1日の予算とは?Google広告の基礎知識

digimarl

1.1日の予算とは?

1日の予算とは、広告キャンペーンにおいて設定する、1 日の平均広告予算のことです。この設定は、厳密にその日の上限額を決める設定ではないことに注意してください。1 ヵ月の平均日数(30.4 日)という期間の中での1日当たりの平均広告費用であることを示しています。例えば、1日の予算を1000円と設定した場合、ある日はその上限を超えて1200円を消費してしまう場合もありますが、別の日で消費する金額をGoogleが自動的に調整し、30.4日間の平均消費金額を1000円以下に抑えてくれます。
※この自動調整機能は、1日の予算を月の途中で変更してしまうと適用されない場合があるので注意してください。

1日の予算は、キャンペーンページから確認できます。
Google広告の1日の予算のスクリーンショット

2.設定方法

Google 広告にログインします。

[キャンペーン] に移動して、+をタップします。

Google広告のキャンペーン管理画面

「キャンペーン設定を読み込む」をクリックします。

Google広告のキャンペーン設定読み込み

設定を変更したいキャンペーンを選択します。

Google広告のキャンペーン選択画面

新しい 1 日の平均予算を入力します。

Google広告の1日の平均予算

1日の予算は、広告費全体から演繹して、算出しましょう。1か月の予算を当月の日数で割り、全てのキャンペーンで使用できる金額を算出します。その後、各キャンぺーンの重要度に応じて予算を割り振っていきましょう。また、予算がより多ければこれだけの結果を得られたという指標(インプレッションシェア損失率)を見て、調整していくのも良いでしょう。
1日の予算の使用方法には、なるべく早く消化する方法と、1日の中で均して消火する方法があります。

3.Tips

広告代理店など、Web広告業界の人は1日の予算を「日予算(ひよさん)」と呼びます。また、1日の予算を大幅に上げることを、「キャップをはずす」表現します。次のMTGでは、「インプレッションシェア損失率が高いので、日予算が低すぎますね。キャップを外しましょう。」と提案してみるといいかもしれません。

参考:Google広告ヘルプ|1 日の平均予算とは

digimarl(デジマール)は、マーケティングの戦略立案から実行までを総合的に支援するデジタルマーケティングエージェンシーです。運用型広告を主軸にしたデータドリブンなチームが、リソースが無いお客様部署に代わって、これからのファンと向き合うプロモーションを実現します。

digimarl

digimarl(デジマール)は、マーケティングの戦略立案から実行までを総合的に支援するデジタルマーケティングエージェンシーです。運用型広告を主軸にしたデータドリブンなチームが、リソースが無いお客様部署に代わって、これからのファンと向き合うプロモーションを実現します。

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら