Facebook広告の進捗管理

松葉駿平

広告の進捗管理は重要ですが、自らレポートを作成して管理するとなるとなかなか手間や労力がかかる作業ではないでしょうか。その点、facebookには広告マネージャという機能があり、誰でも簡単に広告を作成できるだけでなく、進捗の管理や効果の検証までできるようになっています。しかも、この機能は無料で利用できますので、facebookに広告を出すのであればぜひとも利用したいツールです。まだの方も、プロモーションのパフォーマンスを把握し、確実に成果を上げるためにも活用を検討しましょう。

facebookの広告マネージャ機能とは?

facebookの提供する無料ツール、広告マネージャとはfacebookでの広告作成、配信、管理を行うためのツールです。また、同社傘下のInstagramの広告の管理も同様に行えます。誰でも簡単に操作できるシンプルな仕様ですので、facebookでのプロモーションが初めてでも直感的に扱える点が魅力です。このツールの特徴は、おもに以下に挙げる3点です。

目的に合わせて適切な広告を作成できる

このツールの大きな特徴の一つが、目的に合わせて最適な広告を手軽に作成できる点です。しかも、作成できる広告は一つではなく、複数の広告を作成できます。ここで言う目的とは達成したい成果のことであり、具体的には、ユーザーに認知してもらう目的、ユーザーに自社の商品(サービス)の購入を検討させる目的、ユーザーにコンバージョンを促す目的の3つです。

たとえば告知したい商品が3つあるとして、それぞれの課題に合わせて次のように目的を設定することができます。

たとえば、Aという商品に関しては、そもそも知っている人がまだ少ないため、ユーザーの認知度を高めたいとしましょう。その場合は、広告マネージャにおいて認知度アップを目的に設定できます。

Bという商品については、認知度はあるが競合の商品もあるため、それとの差別化を図るためにもっと良さや特徴を知ってもらいたいとします。この場合は、広告マネージャにて、ユーザーに自社の商品を検討してもらうことを目的に設定します。

また、Cという商品に関しては、資料請求や問い合わせが少ないという課題があるとしましょう。この場合は、ユーザーのコンバージョンを獲得することを広告マネージャで目的に設定します。

このように、それぞれ異なる課題を持つ3種類の商品について、その課題に合わせた目的を設定できるのがこのツールの大きな特徴です。さらに、上記の大きな目的の下に、さらに詳細な目的を設定することもできます。たとえば、コンバージョンを目的とした場合、具体的にどのようなコンバージョンを目指すのか、たとえば、購読者数を伸ばすことなどといったことをさらなる目的として選べるということです。

広告マネージャにて設定したこのような目的に合わせて、facebookはそれの達成可能性を考慮して、最適な場所に広告を掲載してくれます。つまり、このツールを使うことで、「最大限の効果を得るにはどうやって配信すればよいか」といったことを考える労力が省けるというわけです。

広告の編集や管理がしやすい

このツールを使えば、目的に合わせた広告を作成できるだけでなく、作成したそれを編集したり管理したりといったことも簡単に行なえます。たとえば編集機能に関して言えば、配信から一定期間を経ても期待する効果を得られないプロモーションに対して、一時停止する、また、効果が得られたプロモーションに関しては、それをコピーしてさらに高い効果が期待できる広告を再配信するといったようなことが可能です。

管理機能では、正常な配信ができているか進捗状況を管理したり、一つの広告当たりのクリック数から、アクションごとにユーザー分析を行ったりといったことが可能です。そのほか、宣伝効果の高そうな場所に手動で配置したり、管理者のこれまでの操作履歴を確認したりといったこともできます。掲載期間の設定も簡単です。画像や動画などのメディア形式のうち最も効果的なメディアを選ぶなどということもできます。

つまり、このツールを使うことで、配信後も必要に応じて効果を高めるための編集を行ったり、順調に効果が出ているかどうか進捗状況を確認したりといったことが手軽にできるようになるということです。

アプリで広告配信ができる

広告マネージャにはアプリ版もあります。スマホにインストールしておけば、どこにいても自由に広告の配信、編集、管理ができるわけです。パソコンと同じように、配信したプロモーションのパフォーマンスの確認や、効果が期待できないプロモーションの停止、また、宣伝効果のより期待できる内容に編集、さらには、ターゲットや掲載期間などの変更など、さまざまなことがアプリでできます。

アプリならではの独自機能もあり、プロモーションのパフォーマンス状況のノーティフィケーション機能や、より高い宣伝効果を得るためのヒントなどが利用できます。パソコン版と併せて使うことによって、無駄なコストをかけずにパフォーマンスの高いプロモーションが可能になるでしょう。

facebook広告マネージャを使うためにビジネスマネージャに登録しよう

以上見てきたように便利な広告マネージャですが、このツールを利用するには、その前にまずビジネスマネージャへの登録が必要です。

これは、企業が自社のfacebookのページにおいて広告やそれの運用者の権限などを管理するためのアカウントです。これに登録することによって、アカウントやページの管理を複数人で行う際に必要なアクセス権をそれぞれ管理することができるようになります。また、友達にならずともアクセス権を得ることが可能です。

このビジネスマネージャの登場以前は、企業が自社のfacebookページに広告を出すには、個人アカウントで行うしか方法がありませんでした。プライベートなアカウントと結びつくことが多く、その切り分けが難しいというデメリットがありましたが、ビジネスマネージャの登場によって、ビジネスはビジネスでプライベートと完全に切り分けて管理できるようになったということです。海外では2014年ごろからビジネスマネージャの導入が始まり、今では日本でも広告の出稿の際に登録することが必須となっています。

ビジネスマネージャの登録

ビジネスマネージャのアカウントを作成するには、facebookののページでアカウント作成ボタンをクリックし、後の指示に従ってください。その際、ビジネスマネージャで管理するfacebookページを事前に作成しておく必要があります。つまり、ビジネスマネージャに登録するには、あらかじめ個人用のアカウントを持っている人がそのアカウントから作成しなければならないということです。

次は、アカウント作成から進んで以降の具体的な登録の仕方です。まず、プロフィールの設定が必要なので、広告主かアプリ開発者かによってビジネスの情報を選びます。

次に、管理したいfacebookページを選びます。選べるページは、今現にビジネスマネージャを作ろうとしている人が権限を持っているページだけです。最後に、ビジネスマネージャでの名前とビジネスマネージャ用のメールアドレスを入力します。個人ページのアカウントとは異なる名前とメールアドレスを設定できるので、ビジネスとプライベートを完全に切り分けることが可能です。

広告マネージャへのアクセス

ビジネスマネージャのアカウントを作成できたら、広告マネージャにもアクセスできるようになります。まず、facebookにログインし、それから、右上のドロップダウンメニューから「広告を掲載」を選ぶか、左下の「広告」というボタンをクリックしましょう。ビジネスマネージャからアクセスする場合は、「広告アカウント」というところをクリックです。

広告マネージャの見方

ツールをよりよく使うために、まず画面の見方について知っておく必要があります。

キャンペーン

最初にアクセスした時のページがトップページで、「キャンペーン」というタブがすでに開かれています。ここから、新規に広告を作成したり、既存のプロモーションの運用状況を一覧表示したり、期間を指定してその間の実績を確認したりといったことが可能です。

facebookの広告は3つの階層から成り立っています。最も上階の階層が「キャンペーン」で、ここでその状況をチェック可能です。キャンペーンがアクティブになっているのか非アクティブになっているのか、または、キャンペーンの審査状況などを確認できます。配信忘れなどによる機会損失の防止に役立てましょう。

また、この階層では表示項目をカスタマイズすることも可能です。デフォルトでは広告のパフォーマンスを示す数値が表示されていますが、それ以外にも「エンゲージメント」と「動画エンゲージメント」を選ぶことができ、それぞれの画面でそのエンゲージメント数を確認できます。また、「内訳」という項目では、日別や週別での詳しい数値も表示可能です。

広告セット

2番目の階層が「広告セット」です。この階層では、予算や掲載期間、配信ターゲットなどの設定を共有したい広告グループを確認できます。異なるターゲットに対してプロモーションの費用対効果がどのように違っているかなどが、この階層で把握可能です。また、「キャンペーン」のタブから特定項目を選ぶと、選んだキャンペーンに対して設定した項目のみを表示できます。

なお、「キャンペーン」内には広告セットを複数設定できますが、アクティブと非アクティブのものが混在しています。このなかに審査落ちしたものが混じっている場合でも、アクティブな広告が一つでもあれば「アクティブ」との表示になることに注意してください。個々のセットがアクティブか非アクティブかは詳細まで確認して把握しておくようにしましょう。

広告

一番右のタブが「広告」です。ここでは、配信状況やクリック率(CTR、広告の表示回数につきクリックされた割合)、関連度スコアをチェックできます。費用対効果を考えて、効果が上がっていないものは一旦停止して様子を見るなどの工夫をしながら改善していきましょう。

なお、関連度スコアというのは、ターゲットからどの程度の反響が得られるかを推定した数値です。このスコアが高いほど、多くの反応が期待できることを意味します。

アカウント概要

一番左側に「アカウント概要」というタブがあります。ここでは、このアカウントで出している広告のさまざまな数値を確認できます。実際にアプローチしているユーザーの地域、年齢、性別などの属性、消費金額の推移などの数値です。また、「広告素材レポート」というところをクリックすると、選択期間内の広告クリエイティブ(宣伝用に作成したテキスト、バナー、画像、動画などの制作物のこと)について、各制作物における詳細な数値が確認できます。

絞り込みの機能を使って詳細に管理

広告マネージャには、絞り込みの機能が3つあります。検索、フィルター、それと期間指定の3種類です。

検索

検索では、特定のキャンペーンを検索してどのような状況になっているかを確認できます。対象を選ぶと検索ウインドウが表示されますので、そこに検索したいキャンペーンの名前やIDを入力してください。

フィルター

フィルター機能は、検索条件を指定して検索する機能です。プルダウンメニューから条件を選ぶことができます。

なお、フィルタリングできる条件はいくつかありますが、一度選んだ条件は自動的にクリアされないことに注意してください。つまり、いろいろな条件ごとに連続して見ていきたい場合、一度ずつ先に設定した条件をクリアしてから検索しないと、先の条件に新しい条件が加えられた状態でフィルタリングされます。新たな条件でフィルタリングする時には、それ以前の項目をクリアすることを忘れないようにしましょう。

期間指定

文字通り、任意の期間を指定して、その間の分析をするための機能です。カレンダーから選択することもできますし、左のメニューから選ぶこともできます。

facebook広告の進捗管理に広告マネージャは必須

facebookに広告を出すのであれば、広告マネージャは必須と言ってもよいでしょう。作成から管理までこれ一つでさまざまなことができます。目標とする成果を達成するのに便利な機能が満載です。

事業会社でSaaSのWebマーケティングに1年間携わったのち、デジマールに入社。Tableau勉強中。趣味は料理。

松葉駿平

事業会社でSaaSのWebマーケティングに1年間携わったのち、デジマールに入社。Tableau勉強中。趣味は料理。

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら