クリックとは?Google広告の基礎知識

クリックとは?

クリックとはGoogle広告を見たユーザーが広告をクリックすることです。しかし、ユーザーが実際に、リンク先に遷移したかどうかは分からない点に注意してください。クリックは、あくまで広告をクリックされた回数ですので、ページが表示される前に戻るボタンを押してしまった場合、クリックはカウントされますが、サイトに訪問者としては記録されません。

また、クリック自体がカウントされない場合もあります。これは“不正なクリック”と呼ばれるもので、例えば同じ人が広告を連打した場合など、通常の挙動と違う動きがGoogleに感知された場合は、Googleがそのクリックを除外する場合があります。この不正なクリックでは、予算が消化されることはありません。

クリック数を評価する指数として一般的なものに、CTR(Click Through Rate)というものがあります。これはクリック数を広告が表示された回数で割ったもので、この数値が良いほど広告テキストがキーワードと合致しており、良い広告であるとGoogleは判断します。Googleから高い品質の広告であると判断されると、品質スコアと呼ばれる指数が向上し、より安価で広告が打てるようになります。
 
 
参考:Google広告ヘルプ|クリックとは

digimarl(デジマール)は、マーケティングの戦略立案から実行までを総合的に支援するデジタルマーケティングエージェンシーです。運用型広告を主軸にしたデータドリブンなチームが、リソースが無いお客様部署に代わって、これからのファンと向き合うプロモーションを実現します。

digimarl

digimarl(デジマール)は、マーケティングの戦略立案から実行までを総合的に支援するデジタルマーケティングエージェンシーです。運用型広告を主軸にしたデータドリブンなチームが、リソースが無いお客様部署に代わって、これからのファンと向き合うプロモーションを実現します。

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら