Amazon Payアカウント申請と導入前審査について

酒井 康輔

Amazon-Payアカウント申請と導入前審査について

Amazon Payアカウント申請と導入前審査について解説します。

  • Amazon Payについて
  • Amazon Payアカウントの申請と導入前審査について

本記事内容にある、Amazon Payアカウントの申請と導入前審査を完了すれば、希望のプラットフォーム(ECサイト)でAmazon Payを実装する準備が整います。

また、ECサイトを運用されている方の中にも、Amazon Payの存在は知っているが、どんな決済方法なのか分からず、今まで決済方法として導入してこなかった方も多いのではないでしょうか。そんな悩みも本記事で解消できます。

これより以下では、上記について話していきます。

Amazon Payについて

Amazon Payは、Amazonアカウントを持っているユーザーに対して展開している、Amazon.co.jp以外のサイトでも簡単で安心なお買い物を楽しむことができるID決済サービスです。

Amazon Payを利用するにあたり、Amazonアカウントに登録している決済方法や配送情報を利用するため、アカウント作成やクレジットカード情報の登録は必要ありません。これが、スピーディーな決済体験に繋がっており、Amazon Pay最大の魅力です。

Amazon Pay を導入するメリット

簡単・スピーディーな決済環境を提供できる

Amazon Payは、簡単・スピーディーに安心して買い物を楽しめる環境を提供します。

Amazon Payは、Amazonアカウントを使用するため、Amazonアカウントに登録済みの決済方法で決済できます。決済フローは、3ステップで完了します。

コンバージョン率、カゴ落ち、リピーター数の改善

Amazon Pay を導入することで、ユーザーのカゴ落ち防止、コンバージョン率の改善、リピーターの増加につながります。

Amazon Payをすでに利用しているユーザーは、最短2クリックで買い物が完了するため、購入までのハードルを下げることができます。

音声ショッピングという購入体験の提供

Amazon Pay では、検索から決済、承認の配送通知を音声によって行うことができます。

Amazon Pay は、Amazon Pay 対応のAlexaスキルを駆使し、音声ショッピングを実現しています。

Amazonアカウントを持っているユーザーへリーチできる

Amazon Payを導入することで、Amazonアカウントを持っているユーザーに対してリーチできている側面もあります。そのため、ある種のマーケティング戦略として扱うことができます。

その理由は、Amazonが主催するキャンペーン(Amazonギフト券還元プログラムなど)を集客目的の宣伝として活用することができるからです。

※Amazon Payでは、Amazonギフト券の残高も利用できるため、Amazonギフト券還元プログラムなどのキャンペーンを宣伝として活用できます。

ユーザーに安心感を与えられる

Amazon Payは、ユーザーに対し、以下の2点により、安心感を提供します。

  • Amazon Pay は、Amazonという馴染み深く信頼のおけるブランドが展開している決済方法なので、ユーザーに対して自然に、ECサイトへの安心感を与えることができます。 前提として、ユーザーは始めて利用するECサイトにクレジットカード情報を登録することに抵抗があります。そのため決済方法が、いつもAmazonで使用している決済方法と同じとなれば、抵抗感も減ります。
  • Amazon Payを導入することで、Amazon.co.jpでの出品と同様のAmazonマーケットプレイス保証をユーザーに付与することができ、安心を提供できます。出品者側にも、支払保証ポリシーが適用されるので安心です。→Amazonマーケットプレイス保証とは、ユーザーに対し商品のコンディションや配送を保証するものです。

※Amazonマーケットプレイス保証とは、ユーザーに対し商品のコンディションや配送を保証するものです。

※支払保証ポリシーとは、Amazonが定めている要件すべてに該当した場合、Amazonは、チャージバックについて責任を出品者に問わないというものです。

 

参考URL:利用規約|Amazon Pay ヘルプ

 

登録情報の正確性の向上|情報登録の煩わしさを解消

Amazon Pay 導入によって、ユーザーによる、・入力時間の短縮・住所の入力ミスと入力漏れをなくすことができます。

Amazonアカウントに登録済みの配送先情報を利用できるので、Amazon Payを利用する際に、配送先住所情報の入力が不要です。

 

参考URL:Amazon Pay |簡単で安心なオンライン決済を|アマゾンペイ

参考URL:Amazon Pay |購入者向け|アマゾンペイ

 

Amazon Payのアカウント申請と導入前審査の流れ

STEP1|Amazon Payのお申し込みフォームを送信

Amazon Payを使うには、以下URLよりAmazon Payのお申し込みフォームの入力を行い、入力完了後Amazon Payで審査が行われ、審査に通ることで、Amazon Payの使用が可能となります。

URL:https://pay.amazon.co.jp/signup

Amazon Pay最初のお申し込みページでは、ECプラットフォーム、お取扱商品の確認をします。

 

Amazon Pay申し込みフォーム

 

STEP2|アカウントを所持しているか確認

Amazon Payを使うには、Amazon Pay専用アカウントを作成するか、Amazonの購入者アカウントを使用する必要があります。

※出品用アカウントは利用できません。

※Amazon payアカウントを設定するときに名前、Eメールアドレス、パスワードの入力があります。

 

ログイン画面

 

STEP3|法人登記について

法人登記をしているかどうか、ウェブサイトURL、Amazon Pay導入予定サイトの年間売上を記入します。

 

売上記入画面

 

STEP4|会社概要の登録

会社概要の登録を行います。

※この時、法人名、サイト名、サイト運営責任者氏名、主な取り扱い商材、会社住所、電話番号を記入します。

→法人名と会社住所は、登記簿謄本に記載のものを入力。

規約およびポリシーを読み、内容を確認。内容に同意したら、『次に進む』のボタンをクリック。

 

会社概要

 

STEP5|会社代表者情報の登録

会社代表者情報の登録を行います。

代表者氏名は、登記簿謄本に記載のものを入力。デフォルトで表示されている居住所のチェックを外すと、住所入力フォームが表示されます。

 

代表者情報登録画面

 

STEP6|銀行口座情報の登録

入金先の銀行口座情報の登録を行います。また、会社名義もしくは代表者名義の口座情報を入力します。

 

銀行口座登録画面

 

STEP7|詳細設定

「詳細設定」ページでは、決済を行っているページのドメインと、プライバシー規約を設置しているURLを入力します。

 

詳細設定画面

 

STEP8|お申し込み完了

最後に、「お申込み完了」ページが表示されるとお申込み完了です。審査完了の連絡が来るまでには、約1週間かかります。

※この時、「お申込み完了」画面内にある「インテグレーションセントラルを見る」ボタンからAmazon pay の実装方法をご確認できます。

また、「お申込み完了」画面内にある「セラーセントラルを見る」ボタンからは、登録情報の確認・修正を行うことができます。

 

申し込み完了画面

 

参考PDF:Amazon Pay お申込みマニュアル

 

まとめ

Amazon Payを導入することで、コンバージョン率の向上、リピーターの増加、カゴ落ちの改善につながります。

上記で述べましたが、Amazon Pay導入には、他にも多くのメリットがございます。

この記事が、今現在、ECサイトを運営されている方や今後ECサイト運営をご検討されている方のお役に立てれば幸いです。

デジマールでは、ECサイトの開設なども承っておりますので、お気軽にご相談ください。

2022年より、デジマールに入社。趣味として革靴制作を勉強中。

酒井 康輔

2022年より、デジマールに入社。趣味として革靴制作を勉強中。

広告運用代行や各種支援について、
お気軽にご相談ください。
デジマールのマーケティングノウハウをご提供します。

お問い合わせはこちら