WebやITに関わっていると、「正規表現」という言葉に出会うかもしれません。

正規表現とは、文字列を特殊な記号を使って表す方法で、プログラミングを行う際や大量のデータの検索、置換えなどで使われます。

Googleアナリティクスも、時折この正規表現を使わなければいけない、あるいは使った方が便利な場面があります。

正規表現すべてを理解するのは非常に難しいですが、Google Analyticsでの用途であれば、限られたものをいくつか覚えておけば、まず問題ありません。

この記事ではよく使う正規表現を6つ、加えて必ず覚えておきたい記号1つを紹介します。

1 6つの正規表現

Googleアナリティクスで主に必要とされるのは、下記のような正規表現です。

用途によってどちらを選ぶかで覚えておきたいのが、「*」と「+」です。

「*」が0回以上、「+」が1回以上の繰り返しと書きましたが、つまり「*」は文字が無くても構いません。一方の「+」は1回以上なので必ず文字がある、ということになります。

2 必須で覚えておきたい表現

事例で「home.」「home.*」といったものを書きましたが、実際には次のようなURLを検索することが多いでしょう。

a.website/home.html

a.website/home.php

a.website/home.html?utm utm_source=google

悩ましいことに「.」という記号がurlにはまず入っています。

正規表現では任意の一文字とされるため、意図しない結果が返ってくるかもしれません。

またパラメーターには「?」という記号が付きます。

ここでは紹介していませんが、「?」は正規表現だと直前の文字が0または1回出現するという意味です。
ですからこれをそのまま入力すると、誤った結果が返されてきます。

これを回避できるように、正規表現にはエスケープ処理するための記号が用意されています。

それが、「\」「\(バックスラッシュの半角)」です。

「\(バックスラッシュの半角)」はほとんどの環境でそのまま入力ができないので、「\」を使うのがいいでしょう。

上のようなURLをヒットさせたいなら、たとえば次のように入力します。

a.website/home\..+

(「a.website/home.html」
「a.website/home.php」「a.website/home.html?utm utm_source=google」がヒットします)

a\.website/home\.html\?.+

(「a.website/home.html?utm utm_source=google」がヒットします)

「.」や「?」の箇所に、「\」でエスケープ処理をされているのがわかりますね。

少し複雑な正規表現になってくると、このエスケープ処理が多く入ってきますので、しっかりと覚えましょう。

3 まとめ

正規表現は慣れるまでは大変かもしれませんが、今回紹介したものを何回か使っていけば、とても便利に検索や指定ができるようになります。

使いどころとしては、レポートだとページレポートのアドバンスフィルタが多いでしょう。また設定ではフィルタや目標設定など、多く使う所があります。

頻出すると思われるものを今回紹介しましたが、これ以外にも覚えておいた方がいいものがあと少しあります。それについてもこのブログ内で、後日紹介しましょう。

その際には実際のGoogleアナリティクスでの使い方も含め、より実践的な解説にしてみたいと思います。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

デジマール株式会社では、リスティング広告の運用代行を承っております。
また、HubSpotやGoogleアナリティクスを利用して、広告からLTVまでを統合して管理する体制構築も支援しております。

詳しくは、こちらまでお気軽にお問合せください。