Google広告のPMAXキャンペーンとは?概要・設定方法・運用の注意点を解説

松葉駿平

Google広告のPMAXキャンペーンとは?概要・設定方法・運用の注意点を解説

Google広告のPMAX(ピーマックス、パフォーマンスマックス)キャンペーンについて解説します。

PMAXキャンペーンでは、

  1. 最大化したい指標の設定
  2. 広告アセット(テキスト、画像、動画)の入稿
  3. オーディエンスシグナルの設定

の3ステップで

  • YouTube
  • GMAIL
  • Google検索結果
  • ディスプレイネットワーク
  • Google Discover
  • Googleマップ

等に広告を表示できます。広告表示は設定した指標が最大化されるように自動最適化されます。

これまではそれぞれの面に掲載するために個別のキャンペーン作成し、運用が必要でした。これからは、PMAXキャンペーンを1つ作成するだけでGoogle広告の掲載面を最大限活用できるようになります。画期的なキャンペーンです。

PMAXキャンペーンの概要、設定方法と注意点について見ていきましょう。

PMAXキャンペーンの概要

PMAXキャンペーンの概要を確認していきます。

PMAXキャンペーンの概要を図で把握する

PMAXキャンペーンをひとことにまとめれば、「Google広告の様々なキャンペーンタイプを一つにまとめ、目標指標最大化のために最適配信を行うキャンペーン」です。「Google広告の様々なキャンペーンタイプを一つにまとめ」と「目標指標最大化のために最適配信を行う」に分けて説明していきます。

まずは「Google広告の様々なキャンペーンタイプを一つにまとめ」についてです。

PMAXキャンペーンの全体像

これまで、検索広告を出すには検索キャンペーン、ディスプレイ広告を出すにはディスプレイキャンペーン、のように出稿する広告の種類別にキャンペーンを作成する必要がありました。

PMAXキャンペーンは、それ1つでGoogle広告の様々な掲載面に広告を掲載できます。具体的には以下です。

  • YouTube
  • GMAIL
  • Google検索結果
  • ディスプレイネットワーク
  • Google Discover
  • Googleマップ

まさに「Googleの様々なキャンペーンを一つにまとめた」キャンペーンといえます。

PMAXキャンペーンで設定できるキャンペーン目標

次に、「Google広告の様々なキャンペーンタイプを一つにまとめ、目標指標最大化のために最適配信を行うキャンペーン」の「目標指標最大化のために最適配信を行う」の部分を見ていきます。

PMAXキャンペーンは幅広い目標で利用できますが、通常のキャンペーンで選択できる目標の一部が選択できません。

具体的には、以下の表で〇が付いている目標のみ選択することができます。

 

販売促進
見込み顧客の獲得
ウェブサイトのトラフィック
商品やブランドの比較検討
ブランド認知度とリーチ
アプリのプロモーション
来店数と店舗売上の向上

 

参考:Google広告ヘルプ|P-MAX キャンペーンについて

設定した目標を最大限達成できるよう、ターゲティングと配信の最適化が行われます。

PMAXキャンペーンで目標達成できる仕組み|DDA

PMAXキャンペーンは、「Google広告の様々なキャンペーンタイプを一つにまとめ、目標指標最大化のために最適配信を行うキャンペーン」です。

「目標指標最大化のために最適配信を行う」ために用いられている仕組みが、自動入札と「データドリブンアトリビューション(DDA)」です。

「データドリブンアトリビューション(DDA)」は、「広告の配信結果のデータをもとに、コンバージョンにつながりやすい広告配信パターンを見つけ出す」仕組みのことです。

Google広告のデータドリブンアトリビューション

複数種類の広告を同時に配信している場合、同じ種類のコンバージョンでもその発生までの道のりはユーザーによって多様です。検索広告だけクリックしてコンバージョンするユーザーもいます。動画広告に触れ、ディスプレイ広告に触れ、検索広告にも触れてコンバージョンするユーザーもいます。

「データドリブンアトリビューション(DDA)」の仕組みでは、データをもとにコンバージョンが発生しやすい広告配信パターンを見つけ出し、最適なタイミングで最適な広告を届けられるように広告配信が調整されていきます。

参考:Google広告ヘルプ|データドリブン アトリビューションについて

PMAXキャンペーンの設定方法

PMAXキャンペーンの設定方法はシンプルです。

  1. 最大化したい指標の設定
  2. 広告アセット(テキスト、画像、動画)の入稿
  3. オーディエンスシグナルの設定

の3ステップで、Google広告のあらゆる広告掲載面に広告を掲載することができます。Google広告の管理画面で実際に設定するところを見てみましょう。

最大化したい指標の設定

新規でキャンペーンを作成したら、以下の表に従いPMAXキャンペーンが利用できるキャンペーン目標を選択します。

 

販売促進
見込み顧客の獲得
ウェブサイトのトラフィック
商品やブランドの比較検討
ブランド認知度とリーチ
アプリのプロモーション
来店数と店舗売上の向上

PMAXキャンペーンでキャンペーン目標を選択

キャンペーン目標を選択したら、キャンペーンタイプを選択します。「パフォーマンスの最大化(PMAX)」を選択します。

キャンペーンタイプでPMAXを選択

キャンペーンタイプを選択したら、キャンペーン設定を進め、アセット入稿ページに進みます。

広告アセット(テキスト、画像、動画)の入稿

キャンペーンの設定が完了したら、広告アセットを入稿します。PMAXキャンペーンでは、入稿できる項目は最大数入稿することが推奨されています。

PMAXキャンペーンで広告アセットを追加

設定するのは以下の8個です。

  • 最終ページURL
  • 画像
  • ロゴ
  • 動画
  • 広告見出し
  • 長い広告見出し
  • 説明文
  • 会社名
  • オーディエンスシグナル

参考:Google広告ヘルプ|アセット グループを作成する

オーディエンスシグナルを設定する

PMAXキャンペーンで新たに登場したのが、「オーディエンスシグナル」です。オーディエンスシグナルは、キャンペーンの学習期間を短縮するための仕組みです。設定は任意です。

既存のキャンペーンですでに効果が出ているオーディエンス、コンバージョンにつながりやすいと考えられるオーディエンスを登録します。オーディエンスシグナルとリアルタイムの運用結果を参考にキャンペーンの学習が進んでいきます。

オーディエンスシグナルを設定する

参考:Google広告ヘルプ|アセット グループを作成する

オーディエンスシグナルまで設定したら、PMAXキャンペーンの基本的な設定は完了です。

PMAXキャンペーンを運用する際に気を付けること

ここまで見てきたように、PMAXキャンペーンは非常に便利で画期的なキャンペーンです。各種素材が準備でき、予算に余裕があれば使わない手はありません。一方、運用の仕方、評価の仕方を間違えると有効活用できないため注意が必要です。

PMAXキャンペーンを運用する際に気を付けたい観点をいくつか見ていきます。

既存のキャンペーンとともにPMAXキャンペーンを開始する

PMAXキャンペーンは現在配信中のキャンペーンと同時並行で開始することが推奨されています。既存キャンペーンの補完的な役割として、コンバージョン数を底上げする用途で利用することが望ましいでしょう。

適切なキャンペーン目標を設定する

PMAXキャンペーンは、設定した目標を達成するために学習を進めていきます。そのため、十分な量のコンバージョン数が確保できる必要があります。

コンバージョン数の目安は、最低でも10件/日、推奨は20件/日です。

また、キャンペーン目標は一度設定したらむやみに変更しないことも大切です。

最終ページURLの拡張機能を利用する

最終ページURLの拡張機能は、ユーザーの検索語句や検索意向に基づいて最終ページURLを自動で置き換える機能です。遷移先に選ばれる最終ページは、デフォルトで設定している最終ページURLのドメインに含まれるページから選ばれます。

拡張機能を使うことで、デフォルトで設定しているランディングページではリーチできないユーザーへリーチを拡大できます。また、ユーザーごとに最適な遷移先が用意されるため、コンバージョン率の向上につながります。

最終ページURLに利用したくないページについては、URLの除外が設定できます。例えば商品購入を促すキャンペーンで、採用情報のページを最終ページに使いたくない場合、そのページのURLを除外URLとして設定します。

参考:Google広告ヘルプ|P-MAX キャンペーンでの最終ページ URL の拡張機能

設定する除外キーワードは最小限に

最終ページURLを設定すると、その内容をもとに広告が配信される検索語句が自動選択されます。特定の語句に広告を出したくない場合、Googleアカウントマネージャー(アカウントの営業担当)に連絡することで、除外設定することができます。

ただし、キーワードの除外設定は検索だけでなくディスプレイや動画広告でも適応されます。PMAXキャンペーンの特性を生かすのであれば、除外キーワードは設定しないか最低限にすることが推奨されています。

動画素材を準備して入稿する

動画を入稿しなくてもPMAXキャンペーンは作成可能です。この場合、入稿している画像とテキストを用いた自動生成動画が広告として配信される可能性があります。

自動化を主軸とするPMAXキャンペーンでは、「動画を広告として掲載しない」という設定ができません。

動画を入稿していない場合、アセットの詳細から自動生成の動画の有無を確認します。自動生成の動画の質が求める水準に至らない場合はオリジナルの動画を入稿し、ブランドイメージの低下を避けましょう。

配信4週間後に事前、事後分析を実施する

PMAXキャンペーンの基本的な成果検証方法は、キャンペーンを有効にしてから4~6週間後にアカウント全体のCV数やCPAの変化を確認することです。

学習が進んでからでないとPMAXキャンペーンの成果を正しく評価できないため、4~6週間後の評価が推奨されています。

また、PMAXキャンペーンがディスプレイや動画といった認知向けの広告枠にも広告掲載することから、PMAXキャンペーン単体の成果だけでなく、アカウント全体の成果の変化で評価することが推奨されています。

まとめ

PMAXキャンペーンの概要、設定方法、注意点について見てきました。

PMAXキャンペーンは、Googleの自動最適化機能を結集した最先端のキャンペーンです。素材が準備できれば、だれでも複数種類の広告枠に広告配信することができます。

自動最適化機能は便利ですが、どのように最適化しているのか、その仕組みを知ることでより適切に活用することができます。

新しいキャンペーンにつき、日々変更が加えられています。PMAXキャンペーンの基本をおさえつつ変化にも柔軟に対応していきましょう。

事業会社でSaaSのWebマーケティングに1年間携わったのち、デジマールに入社。TableauとIllustrator勉強中。趣味は料理。

松葉駿平

事業会社でSaaSのWebマーケティングに1年間携わったのち、デジマールに入社。TableauとIllustrator勉強中。趣味は料理。

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら