クッキー(Cookie)とは?Web広告の基礎知識

1.Cookie(クッキー)とは?

Cookieとは、サイト訪問者の情報を一時的に保存することを指します。わかりやすく言うと、あるユーザーが自社サイトに来たことがある、もしそうなら何度目の訪問かという情報を溜めておくということです。

もし会員制のサイトであれば、ユーザーIDやパスワードやメールアドレスなどの細かい情報も保存しておくことができます。さらに、アンケートや決済のために入力フォームに住所氏名や電話番号などを入力したことがある場合、その情報も保存されることがあります。

つまり、ユーザーがサイト内で行ったすべての行動履歴は、そのサイト管理者の手元にデータとして残るということを指します。

混同されがちな用語に「キャッシュ」というものがあります。これもインターネット上の行動を保存するものですが、意味は異なります。キャッシュは訪問したホームページの画像や文章などの情報を、ユーザー側で保存するものです。

こうすることで、同じページを後日開いた時に、キャッシュされた内容をいちいちダウンロードしなくて済むので、より読み込みが速くなります。つまりわかりやすく考えると、キャッシュはユーザー側が保存する情報であり、Cookieというのはサイト運営者もしくは企業側が保存するという違いがあるのです。

2.Cookieのメリット

こうした情報はユーザーにとってもメリットとなります。サイトにログインする場合、パスワードやIDが保存されていれば毎回入力しなくて済み、アクセスが楽になります。これは決済などの入力フォームでも同じで、繰り返し同じECサイトで通販をするのであれば、とても便利な機能です。

また、企業側にとっても有効な機能です。アクセスしてきたユーザーのデータを集め、それを解析することでマーケティングに生かせるからです。初めてのアクセス者が多い、リピーターが多いページなどをチェックできます。

また、入力フォームのデータを解析することで、ユーザー傾向や嗜好を理解しやすくなります。さらに、それぞれのユーザーを属性などに分けてターゲティングできるようにもなります。

個々のユーザー向けには、自社サイトを訪問したことがある人に向けてリターゲティング広告を出せるというメリットもあります。これは、検索エンジンなどが行っているサービスで、以前に訪問したことがあるユーザーにだけそのサイトの広告を表示させるというシステムです。

サイトを閲覧したことがあるものの、その後再訪が見られないユーザーなどに広告を表示させて回帰を促すという効果があります。

3.Cookieのデメリット

使い道が多いCookieですが、危険もあります。IDやパスワードなどの個人情報は、それだけで決済をすることができるケースもあり、流出や悪用されてしまうと大きな被害をもたらすことになります。また、サイトの閲覧履歴も把握できますので、個人のプライバシーを侵害する原因となりかねません。

アンケートなどの入力フォームで記載した情報は、内容によってその人の嗜好や価値観、家族構成などを知らせるものとなりますので、デリケートな個人情報となりえます。さらには、複数の個人データを突き合わせることで、本人の特定までできることもあります。

そのため、厳重に管理をしないとユーザーに被害をもたらす重大な事案に発展してしまうこともあるのです。

4.Cookieの無効化

Cookieのデメリットを意識して、自分のアクセスについては利用されたくないということであれば、無効化しておくことができます。特に会社の重要なデータを扱うパソコンでネットを見る時などは、Cookieを無効化しておいた方が良い場合があります。

方法は簡単で、ブラウザの設定メニューにある、「インターネットオプション」や「プライバシー」といった項目を選びます。その中に「Cookieの処理方法」などの選択がありますので、ブロックするを選べば無効化されます。

スマホでもCookieを有効にする、無効化するという設定を選べます。ブラウザからの設定であれば、メインメニューの設定を開くと、「すべてのCookieをブロック」という項目がありますので、そこを選択すれば、すべてのサイトで利用されなくなります。

5.Cookieの削除方法

Cookieはほとんどの場合有効期限が設定されていますので、その期限を過ぎると自動的に消去されます。しかし、手動で個々のサイトのCookieを削除したい、もしくはブラウザ全体で無効化するのを機に、すべてのCookieを削除したいということもあります。

その場合は、上記のブラウザのクッキー設定と同じメニューを開きます。その項目の中に、「Cookieの削除」というメニューがあります。そこをクリックもしくはタップすれば削除できます。ブラウザによっては、サイトごとに削除をするかどうかを選べるようになっていますので、不要なサイトのものを個別にチェックして削除します。


デジマール株式会社では、リスティング広告やSNS広告をはじめとする運用型広告の運用代行を承っております。
また、HubSpotやGoogleアナリティクスを利用した、広告からLTVまでを統合して管理する体制構築も支援いたします。
チャットツールで繋がりながら運用をサポート。ご質問にもすぐに回答いたします。

広告運用のご依頼は以下よりご連絡ください。

【Webマーケティングに関する支援のお問い合わせはコチラ】

digimarl

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら