戦略とは?マーケティングの基礎知識

1.戦略とは?

ビジネスにおいての「戦略」とは、個人的な日常業務における成果や身近な目標を指すものとは異なります。戦略には、企業にとっての問題や課題に一丸となって取り組むために何を行うべきかを知るため、現在の状況を調査し分析することが必要です。

その分析調査によって得られた解決までの段階のシナリオが戦略であるといえるでしょう。

2.戦略と戦術の違い

「戦略なき戦術」という言葉あるように、「戦略」と「戦術」は全く違った意味合いがあるものの、切っても切り離せない関係にあります。わかりやすく表現すると、両者には階層的な関係があり、「戦略」があることによって「戦術」が決まります。

両者の違いを正しく理解するうえで、この順番を覚えておくと良いでしょう。「戦略」とは、目的を達成するための筋道です。そして「戦術」とは、その「戦略」を現実のものとするための手段です。

例えば、自動車の運転免許の取得を目指している若者がいるとすると、免許取得までの道のりを考えることが「戦略」になります。仮に、近所の自動車学校へ入学することを「戦略」とするならば、「戦術」として、その学校の入学条件を満たすことや通学方法といった手段を考える必要があります。

一方、自宅から近くはないものの、短期間で免許取得を目指せる合宿型のスクールを「戦略」とすることも可能です。その場合の「戦術」は、自宅をしばらく離れて生活する上で、身の回りの状況を整えるために何をしなければいけないかを考える必要があるでしょう。

3.経営戦略とは?

中長期的に利益を生み出し、企業の成長を目指すための戦略を「経営戦略」と呼びます。ビジネスの世界は競争環境です。その中で企業が収益を上げ続け、企業として社会の中で生き残り、さらに成長して行くためには具体的な方針や戦略を設けなければいけません。これが「経営戦略」です。

経営戦略を定めるにあたり、まず中長期的な目標や到達点を定めます。期間の目安としては、数年から長くても10年以内であれば「中長期的」といえるでしょう。

そして、目標が定まったらそれを達成するために使用できる有限の経営資源をどのように用いるかを考えます。有限の経営資源とは、人、物、金が含まれます。このようにして目標達成までのシナリオ、筋道を描いていくのです。

4.戦略の名言

ビジネスにおいてスピードは重要です。伊達政宗が残した名言に「時を移さずに行うのが勇将の本望である。早く出立せよ」という言葉があります。わかりやすく言うと、目の前にビジネスチャンスがあると思ったときには、すぐさまアクションを起こすことが大事だということです。

出遅れてしまうと競合他社が先にアクションを起こし、機会損失を招いて、その影響は長期に渡る可能性があるでしょう。ライバルに先んじスピーディーに行動することが勝利につながるのです。

織田信長は、「臆病者の目には、常に敵が大群に見える」という名言を残しました。ひとたび戦略を練り計画を立てたのなら、弱気なるのではなく、目の前に見えるリスクを恐れずにチャレンジすることを後押しする言葉です。

目の前にある課題や障害を過大視しすぎて行動することを躊躇していたら、いつまでたっても勝てないということです。ビジネスの世界にも当てはめられる名言でしょう。

また、徳川家康の言葉に「最も多くの人間を喜ばせたものが、最も大きく栄える」というものがあります。自己中心的なビジネス戦略ではなく、関係する他社や自社のサービスを利用する人たちなど、一人でも多くの人に満足してもらえるかが成功して成長できるかのカギとなるという考え方です。

5.戦略立案のポイント

成功する戦略を立案するために大切なポイントは、現在の状況をどれだけ分析して把握できるかです。しかしながら、分析するべき対象は市場のみならず、環境や競合他社の動向、自社サービスや製品の競争力と、多くの要素が関係してきます。

一つの手法ですべての要素の状況を分析することは現実的ではありません。戦略を定めるにあたっては、まず分析対象となるどんな要素があるのかを確認します。その後、それぞれの要素に最も適した状況の分析方法は何かを見定めます。

分析によって多岐にわたる関連要素の状況を把握することができたら、その情報を基に勝つために攻めるべきポイントを定め、そこに投入する戦力を整えます。

6.戦略の成功事例

競合のいない市場を探し、そこに自社商品やサービスを提供する「ブルー・オーシャン戦略」によって成功を続けている事例が、日本企業の任天堂です。他社との家庭用ゲーム機の競争が激しかった時期に、任天堂は“いろいろな世代が楽しめるゲーム機”というコンセプトのもと、「Wii」を完成させました。

それまでになかった形状のコントローラで、ボウリングやテニスといったスポーツからカラオケまで家族や友達など、みんなで一緒に楽しめるゲーム機という未開拓市場を見つけたのです。

これによって多くの新たなユーザーを獲得することに成功し、「Wii」は世界中で大ヒット。発売1年で2,000万台以上の販売台数を記録しました。最新ゲーム機の「Swich」も世界中で大成功していることは皆が知っている事例でしょう。


デジマール株式会社では、リスティング広告やSNS広告をはじめとする運用型広告の運用代行を承っております。
また、HubSpotやGoogleアナリティクスを利用した、広告からLTVまでを統合して管理する体制構築も支援いたします。
チャットツールで繋がりながら運用をサポート。ご質問にもすぐに回答いたします。

広告運用のご依頼は以下よりご連絡ください。

【Webマーケティングに関する支援のお問い合わせはコチラ】

digimarl

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら