この記事では、AWS上のEC2インスタンスにWordpressをインストール方法について書いて行きます。事前にApacheなどのWebサーバーとMySQL、PHPがインストールされていることが前提となります。

もしこれらのサーバーが動作していない素の状態でしたら、dockerを使ったほうが楽にインストールできると思いますので、こちらの方法につきましても今後ご紹介できればと思います。

ここでは、仮にhttps://digimarl.com/newsに入れるものとして進めていきます。
Wordpressの名前はnewsにします。

MySQLの設定

まず、EC2インスタンスにターミナルからからログインして、mysqlクライアントコマンドを入力します。

mysqlクライアントのプロンプトが表示されますので、以下のコマンドを入力します。便宜上、ユーザー名を「YOUR_USER_ID」、パスワードを「YOUR_PASSWORD」としていますが、こちらは適宜置き換えてください。このIDはWordpressで使用するデータベースのユーザーになりますので、Wordpress自体のユーザーとは関係ありません。

WordPressのダウンロード・解凍

次に、公開したいディレクトリに移動して、以下のコマンドを入力します。もし、$HOME/public_htmlがWebのルートディレクトリだとしたら、public_htmlディレクトリに移動します。細かい設定が必要であれば、Webサーバー側で設定する必要があります。

$ cd public_html
$ curl -OL http://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz
$ tar zxvf latest-ja.tar.gz
$ mv wordpress news

WordPressの設定

この状態で、
ブラウザから、https://digimarl.com/news/にアクセス するとWordpressの設定画面が表示されます。

screen_shot_01

画面の指示に従って操作を進めていきます。

screen_shot_02

データベース名、ユーザー名、パスワードは先ほどmysqlクライアントから設定したものを設定してください。

インストールを進めていくと、Wordpressの初期設定画面が表示されますので、「サイトのタイトル」「ユーザー名(Wordpressでログインするユーザー名)」「パスワード」「メールアドレス」を入力します。

サイトタイトルやユーザーは後から変更することもできます。ここでは、以下のように設定しました。

screen_shot_03

「Wordpressをインストール」ボタンを押して以下の画面が表示されればインストールが完了します。

screen_shot_04

WordPressへログイン

ログインしてみましょう。screen_shot_05

以下の画面が表示されたらWordpressのインストールは完了です。あとは適宜、テーマやプラグインなどを設定してブログを始めましょう。

screen_shot_06