります。

このように、いくつもの表示の種類があり、対象となる層も異なりますし、必要となる予算も違います。そのため、じっくりとそれぞれの特性を捉えた上で、自社の宣伝にはどれが適しているかを考えることが重要です。

google広告を始めるための費用

google広告を始めるには、Googleへの登録をするだけです。特に会員登録費用はかかりませんし、サービスを開始するための初期費用も求められません。

また、リスティングタイプであれば、テキストが表示されるだけですので、特に宣伝用のソースを制作することもなく、コストはかかりません。一方で、ディスプレイタイプや動画タイプなどでは、バナーや動画を制作する必要が出てきます。特に、動画タイプの場合は訴求効果が高く、質に優れたものを作らないといけないので、出稿するに当たって予算を組む必要が出てきます。

google広告を運用するための費用

Googleに直接支払う初期費用はありませんが、出稿料自体は当然かかります。Googleの料金は、基本的に従量課金制度となっています。つまり、宣伝が表示される度に、もしくはバナーやテキストがクリックされる度に課金されるという形です。

その課金体系も固定ではなく、自分で細かく調整できるようになっています。原則としては入札単価のシステムが採用されていて、高い金額を設定すれば、それだけ人気のあるキーワードを使ったり、出現頻度を高めたりできるようになっています。つまり、予算に応じた出稿ができるのが大きな特徴です。積極的に売り出したいをしたい期間だけ限定でたくさん宣伝をかけるということもでき、柔軟にマーケティングプランを作れるのが魅力と言えます。

入札単価制度の仕組み

Googleのシステムでは、出稿主がキーワードを選べるようになっています。宣伝したい商品に関連したキーワードを選定して、そのワードを検索してきたユーザーに対して、google広告を表示させるという仕組みです。

よりたくさんの企業に利用されるもの、多くのユーザーが検索のために入力する単語は、それだけ単価が高くなっています。たとえば、「美容」、「ダイエット」など、検索されやすいワードはそれだけ人気があり、多くの企業がヒットさせてほしいと思っているので単価も高くなります。

また、ワードの基本単価とは別に、設定金額を上下できるようになっています。これにより、表示頻度を変えられるのです。つまり、単価を高く設定すればそれだけたくさん表示されるようになりますし、予算を削れば表示が少なくなります。

基本的にGoogleの広告システムは従量課金ですので、表示やクリックの回数が増えれば、それに応じて利用料も高くなります。そこで、上限予算を設定できるようになっています。特定の期間のうち、最大でいくらまで支払えると設定しておけば、それ以上の費用はかからず、表示が上限でストップします。

このように、かなりフレキシブルなシステムとなっていて、予算が少ない中小企業や個人であっても出稿しやすいのがメリットです。また、上手にキーワードを選定すれば、安い単価で効果的な表示ができるようにもなります。そのためにも、しっかりとシステムの仕組みを把握すると共に、成果の高い活用のノウハウを研究することが重要なのです。

事業会社でSaaSのWebマーケティングに1年間携わったのち、デジマールに入社。TableauとIllustrator勉強中。趣味は料理。

松葉駿平

事業会社でSaaSのWebマーケティングに1年間携わったのち、デジマールに入社。TableauとIllustrator勉強中。趣味は料理。

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら